また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1174009 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

やっぱりハード!! だけど楽しい小秀山 (リベンジ&トレーニング)

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
 634rider(感想)
, その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間23分
休憩
1時間49分
合計
10時間12分
S乙女渓谷キャンプ場 二の谷登山口08:0708:07乙女渓谷キャンプ場 二の谷登山口08:0908:15碧水湖(へきすいこ)08:20屏風岩08:25ねじれ滝08:31和合の滝08:34声の泉08:46天狗岩08:53避難小屋09:06烏帽子岩09:1009:21夫婦滝09:2609:40子滝09:54孫滝10:11鎧岩10:37第一展望台10:4010:44第二展望台11:03カモシカ渡り11:10兜岩眺望11:29国有林境11:29登山道分岐11:37休憩敵地12:06兜岩12:1912:26第一高原12:44第二高原12:5013:09第三高原13:24小秀山14:3415:44登山道分岐15:5017:40山の神17:43三の谷登山口18:09林道ゲート18:19乙女渓谷キャンプ場 二の谷登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

装備を整え、いざスタート!!
2度目の小秀山。 今回の目標はCT内で歩くこと がんばるぞー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
装備を整え、いざスタート!!
2度目の小秀山。 今回の目標はCT内で歩くこと がんばるぞー
ハードだけど、アスレッチックで登りごたえのある二の谷ルート
山頂までの標高差はおよそ1100m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハードだけど、アスレッチックで登りごたえのある二の谷ルート
山頂までの標高差はおよそ1100m
渓谷沿いに作られた立派な木道をしばらく進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓谷沿いに作られた立派な木道をしばらく進みます
清涼感満載の心地良い空間、続きます。ここで去年は、すっかり観光モードになり、とんでもないCTで歩いてしまい大失敗。
今日は、のんびり滝撮影は、ぐっと我慢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清涼感満載の心地良い空間、続きます。ここで去年は、すっかり観光モードになり、とんでもないCTで歩いてしまい大失敗。
今日は、のんびり滝撮影は、ぐっと我慢。
1
なかなかの傾斜
地味に苦しい木道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの傾斜
地味に苦しい木道
幾つもの滝を過ぎて、少し空が開けたところから・・・
去年はガスで何も見えなかったので新鮮。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幾つもの滝を過ぎて、少し空が開けたところから・・・
去年はガスで何も見えなかったので新鮮。
1
滝の合間には、木道から たまに、こんな登山道へ変化。まだラクショーです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の合間には、木道から たまに、こんな登山道へ変化。まだラクショーです。
避難小屋の左側を通過すると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の左側を通過すると
岩ゴロゴロの急登の始まり〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロゴロの急登の始まり〜。
看板に従い見上げれば、烏帽子岩
それにしても今日はいい天気♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板に従い見上げれば、烏帽子岩
それにしても今日はいい天気♪
1
夫婦滝
雨が少ないせいか、去年より水量が少ない気がするけど それはそれで繊細でステキ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦滝
雨が少ないせいか、去年より水量が少ない気がするけど それはそれで繊細でステキ。
3
しばし沢登りのような、大きな岩登り。ここは正直、進む方向が??な箇所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし沢登りのような、大きな岩登り。ここは正直、進む方向が??な箇所です。
1
最終水場の孫滝
山頂まで3.52km まだまだ先は長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終水場の孫滝
山頂まで3.52km まだまだ先は長い。
1
だいぶあがってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶあがってきました。
1
まだまだ続く急登。木の根っこに、ゴロゴロの岩の連続です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ続く急登。木の根っこに、ゴロゴロの岩の連続です。
手足を使って黙々と進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手足を使って黙々と進みます。
第一展望台に寄り道
見えているのは、下呂〜高山方面??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台に寄り道
見えているのは、下呂〜高山方面??
1
ここから、チラホラとシャクナゲを見かけるように。
まだ咲き残っていたんだ〜と、テンションUP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、チラホラとシャクナゲを見かけるように。
まだ咲き残っていたんだ〜と、テンションUP
1
第二展望台はスルー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台はスルー
やっと、カモシカ渡りまで登ってきました。
滝の誘惑?にも負けず、ここまでCT内で歩けました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、カモシカ渡りまで登ってきました。
滝の誘惑?にも負けず、ここまでCT内で歩けました。
カモシカ1段目は、手がかり足がかりありで見た目より登りやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ1段目は、手がかり足がかりありで見た目より登りやすい。
1
ここは1段目。2段目は、ほぼ垂直の岩。最初の足がかりに少し悩んでから慎重にアプローチ。
真剣になれる「カモシカ渡り」 やっぱ楽しいわ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは1段目。2段目は、ほぼ垂直の岩。最初の足がかりに少し悩んでから慎重にアプローチ。
真剣になれる「カモシカ渡り」 やっぱ楽しいわ〜
6
兜岩眺望を越えると・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岩眺望を越えると・・・
1
山頂が雲で隠れた御嶽山とツインピーク・乗鞍岳の間に、大好きな笠ヶ岳のトンガリを発見!
めっちゃテンションあがりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が雲で隠れた御嶽山とツインピーク・乗鞍岳の間に、大好きな笠ヶ岳のトンガリを発見!
めっちゃテンションあがりました。
1
痛んではいるけど、シャクナゲの数も明らかに増えてきてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痛んではいるけど、シャクナゲの数も明らかに増えてきてます。
2
風は静穏。蒸し暑い。若干、曇ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風は静穏。蒸し暑い。若干、曇ってきた。
標高があがるほどに、シャクナゲの色数も増え、その姿も明らかに整ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高があがるほどに、シャクナゲの色数も増え、その姿も明らかに整ってきました。
2
兜岩を下から見上げる岩場ルート。標識にあるほど、そんなに手強くは、ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岩を下から見上げる岩場ルート。標識にあるほど、そんなに手強くは、ありません。
兜岩。前回、ガスガス&時間無しで、登ることが出来なかったので記念撮影に臨みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岩。前回、ガスガス&時間無しで、登ることが出来なかったので記念撮影に臨みます。
なかなかの高感度(汗 危険回避で、さすがに兜岩の上には立てず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの高感度(汗 危険回避で、さすがに兜岩の上には立てず。
6
安全第一の私は、兜岩手前で、おとなしく記念撮影。白山は雲の中で確認できず。
ここまでくれば後は、なだらかな稜線歩きなので ロング休憩をとりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安全第一の私は、兜岩手前で、おとなしく記念撮影。白山は雲の中で確認できず。
ここまでくれば後は、なだらかな稜線歩きなので ロング休憩をとりました。
7
ゴゼンダチバナとイワカガミのコラボ(ピンボケですが)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンダチバナとイワカガミのコラボ(ピンボケですが)
2
ひっそりと咲くイワカガミ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそりと咲くイワカガミ。
1
第一高原からの眺望。
三河の山々〜名古屋市内〜伊吹山〜荒島岳〜白山まで、見えるようです。(今日は、残念ながらモヤっていて見えません)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一高原からの眺望。
三河の山々〜名古屋市内〜伊吹山〜荒島岳〜白山まで、見えるようです。(今日は、残念ながらモヤっていて見えません)
ここから山頂までは、なだらかなアップダウンの繰り返し。山頂はまだまだ見えず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山頂までは、なだらかなアップダウンの繰り返し。山頂はまだまだ見えず。
1
去年は開花していた コバイケイソウ。一番、楽しみにしていただけに ちょっと残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年は開花していた コバイケイソウ。一番、楽しみにしていただけに ちょっと残念。
1
去年のコバイケイソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年のコバイケイソウ
1
雲が移動して、また晴れ間。中央?南アルプスが見えているのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が移動して、また晴れ間。中央?南アルプスが見えているのかな?
第二高原通過。ここまで頑張っていた運動不足の相方ですが、さすがにバテたようで 私だけ先に進み、写真撮影を満喫。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二高原通過。ここまで頑張っていた運動不足の相方ですが、さすがにバテたようで 私だけ先に進み、写真撮影を満喫。
木々の間から、小屋が見えました!!
後ろを振り返り、姿を目指できない相方に「小屋見えたよ〜!がんばって〜」と大声エールを送りました。返事はなく聴こえてくるのは、熊鈴のみ(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から、小屋が見えました!!
後ろを振り返り、姿を目指できない相方に「小屋見えたよ〜!がんばって〜」と大声エールを送りました。返事はなく聴こえてくるのは、熊鈴のみ(笑)
1
楽しみにしていた、山頂までの「コバイケイソウ✩ビクトリーロード」(勝手に命名)
開花するなら、もう一回来たいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しみにしていた、山頂までの「コバイケイソウ✩ビクトリーロード」(勝手に命名)
開花するなら、もう一回来たいです。
1
見えてる小屋の右奥をはいって行くと山頂。疲れてるのに走り出したい気分に駆られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてる小屋の右奥をはいって行くと山頂。疲れてるのに走り出したい気分に駆られます。
「もう俺、ここが山頂でええわ」相方の迷言がでた 第三高原。
あと、500チョイ がんばっ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「もう俺、ここが山頂でええわ」相方の迷言がでた 第三高原。
あと、500チョイ がんばっ!!
ようやく小秀山山頂に到着。ハァーわかっていたけど、やっぱり大変やった(笑)
去年は、何も見えなかっただけに 本当に嬉しかった!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく小秀山山頂に到着。ハァーわかっていたけど、やっぱり大変やった(笑)
去年は、何も見えなかっただけに 本当に嬉しかった!
6
後ろからきた「爽やか女子2人組」に撮影してもらいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろからきた「爽やか女子2人組」に撮影してもらいました。
1
後ろには、ドーンと御嶽山。朝はテッペンまで見えていたそうです。こうやって、裾野まで見渡すと 本当に雄大な山を感じます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろには、ドーンと御嶽山。朝はテッペンまで見えていたそうです。こうやって、裾野まで見渡すと 本当に雄大な山を感じます。
2
西は雲が多かったけど東方向はクリアな視界。見えているのは・・・(のちほど確認します)
綺麗な小屋でたっぷりランチ休憩(相方はイビキをかいて昼寝)をして 8kmの下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西は雲が多かったけど東方向はクリアな視界。見えているのは・・・(のちほど確認します)
綺麗な小屋でたっぷりランチ休憩(相方はイビキをかいて昼寝)をして 8kmの下山開始。
1
ショウジョウバカマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
2
ウラジロヨウラク まだつぼみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク まだつぼみ
1
鮮やかピンクのシャクナゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鮮やかピンクのシャクナゲ
4
兜岩眺望あたりから見えた さっきまでいた小屋。だいぶおりてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岩眺望あたりから見えた さっきまでいた小屋。だいぶおりてきました。
1
下りは、めちゃ長い三の谷ルート。疲れているので、のんびり降りることに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは、めちゃ長い三の谷ルート。疲れているので、のんびり降りることに。
1600m辺りまでは、疲れた脚にくるなかなかの急下りです。
優しい、九十九折まだかなー。(後に九十九折で、木の根っこにつまずき 相方がひっくり返り打撲という ヒャッとするアクシデントがありました)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1600m辺りまでは、疲れた脚にくるなかなかの急下りです。
優しい、九十九折まだかなー。(後に九十九折で、木の根っこにつまずき 相方がひっくり返り打撲という ヒャッとするアクシデントがありました)
やーーーっと、山の神まで来ました、登山口はすぐそこです。
隣にある祠にハットをとって合掌。無事の下山を感謝しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やーーーっと、山の神まで来ました、登山口はすぐそこです。
隣にある祠にハットをとって合掌。無事の下山を感謝しました。
林道の作業小屋にはってあった看板。登山に通ずるものがあるなあと、しばし読みふけってしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の作業小屋にはってあった看板。登山に通ずるものがあるなあと、しばし読みふけってしまいました。
やっと三の谷登山口に到着。何度も言うけど、本当に長かった(笑)
脚はもう棒だけど、駐車場まではまだ林道を2km、、、、、ハァー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと三の谷登山口に到着。何度も言うけど、本当に長かった(笑)
脚はもう棒だけど、駐車場まではまだ林道を2km、、、、、ハァー
林道ゲートまで来ました! 駐車場まではあと数百m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲートまで来ました! 駐車場まではあと数百m
1

感想/記録

昨年に続き、今年も同じ6月に小秀山に登ってきました。
2度目の小秀山は
・ステキな滝の誘惑に負けず、CT内で歩く
・コバイケイソウの開花を見届ける
・御嶽山を近くに感じる
この3つを念頭に、シーズン本格登山をがんばってみました。
無風で暑かったけど、やっぱり快晴での山登りは爽快で楽しい!
あれこれ盛りだくさん、アスレチックで やっぱりおもしろい小秀山。
今年は冬が長かったせいか、去年とは植生もかわっていて すでに満開を過ぎているはずの
シャクナゲも楽しめました。
残念だったのは、コバイケイソウが開花していなかったこと
調べてみたら、この花は気まぐれだそうで 葉っぱのみで咲かない年もあるそうです。
えっ?今年は気まぐれな年なの? それとも遅れてるの?
あ〜〜〜気になるっ(笑)
ヨロヨロの下山になってしまい、翌日は恐ろしいまでの筋肉痛でした。(笑)
まだまだ鍛え方が足りないようです
次もがんばります!
山の神様ありがとう
訪問者数:321人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ