ヤマレコ

記録ID: 1173198 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

御嶽山、五の池小屋を拠点に周遊のはずが、、、

日程 2017年06月17日(土) 〜 2017年06月18日(日)
メンバー
天候晴れ→翌日曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
5:20頃、名古屋自宅出発。名二環の楠ICを下りて、41号線を北上。下呂温泉通過後鈴蘭高原・濁河温泉方面へ。9:00現地到着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間29分
休憩
57分
合計
5時間26分
S御嶽小坂登山口09:2309:35仙人橋09:3609:46七合目10:03湯ノ花峠10:0810:32のぞき岩10:3311:06お助け水〈八合目〉11:0712:04五の池小屋12:1012:11飛騨頂上12:4712:56巻道の三ノ池分岐13:14摩利支天乗越13:1913:28三ノ池乗越13:36賽ノ河原13:52二ノ池新館13:5314:07賽ノ河原14:22三ノ池乗越14:33摩利支天乗越14:3414:49五の池小屋
2日目
山行
1時間36分
休憩
5分
合計
1時間41分
五の池小屋07:2007:55お助け水〈八合目〉07:5608:10のぞき岩08:1108:28湯ノ花峠08:2908:41七合目08:4208:49仙人橋09:00御嶽小坂登山口09:0109:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な場所はありませんが、登山道に雪が残っていました。踏み抜きや下りの際に滑らないよう注意が必要です。
その他周辺情報濁河温泉の民間日帰り温泉は基本13:00からですが、市営なら9:00からやってます。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 携帯 時計 タオル ストック カメラ
備考 摩利支天分岐より先には行かず、三の池や継子岳を周遊するべきでした。

写真

鈴蘭高原方面から濁河温泉に向かう途中。
2017年06月17日 08:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴蘭高原方面から濁河温泉に向かう途中。
1
駐車場は広くありません。
2017年06月17日 09:22撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は広くありません。
1
湯の花峠。どこからともなく硫黄の香り。
2017年06月17日 10:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の花峠。どこからともなく硫黄の香り。
全行程中28/42。登山道が雪で覆われてますが、アイゼンは必要ありません。踏み抜き注意。
2017年06月17日 11:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全行程中28/42。登山道が雪で覆われてますが、アイゼンは必要ありません。踏み抜き注意。
雪道は意外と歩きやすい。
2017年06月17日 11:14撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪道は意外と歩きやすい。
2時間くらいで森林限界に来ました。
2017年06月17日 11:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間くらいで森林限界に来ました。
素晴らしい景色に心が躍る。
2017年06月17日 11:46撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい景色に心が躍る。
1
夏山を感じさせます。
2017年06月17日 11:46撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏山を感じさせます。
2
爽快感!たまらない!!
2017年06月17日 11:59撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽快感!たまらない!!
五の池小屋に到着〜
2017年06月17日 12:08撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋に到着〜
1
左奥が剣が峰、
2017年06月17日 13:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥が剣が峰、
二の池小屋閉館中
2017年06月17日 13:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池小屋閉館中
小屋に戻り、至福の一時。乾杯‼
2017年06月17日 14:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に戻り、至福の一時。乾杯‼
1
鍋の蓋取るの忘れた。野菜沢山の味噌鍋でした。
2017年06月17日 18:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋の蓋取るの忘れた。野菜沢山の味噌鍋でした。
五の池小屋と継子岳
2017年06月17日 18:55撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋と継子岳
1
素晴らしい夕焼けに感動!!
2017年06月17日 19:01撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい夕焼けに感動!!
4
この時期の夕焼けはなんとも言えません。
2017年06月17日 19:05撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期の夕焼けはなんとも言えません。
2
暮れなずむ五の池小屋
2017年06月17日 19:25撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暮れなずむ五の池小屋
2
翌朝、何とか色は着いたけど、太陽が顔を見せることはなかった。
2017年06月18日 04:20撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、何とか色は着いたけど、太陽が顔を見せることはなかった。
下山中、蛙岩。こんなのあったっけ?
2017年06月18日 08:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中、蛙岩。こんなのあったっけ?
ゴールが見えた〜!
2017年06月18日 09:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールが見えた〜!
ゴール
2017年06月18日 09:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール
撮影機材:

感想/記録

 6月12日、名古屋テレビの夕方のニュース番組で御嶽山、五の池小屋の特集を見ました。実は昨年も同番組の特集を見て、ずっと気になってました。番組中、小屋の御主人が(雪の残っている)この時期を抜かしては語れない、と言ったのを聞き即決。名古屋開催の夏山フェスタも気になりましたけどね。

明け方5時過ぎに自宅を出発。国道41号線を北上、下呂経由で登山口に着いたのが、9:00頃でした。すでに登山口付近駐車場はほぼ満車。何とか隙間を見つけて駐車出来ました。

登山道は若干雪が残るも、アイゼンなしでも大丈夫です。

五の池小屋へは意外にも早々と到着。軽く昼食を済ませ、カメラだけ持ち、摩利支天方面へ。実はこれがあとで尾を引くことに。。。分岐まで行くと噴火の影響が気になってしまい、二の池小屋まで行く事に。これが意外と見た目より遠くて中々つかない。水を持たなかったので途中から脱水気味に。五の池に戻る頃にはヘロヘロ状態。三の池周遊や継子岳に行く元気もすっかり失せ・・・。この日の移動は終了。(三の池と継子岳は)明日行くことにしました。その後ベランダで水分補給とばかりにビールで乾杯。(本当は脱水状態にビールは絶対駄目です)

 翌朝4:00に起床。残念ながら曇りの予報が当たり、うっすらと地平線が色づいた程度。風が強く寒いので即撤収。二度寝することに・・・。

 6:00朝食後太陽は姿を見せず、相変わらずの曇り空。それに加え強風の影響で建物からミシミシと音が・・・。吹き抜ける風の音で、気持ちがすっかり萎えました。三の池、継子岳はお預けにに。
五の池小屋はアットホームな雰囲気でとても綺麗。再来することを誓い下山しました。

下山後の温泉は、濁河温泉 市営露天風呂へ。500円でした。

御嶽山は現在も9合目までで、最高峰の剣が峰は行けません。五の池小屋は噴火現場から1km以上離れています。同じ山ですが、実の所当時からほぼ影響がありません。美しい三ノ池や継子岳を目的に行くことをお勧めします。ファミリー登山にもお勧めです。
訪問者数:250人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 森林限界 高原 踏み抜き
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ