また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1091137 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

カタクリの里→草戸山→高尾

日程 2017年03月22日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
橋本からカタクリの里行き臨時直通バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間10分
休憩
1時間36分
合計
4時間46分
Sスタート地点10:3711:06評議原11:11雨降龍居山(龍籠山)11:1411:16航空神社11:20城山湖畔11:3111:34周回路分岐11:4112:01榎窪山12:0512:24草戸山13:0413:11草戸峠13:1413:28八方台(大地沢山)14:02四辻14:0614:12小ピーク14:3615:05金比羅山15:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

カタクリの里では、カタクリだけではなく、いろいろな花が咲いていました。これはヒカゲツツジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリの里では、カタクリだけではなく、いろいろな花が咲いていました。これはヒカゲツツジ。
2
これは名札がありませんでしたが、バイモでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは名札がありませんでしたが、バイモでしょう。
1
モクレンは、まだ開きかけまで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モクレンは、まだ開きかけまで。
これは、「アーモンドの木」という名札がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは、「アーモンドの木」という名札がありました。
3
カタクリです。沢山咲いていましたが、まだちょっと早いようで白花はつぼみだけ。黄花は、葉だけでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリです。沢山咲いていましたが、まだちょっと早いようで白花はつぼみだけ。黄花は、葉だけでした。
4
キクザキイチゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲ。
1
これもユキワリソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもユキワリソウ。
1
バイカオウレン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイカオウレン。
1
ショウジョウバカマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ。
1
これもユキワリソウ?
2時間近く、じっくり見ていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもユキワリソウ?
2時間近く、じっくり見ていました。
1
10時半過ぎ、ハイキングに出発です。
近くのお寺(寶泉寺)の墓地の脇を階段と急坂で登っていきます。登りきったところで振り向くと。
この後は、ほとんど平坦な道を進みます。暖かくて、この急坂を登り切ったところで、ジャケットを脱ぎました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時半過ぎ、ハイキングに出発です。
近くのお寺(寶泉寺)の墓地の脇を階段と急坂で登っていきます。登りきったところで振り向くと。
この後は、ほとんど平坦な道を進みます。暖かくて、この急坂を登り切ったところで、ジャケットを脱ぎました。
さあ、正面の急な階段を上ると、金比羅宮の前に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、正面の急な階段を上ると、金比羅宮の前に出ます。
金比羅宮入口。草戸山へは金比羅宮に入らずにここを右に行くのですが、今日は城山この南側から登っていくので、ここを入って右から登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金比羅宮入口。草戸山へは金比羅宮に入らずにここを右に行くのですが、今日は城山この南側から登っていくので、ここを入って右から登っていきます。
登りきると、航空神社。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきると、航空神社。
1
下ると、城山湖畔に出ます。草戸山に直接登るには、右に見える堰堤を渡っていきます。この辺りから湖畔まで階段があるのですが、今は立ち入り禁止になっています。とても残念です。この後車道を進みましたが、山道を捜していたため周回路の入口に気づかず、暫く車道をそのまま行ってしまいました。ずっと下りで方向も逆なのでそのうち気づきましたが、7分ほどロスをしてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ると、城山湖畔に出ます。草戸山に直接登るには、右に見える堰堤を渡っていきます。この辺りから湖畔まで階段があるのですが、今は立ち入り禁止になっています。とても残念です。この後車道を進みましたが、山道を捜していたため周回路の入口に気づかず、暫く車道をそのまま行ってしまいました。ずっと下りで方向も逆なのでそのうち気づきましたが、7分ほどロスをしてしまいました。
1
車道から山道になると想像していたら、ほとんど林道に近い道が延びていました。
野鳥観察休憩所からの展望。かなり登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道から山道になると想像していたら、ほとんど林道に近い道が延びていました。
野鳥観察休憩所からの展望。かなり登りました。
1
相変わらず、道はほぼ林道。楽は楽ですが、山登りという気がしない。はっきり言って全然つまらない・・・(;_;)(;_;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず、道はほぼ林道。楽は楽ですが、山登りという気がしない。はっきり言って全然つまらない・・・(;_;)(;_;)
その後、「峰ノ薬師」への道標がありそちらに向かう(だろう)山道が分岐していましたが、峰ノ薬師では方向違い。まだ林道を行くのか、と思ったら、林道に平行するように登りの山道もありました。もちろんそちらを進みます。

暫くして林道を分かれて直登するようになりました。かなりの急登で漸く、山登り気分になりましたが、あっという間に終わってしまいました。(^^;)(^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後、「峰ノ薬師」への道標がありそちらに向かう(だろう)山道が分岐していましたが、峰ノ薬師では方向違い。まだ林道を行くのか、と思ったら、林道に平行するように登りの山道もありました。もちろんそちらを進みます。

暫くして林道を分かれて直登するようになりました。かなりの急登で漸く、山登り気分になりましたが、あっという間に終わってしまいました。(^^;)(^^;)
登りきったところは電波塔の下で、今日の最高峰で当面の目標の榎窪山の巻き道でした。巻き道の分岐まで行って榎窪山に登りました。一昨年草戸山から高尾南陵に行った時に通ったところで見覚えがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきったところは電波塔の下で、今日の最高峰で当面の目標の榎窪山の巻き道でした。巻き道の分岐まで行って榎窪山に登りました。一昨年草戸山から高尾南陵に行った時に通ったところで見覚えがありました。
榎窪山から草戸山への途中の「ふれあい休憩所」から城山湖が一望できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榎窪山から草戸山への途中の「ふれあい休憩所」から城山湖が一望できます。
榎窪山から草戸山までは、林道のような整備された道。急なアップダウンが連続するが、ほとんど階段になって、階段嫌いの悪児はげんなり・・・(^^;)(^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榎窪山から草戸山までは、林道のような整備された道。急なアップダウンが連続するが、ほとんど階段になって、階段嫌いの悪児はげんなり・・・(^^;)(^^;)
急登を登って、草戸山到着。展望は、立木に遮られこの程度。
ベンチがいくつかあるので、ここでお昼ご飯にします。
今日は、袋麺とおにぎり。そしてココア。まだ、暖かいものが美味しいですね。 (^^)(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登って、草戸山到着。展望は、立木に遮られこの程度。
ベンチがいくつかあるので、ここでお昼ご飯にします。
今日は、袋麺とおにぎり。そしてココア。まだ、暖かいものが美味しいですね。 (^^)(^^)
草戸山山頂。祠と展望台があります。
この後は高尾方面に下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草戸山山頂。祠と展望台があります。
この後は高尾方面に下ります。
下ってちょっと登り返した草戸峠から。高尾山への尾根が見えます。ここでは団体さんが休憩していたので、ほとんど素通り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってちょっと登り返した草戸峠から。高尾山への尾根が見えます。ここでは団体さんが休憩していたので、ほとんど素通り。
展望はないけれど、小アップダウンの連続する気分の良い道です。ただ、無粋な拓大の有刺鉄線が玉に瑕。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望はないけれど、小アップダウンの連続する気分の良い道です。ただ、無粋な拓大の有刺鉄線が玉に瑕。
ちょっとルートを外れて、343mピークに寄り道。八方台という名前が付いているんですね。この有刺鉄線も拓大のもの。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとルートを外れて、343mピークに寄り道。八方台という名前が付いているんですね。この有刺鉄線も拓大のもの。
ルートに戻ってしばらく行くと、ダンコウバイが咲いていました。 (^^)(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートに戻ってしばらく行くと、ダンコウバイが咲いていました。 (^^)(^^)
この後も、下って・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後も、下って・・・
登って・・・が続き、平坦なところはほとんどありません。しかし階段はなく、人もあまり通らず、とても快適です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って・・・が続き、平坦なところはほとんどありません。しかし階段はなく、人もあまり通らず、とても快適です。
高尾山口への降下点、四辻に着きました。ここを降りれば直ぐ高尾山口駅です。でもまだまだ歩き足りないので、高尾まで行くことにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山口への降下点、四辻に着きました。ここを降りれば直ぐ高尾山口駅です。でもまだまだ歩き足りないので、高尾まで行くことにしました。
相変わらず、小アップダウンがあり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず、小アップダウンがあり、
ひと登りしたところで展望が開けました。\(^o^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと登りしたところで展望が開けました。\(^o^)/
この先のルートとなる尾根も見えます。下って登り返したところの小ピークまで展望が開けて快適そうな道。 (^^)(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先のルートとなる尾根も見えます。下って登り返したところの小ピークまで展望が開けて快適そうな道。 (^^)(^^)
小ピークからの展望。眼下に大きな墓地。遠くには都心方向。しかもおあつらえ向きにちょうど良いサイズの切り株が。\(^o^)/
これは休憩せざるを得ないですね。 (^^)(^^)
ゆっくりとココアを淹れて休憩。
四辻から高尾のルートは全然期待していなかったのですが「大当たり」でした。\(^o^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークからの展望。眼下に大きな墓地。遠くには都心方向。しかもおあつらえ向きにちょうど良いサイズの切り株が。\(^o^)/
これは休憩せざるを得ないですね。 (^^)(^^)
ゆっくりとココアを淹れて休憩。
四辻から高尾のルートは全然期待していなかったのですが「大当たり」でした。\(^o^)/
間近に家が見えてきても、山道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間近に家が見えてきても、山道が続きます。
こんな所も通ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所も通ります。
ひと登りすると、今日、二つ目の金刀比羅宮に出ました。神社なんだから、階段も仕方がないですね。(^^)ゞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと登りすると、今日、二つ目の金刀比羅宮に出ました。神社なんだから、階段も仕方がないですね。(^^)ゞ
下りは、落ち葉がたっぷり積もって滑りやすい急降下。ストックを使えば簡単ですが、使わずバランスを取って下ります。楽しいです。\(^o^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは、落ち葉がたっぷり積もって滑りやすい急降下。ストックを使えば簡単ですが、使わずバランスを取って下ります。楽しいです。\(^o^)/
さあ、最後ですね。 (^^)(^^)
荒れてて、急で・・・ (^^)(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、最後ですね。 (^^)(^^)
荒れてて、急で・・・ (^^)(^^)
ここが登山道入り口です。もう高尾駅までは5分強でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが登山道入り口です。もう高尾駅までは5分強でした。

感想/記録
by akuji

 3/22は城山カタクリの里で花を見て、あとは城山湖から草戸山を経て高尾に降りることにしました。ちょっと歩くコースが短いので、城山湖は反時計回りではなく南から時計回りに榎窪山経由で行くことにしました。一昨年は草戸山から南高尾山稜を小仏山まで行ったのですが、今回は草戸山でのんびり昼食を採るなど楽をすることにしました。
 カタクリの里までは、今の時期臨時直通バスが出ているので、楽です。ちょっと風はあるようですが、天気は良いようで気分良く歩けそうです。
訪問者数:308人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ