また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1106142 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

御前山(藤倉-旧小林家住宅-小河内峠-御前山-大タワ-奥多摩駅)

日程 2017年04月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:武蔵五日市から藤倉行バスで終点下車
帰り:奥多摩駅からJR利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間31分
休憩
44分
合計
7時間15分
S藤倉バス停08:3508:45藤倉春日神社09:55猿江林道分岐10:00中ノ平遺跡10:32小河内峠10:4011:10ソーヤノ丸デッコ11:2011:52惣岳山12:09御前山12:2513:04クロノ尾山13:24鞘口山(太郎指ノ峰・大平ノ峰)13:55大ダワ14:0515:10笹平橋バス停15:50奥多摩駅15:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特にないが、猿江分岐から小河内峠の間は山腹のトラバース道になっており、道幅が狭く土砂が溜まって道面が斜めになっているところが多く、注意が必要である
その他周辺情報カタクリは、惣岳山-御前山の稜線にもあるが、花をつけている株が少ない。大ダワに降りる稜線のところどころで花を見つけることができる。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

朝2番の電車で出発、ちょうど日の出の時間でした
2017年04月15日 05:16撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝2番の電車で出発、ちょうど日の出の時間でした
時間の都合で、五日市駅で待ち合わせ時間が30分以上ありました。バスは結構満員でしたが、払沢ノ滝入口や千足などで少なくなり、藤倉まで乗った人は我々を含めて5人でした。
2017年04月15日 07:22撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間の都合で、五日市駅で待ち合わせ時間が30分以上ありました。バスは結構満員でしたが、払沢ノ滝入口や千足などで少なくなり、藤倉まで乗った人は我々を含めて5人でした。
藤倉のバス停の上からバス通りを見下ろす
2017年04月15日 08:41撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤倉のバス停の上からバス通りを見下ろす
小林家住宅への登り口
2017年04月15日 08:46撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小林家住宅への登り口
登り口付近から西側を見る
2017年04月15日 08:47撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口付近から西側を見る
小林家住宅に到着
2017年04月15日 09:12撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小林家住宅に到着
住宅の前からの眺め。見える山は浅間嶺の尾根のようです。
2017年04月15日 09:13撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅の前からの眺め。見える山は浅間嶺の尾根のようです。
住宅敷地の入口
2017年04月15日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅敷地の入口
1
住宅の裏にはハクモクレンが見える
2017年04月15日 09:17撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅の裏にはハクモクレンが見える
2
住宅の母屋
2017年04月15日 09:19撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅の母屋
母屋の左に標識が見える
2017年04月15日 09:19撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
母屋の左に標識が見える
スミレが沢山咲いている
2017年04月15日 09:21撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレが沢山咲いている
こちらはヤマザクラでしょうか? まだバス停付近でもソメイヨシノが満開前のようでしたが、こちらは咲きそろっています。
2017年04月15日 09:22撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはヤマザクラでしょうか? まだバス停付近でもソメイヨシノが満開前のようでしたが、こちらは咲きそろっています。
1
これは何の木でしょうか? ナシとかリンゴ?
2017年04月15日 09:25撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何の木でしょうか? ナシとかリンゴ?
住宅の裏に小河内峠への道があります
2017年04月15日 09:27撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅の裏に小河内峠への道があります
住宅の全景と浅間尾根。左が松生山と思われる。
2017年04月15日 09:28撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅の全景と浅間尾根。左が松生山と思われる。
1
さあ、小河内峠へ向かう
2017年04月15日 09:54撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、小河内峠へ向かう
右に、目指す御前山を見ながら、とりあえずは峠へ
2017年04月15日 09:58撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に、目指す御前山を見ながら、とりあえずは峠へ
春です。ミヤマセセリが時々顔を見せます
2017年04月15日 10:11撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春です。ミヤマセセリが時々顔を見せます
遺跡の表示を過ぎて、トラバース道を行きます。時々見るのは、サンシュウユ
2017年04月15日 10:24撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遺跡の表示を過ぎて、トラバース道を行きます。時々見るのは、サンシュウユ
小河内峠着。時々トレランの人が通ります。
2017年04月15日 10:37撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内峠着。時々トレランの人が通ります。
ここからは尾根道を登っていきます
2017年04月15日 10:40撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは尾根道を登っていきます
結構急な登りが続きます
2017年04月15日 10:57撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構急な登りが続きます
惣岳山に到着。もう山頂までは近いです。
2017年04月15日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山に到着。もう山頂までは近いです。
当然これがあります。飲めない同行者は、ノンアルコール。
2017年04月15日 12:12撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当然これがあります。飲めない同行者は、ノンアルコール。
登りでも少し見つけましたが、大ダワに向かう道のそばには結構沢山咲いていました
2017年04月15日 12:46撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りでも少し見つけましたが、大ダワに向かう道のそばには結構沢山咲いていました
1
ズームアップ
2017年04月15日 12:46撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームアップ
1
蕾もあります
2017年04月15日 13:40撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕾もあります
この花が一番形が良かった
2017年04月15日 14:02撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花が一番形が良かった
1
ネコノメソウの仲間。ヨゴレネコノメでしょうか?
2017年04月15日 14:16撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネコノメソウの仲間。ヨゴレネコノメでしょうか?
1
シロバナエンレイソウ
2017年04月15日 14:25撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナエンレイソウ
1
こちらもネコノメソウと思われます
2017年04月15日 14:33撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもネコノメソウと思われます
1
大ダワから山道を通り、林道に合流したあたりから奥多摩の連山を見る。こちらは三つドッケ、蕎麦粒山が確認できるので、長沢背稜と分かる。
2017年04月15日 14:44撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワから山道を通り、林道に合流したあたりから奥多摩の連山を見る。こちらは三つドッケ、蕎麦粒山が確認できるので、長沢背稜と分かる。
もう少し下って、長沢背稜と本仁田山
2017年04月15日 14:49撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し下って、長沢背稜と本仁田山
当然下山後は、寿々喜家で一杯
2017年04月15日 15:55撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当然下山後は、寿々喜家で一杯

感想/記録

今日は午後雷雨の予報が出ているのであるが、以前からの約束なので計画に従って決行したが、結果的にはほとんど降られることもなく無事に帰宅することができた。
朝こそ少し肌寒かったが、今日は打って変わって昼前から夏日になりそうな陽気である。コースは丁度1年前に歩いた藤倉から御前山に至る道であるが、前回行けなかった旧小林家住宅に寄ることにしている。
藤倉バス停に降りたのは我々も含めて5人。全員が御前山へ向かうようだが、我々は少し遅れ出発した。
小林家住宅までは30分強で到着した。ヤマザクラやハクモクレンなどが咲き誇っており、江戸時代を彷彿とさせるたたずまいであった。住宅の裏を回って尾根筋の登山道へ戻り、小河内峠に向かう。ミヤマセセリや越冬したヒオドシチョウなどが舞い戯れる道を急いでいくと、1時間ほどで小河内峠に到着した。石尾根とのご対面である。
ここからは尾根筋の道であるが、登りと平坦を繰り返しながら徐々に高度を上げていく。
惣岳山に着くと山頂までは遠くない。しかし、今年も肝心のカタクリの花は少ないようだ。
御前山山頂からはカタクリの花を見るために大ダワに向かう。避難小屋や湯久保尾根の分岐を通り過ぎて、小ピークの南側を通るところで、やはりポツポツと咲いていた。なかなか被写体になりそうな株が見つからないが、それでも何とか一株見つけて撮影することができた。そして、大ダワの近くで本日ナンバーワンの株を見ることができたので何とか目標を達成することができた。
訪問者数:348人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ