また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1106366 全員に公開 ハイキング比良山系

権現山・ホッケ山(ホッケ山第一・第二支稜を使う)

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
江若バス停栗原から徒歩30分。(JR和邇駅からバスの本数少ない。)
ホッケ山登山口近くに3台位の駐車スペース有り。
霊仙山・権現山登山口には、そこそこ駐められます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間13分
休憩
20分
合計
3時間33分
Sスタート地点07:0508:50権現山08:5509:13ホッケ山09:2810:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
バイクなので舗装されている所まで行きました。車だと林道に入って200丹未肪鷦屮好據璽后2台位)があり、そこから歩く。
コース状況/
危険箇所等
ホッケ山第二支稜の登山道は、今年の雪で倒木多数。通行し難い所が2〜3箇所有り。
その他周辺情報湖西道路和邇ICに道の駅有り。JR和邇駅まで戻ればスーパー・食堂有り。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

A7:00 真っ直ぐ行くと300辰芭鄒膸蓋。右の林道に入ります。写真中央に権現山への標識が立っています。
2017年04月16日 07:00撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:00 真っ直ぐ行くと300辰芭鄒膸蓋。右の林道に入ります。写真中央に権現山への標識が立っています。
A7:08 ホッケ山第二支稜登山口。左の山側に入ります。こないだまでテープが張って有りましたが、剥がされてます。
権現谷の橋を渡って100丹未任后FГ濱徑り。
2017年04月16日 07:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:08 ホッケ山第二支稜登山口。左の山側に入ります。こないだまでテープが張って有りましたが、剥がされてます。
権現谷の橋を渡って100丹未任后FГ濱徑り。
A7:25 明瞭な尾根を辿ります。しっかりした踏み跡。
2017年04月16日 07:25撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:25 明瞭な尾根を辿ります。しっかりした踏み跡。
A7:34 右斜めに長い登りが一本。その後は葛折りの道。
2017年04月16日 07:34撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:34 右斜めに長い登りが一本。その後は葛折りの道。
A7:49 この辺は樒の木と馬酔木の木が多い。
2017年04月16日 07:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:49 この辺は樒の木と馬酔木の木が多い。
A7:57 今春比良山で初めて岩団扇を見る。写真では、白いが、肉眼ではピンクでした。
2017年04月16日 07:57撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:57 今春比良山で初めて岩団扇を見る。写真では、白いが、肉眼ではピンクでした。
2
A8:02 735ピーク先のホッケ谷降り口分岐。しっかりした分岐です。道は谷までです。谷沿いは不明瞭。
2017年04月16日 08:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:02 735ピーク先のホッケ谷降り口分岐。しっかりした分岐です。道は谷までです。谷沿いは不明瞭。
A8:16 その後は凹状の広い道になる。でも倒木多数。
2017年04月16日 08:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:16 その後は凹状の広い道になる。でも倒木多数。
A8:19 何故かモノトーンの写真が撮れました。
2017年04月16日 08:19撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:19 何故かモノトーンの写真が撮れました。
A8:26 もうすぐ稜線。
2017年04月16日 08:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:26 もうすぐ稜線。
A8:38 縦走路に出る。右へ行くとホッケ山。左が権現山。ここもテープが無い。剥がされている。
2017年04月16日 08:38撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:38 縦走路に出る。右へ行くとホッケ山。左が権現山。ここもテープが無い。剥がされている。
A8:46 権現山の手前に10年程前に建て直された祠が鎮座。比良明神ですかね?
2017年04月16日 08:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:46 権現山の手前に10年程前に建て直された祠が鎮座。比良明神ですかね?
1
A8:49 権現山まで後少し。やっと青空が見えて来た。
2017年04月16日 08:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:49 権現山まで後少し。やっと青空が見えて来た。
A8:52 権現山山頂西側に枝張りの立派な木が一本。何の木?
2017年04月16日 08:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:52 権現山山頂西側に枝張りの立派な木が一本。何の木?
A8:52 権現山山頂996叩4〜5人に遭う。
2017年04月16日 08:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:52 権現山山頂996叩4〜5人に遭う。
A8:56 ホッケ山に向かいます。
2017年04月16日 08:56撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:56 ホッケ山に向かいます。
A9:09 ホッケ山と下山に使う予定の第一支稜。
2017年04月16日 09:09撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:09 ホッケ山と下山に使う予定の第一支稜。
A9:14 ホッケ山に着く。10年位前には胸くらいの熊笹があったのに・・
2017年04月16日 09:14撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:14 ホッケ山に着く。10年位前には胸くらいの熊笹があったのに・・
A9:16 霊仙山・権現山を見る。
2017年04月16日 09:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:16 霊仙山・権現山を見る。
A9:29 さあ、第一支稜を通って帰ろう・・
2017年04月16日 09:29撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:29 さあ、第一支稜を通って帰ろう・・
A9:30 第一支稜から名残惜しげに振り返る。
2017年04月16日 09:30撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:30 第一支稜から名残惜しげに振り返る。
1
A9:34 尾根を下る。
2017年04月16日 09:34撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:34 尾根を下る。
A9:43 梅花オウレン。可憐だね。
2017年04月16日 09:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:43 梅花オウレン。可憐だね。
2
植林帯に入って、右に吹き流しのオレンジ色のテープが幾つも付けてある。支尾根状。見に行くもこれは急過ぎる。戻る。
2017年04月16日 09:59撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯に入って、右に吹き流しのオレンジ色のテープが幾つも付けてある。支尾根状。見に行くもこれは急過ぎる。戻る。
A10:10 少し東寄りの南方に植林帯を下る。
2017年04月16日 10:10撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:10 少し東寄りの南方に植林帯を下る。
A10:16 斜度が緩くなり扇状に開けて来たら右の谷部に向かってトラバースする。上手く行けば谷に降りて右にいって直ぐにホッケ谷出合が有る。
2017年04月16日 10:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:16 斜度が緩くなり扇状に開けて来たら右の谷部に向かってトラバースする。上手く行けば谷に降りて右にいって直ぐにホッケ谷出合が有る。
A10:17 林道のホッケ谷出合。
2017年04月16日 10:17撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:17 林道のホッケ谷出合。
A10:34 17分程行くとT字路。左が蓬莱駅へ。ただし1時間掛かる。右が朝来た方向。
2017年04月16日 10:34撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:34 17分程行くとT字路。左が蓬莱駅へ。ただし1時間掛かる。右が朝来た方向。
A10:38 バイクを駐めた所に戻って来ました。
2017年04月16日 10:38撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:38 バイクを駐めた所に戻って来ました。
A11:09 帰りに琵琶湖岸に寄ると、湖岸沿いの桜が満開。おまけ。
2017年04月16日 11:09撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:09 帰りに琵琶湖岸に寄ると、湖岸沿いの桜が満開。おまけ。
2

感想/記録

権現山の滝谷の登山道は、林道がズゴノバンまで作られて面白くない。そこで行きは杣道のホッケ山第二支稜を。下りは踏み跡程度の第一支稜にする。

右折して林道に入る。400団行くと三差路。真っ直ぐ行くと権現谷。右に曲がる。少し行くと橋で、そこから100丹未第二支稜登山口。テープが巻いてあった筈なのに・・ 比良山系ではテープを切って回る人が居る。

尾根に入って暫く行くと右上がりの急坂。私は17分掛かる。その後、葛折れ。植林帯に入ると735ピークが直ぐ。その直ぐ先にホッケ谷へ降りる分岐が有る。やがて広い道になる。今年の雪で倒木多数。
空が見えてきたら縦走路合流。

第一支稜はホッケ山から直接。南東に尾根が走っている。尾根さえ外さないで行けば良いのですが。地図と磁石は必携です。植林帯に入り南寄りに尾根は変わる。斜度も少しきつくなる。尾根を守り扇状に開けて来たら、右の谷を目指す。最後まで行っても良いが、その分登り返す事になる。

ホッケ谷出合からは林道が走っている。17分程でT字路。車で無いなら左折して蓬莱駅を目指しても良い。栗原のバスの最終は早い。ただし1時間は掛かる。

このコースは、静かな山行向きです。第一支稜は道が有りません。その辺も考慮して下さい。又オレンジ色の派手なテープに惑わせられない様にご注意を。小女郎谷の登山道へも抜けれます。
訪問者数:230人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 倒木 山行 出合 杣道 支尾根
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ