また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1113565 全員に公開 沢登り丹沢

世附川水系 山伏沢(沢登り講習)

日程 2017年04月23日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー3人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■世附川水系 山伏沢

 「山伏沢」と聞いてほとんどの方がわからないであろうが
 従来一般的に「沖ビリ沢」とされていた沢のことです。
 警察署資料によると、沖ビリ沢とはビリ沢(中ビリ沢)の一本上流の
 短い沢のことで、西丸手前のコルから西丸東北東尾根の径路(山伏歩道)を
 使って樅ノ木沢、西沢などにアプローチする際、最後は小さな沢沿いを下りて
 金山沢へ出ると思いますが、まさにその小沢が沖ビリ沢と呼ぶのが正式。
 どのような経緯で一番奥のナメが続く沢を沖ビリ沢と呼ぶようになったか
 定かではありませんが、おそらく転記ミスかもしれませんね。

 5/26発刊予定の『丹沢の谷200ルート』では山伏沢として紹介予定ですので
 よろしくお願いいたします。

 ついでに丹沢の谷200ルート内で紹介する世附川水系の沢は以下の通りです。

 寺ノ沢 左俣・右俣
 滝壺沢
 勘渕沢
 フタマンザイ沢
 源五郎沢
 大屋沢 左俣・右俣
 ヤマメ沢
 笹子沢
 法行沢
 長尾沢
 荷干沢〜カワゴノ沢
 悪沢〜熊沢、熊沢日影沢
 雷沢
 土沢 三ノ沢・一ノ沢
 織戸沢
 水ノ木沢
 樅ノ木沢 左俣・右俣
 西沢 左俣・右俣
 山伏沢

すべて地形図上に手書きで遡行図を起こしています。
amazon、楽天など既に販売予約しておりますので
よろしくお願いいたします。

今回掲載できなかった「ウナイ沢」「橋掛沢」「笹子沢右俣」「小抜沢」
「玄沢」「要所小屋沢」「赤沢」ほかなどは、いずれ遡行した際に
都度アップしていきたいと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

水ノ木分岐から西丸方面へ山伏歩道を辿る
2017年04月23日 09:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ノ木分岐から西丸方面へ山伏歩道を辿る
深い笹薮はかなり刈られたようです。
ありがとうございます。
2017年04月23日 10:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い笹薮はかなり刈られたようです。
ありがとうございます。
西丸へは登らず手前コルから北面山腹を巻く
2017年04月23日 10:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丸へは登らず手前コルから北面山腹を巻く
西丸東北東尾根を下る
2017年04月23日 11:11撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丸東北東尾根を下る
最後は沖ビリ沢(正式名称の方)を下って金山沢に出る
2017年04月23日 11:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は沖ビリ沢(正式名称の方)を下って金山沢に出る
山伏沢のナメ帯の始まり〜
2017年04月23日 12:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏沢のナメ帯の始まり〜
1
最後の7m滝
2017年04月23日 14:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の7m滝
山伏峠バス停時刻表
極めて少なく登山にはあまり使えません
2017年04月23日 15:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏峠バス停時刻表
極めて少なく登山にはあまり使えません

感想/記録
by kamog

小さな浅い釜でサービス精神旺盛な(と勝手に決めているが)
ヤマメFamilyと出会った。
カメラに寄ってくるFamily代表らしきヤマメちゃんの
嘆願的な視線が愛らしかった。
「大丈夫だよ、今日は釣らないからね」
思わずそう言葉を架けてしまった。
訪問者数:632人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アプローチ 右俣 左俣 コル 遡行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ