また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1143548 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

ルンゼから登る 菊水山459m

日程 2017年05月20日(土) [日帰り]
メンバー
 sasakko(CL)
, その他メンバー6人
天候晴天
アクセス
利用交通機関
電車バス
スタート:神戸電鉄鵯越駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間51分
休憩
40分
合計
6時間31分
S鵯越駅09:0012:18菊水山12:4913:17天王吊橋13:1913:52鍋蓋山13:5915:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9:10鵯越駅下公園→9:251つ目送電線→10:00キ56-18地点→10:50妙号岩11:20→菊水ルンゼ→12:20菊水山(昼食)12:50→13:15天王吊橋→13:35鍋蓋山→七三峠→14:45二本松林道→15:35平野町・祇園神社北側(解散)
その他周辺情報湊山温泉680円
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 環付カラビナ2 ロープスリング120 プルージックロープ60
共同装備 ツェルト ハイキングロープ

写真

感想/記録

「ルンゼ」とは、「水の浸食作用でできた急で険しい岩壁の溝(ドイツ語)」、そんなハードコースとは知らずにスタート。夏日の天気予報が当たり、イヤガ谷東尾根の最初の送電線で、すでに汗が止まらず、冷凍水をもっと持ってくればと反省。
まだ少し残っているツツジの花に癒されながらザレ岩場を登り、妙号岩の頂上へ。ここは新緑と石井ダムと、これから登る菊水ルンゼを一望できる絶景です。岩を見るとワクワクする私は、妙号岩を後ろ向きで楽しく下降し、150年前に旅人の安全祈願で彫られた「南無阿弥陀仏」(1文字1.2m)を見上げます。文字の上とその左右の3つのクライミングコースがあり「バチアタリコース」といわれているそうです。
全員、簡易ハーネスを装着し、急な岩場のルンゼがスタート。水が少し流れていて滑りますが例年に比べると水量は少なく、乾いた岩を探り、グラビティ神戸での諸先輩方のレッスンを思い出しながら三点支持。20名なのでゆっくりペース。蔦でできた補助ロープに感心し、先ほど降りてきた妙号岩も眺めながらの楽しいクライミングで、ルンゼ好きになりました。
尾根を進み山桜の赤い実を見つけましたが、2房のサクランボと違い1房で苦いお味。そして菊水山へ到着。頂上は寒いくらい風があり、気持ちよく涼みながら昼食。
菊水山を下り天王吊橋、登りきって鍋蓋山456.5mへ。ここからが私は初めての連続アップダウンの修行コース。歩荷のリーダーをはじめ皆さんスムーズに進まれ頭が下がります。
地図にない派生コースの野性味溢れる道を下り平野に到着しました。(SAG)
<コース状況>ルンゼ水量は少なかった。

感想/記録

真夏日か?と思う暑さの中、六甲山系のレアコースを会のメンバー歩きました。皆さん健脚です。菊水ルンゼは晴天続きで足場も良く、準備していたハイキングロープなどの出番もなく通過。大きくバテることもなくゴール。
下山後は「湊山温泉」に。源泉(26℃)に浸かり、火照った身体を冷やしました。
訪問者数:377人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザレ 三点支持 ルンゼ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ