また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1174515 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

英彦山 玉屋谷から大岳直登 般若窟磨崖板碑 は?

日程 2017年06月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 福太郎下に駐車、10月31日まで道路工事で通行止めゲートあり。今日は工事がなく歩いて玉屋神社登山口まで行けたが、平日は歩いて通れるのか未確認。大権現まで通してもらえれば泉蔵坊へ抜けられるが。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
53分
合計
6時間33分
Sスタート地点08:2608:43英彦山大権現社08:4510:45玉屋神社下10:5512:11展望露岩(昼食)12:4612:52大岳12:5814:51英彦山大権現社14:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 玉屋谷で偶然見かけた支尾根から大岳に直登。山頂手前まで目印はなく、細尾根や岩場急登、玉屋谷を見下ろす展望地ありと変化に富んでいました。下りは去年登った尾根ルートから。急斜面の上、落ち葉が積もり滑りやすく木に掴まり足元注意して下る。岩壁で終わる支尾根が幾つかありルート取りに注意要です。下るより登りの方が、支尾根間違いもしにくいので幾分安全かも。山頂含め展望はわるいが、何か所かある展望露岩からの眺めは良いです。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地形図 GPS(前回の大岳ルートをセット) 昼食 行動食 飲料 補助ロープ(未使用) その他

写真

(はじめに)般若窟磨崖板碑について 
「英彦山を探る」添田町役場編より抜粋 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(はじめに)般若窟磨崖板碑について 
「英彦山を探る」添田町役場編より抜粋 
1
福太郎下で10月31日まで通行止め、、道路改良工事とのこと(歩行者も?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福太郎下で10月31日まで通行止め、、道路改良工事とのこと(歩行者も?)
今日は工事がなく玉屋神社登山口まで歩けた。登山口に危険の表示、右の石の上に仏様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は工事がなく玉屋神社登山口まで歩けた。登山口に危険の表示、右の石の上に仏様
2
コンクリの参道、帰りは右の尾根筋を下って来た。糸トンボ?が日向ぼっこ・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンクリの参道、帰りは右の尾根筋を下って来た。糸トンボ?が日向ぼっこ・・
左の川(祓川?)から立ち上がる岩壁、今日は赤テープのある右のゴロ石の涸れ沢の方へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の川(祓川?)から立ち上がる岩壁、今日は赤テープのある右のゴロ石の涸れ沢の方へ
2
資料にあった陰岩壁が右側にあるのでは、と来てみた・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
資料にあった陰岩壁が右側にあるのでは、と来てみた・・
以前、初めて来た時は気が付かず通り過ぎたが、これが資料の岩らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前、初めて来た時は気が付かず通り過ぎたが、これが資料の岩らしい
1
岩の間を登り振り返ると・・ 
尖峰が見えた、あれが資料の陽岩壁か
対岸に猿田彦像が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の間を登り振り返ると・・ 
尖峰が見えた、あれが資料の陽岩壁か
対岸に猿田彦像が見えた
1
岩の先に金属の御幣、初めて来たとき御幣しかないのになぜ赤テープを?、と思ったものだった・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の先に金属の御幣、初めて来たとき御幣しかないのになぜ赤テープを?、と思ったものだった・・
2
岩の上から対岸の岩壁に”龕(がん)”と”磨崖板碑” が見えるかもしれない、左の斜面から登ると・・

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の上から対岸の岩壁に”龕(がん)”と”磨崖板碑” が見えるかもしれない、左の斜面から登ると・・

上は細長い棚地(実は尾根の末端)で、大岳の先端と右に手前の小ピークが見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上は細長い棚地(実は尾根の末端)で、大岳の先端と右に手前の小ピークが見えた
岩上に登れるところがないか周囲を確認、右の谷側の太い木の根を伝って登れた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩上に登れるところがないか周囲を確認、右の谷側の太い木の根を伝って登れた
岩の上にカットしたレールを埋め込んで対岸へしっかりとワイヤーが張られていた、何かを運ぶため?・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の上にカットしたレールを埋め込んで対岸へしっかりとワイヤーが張られていた、何かを運ぶため?・・
1
枝葉の隙間から岩峰が見える、右の尖った岩が”陽岩壁”だろう(左側は岩尾根ルート上の石仏群の岩山)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝葉の隙間から岩峰が見える、右の尖った岩が”陽岩壁”だろう(左側は岩尾根ルート上の石仏群の岩山)
2
左側に岩壁上の祠が見える、右の尖峰の左横にアーチ状のスラブの谷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に岩壁上の祠が見える、右の尖峰の左横にアーチ状のスラブの谷
尖峰の壁面に”龕(がん)・磨崖板碑 ”を探す、半円ということでコレは違うか、それらしいのは見つけられず・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖峰の壁面に”龕(がん)・磨崖板碑 ”を探す、半円ということでコレは違うか、それらしいのは見つけられず・・
1
大岳の尾根から陽岩壁を観察したい、尾根筋を登り、岩場を巻いて登る・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳の尾根から陽岩壁を観察したい、尾根筋を登り、岩場を巻いて登る・・
緩やかな痩せ尾根から、岩壁に行き当たった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな痩せ尾根から、岩壁に行き当たった
幸い岩壁の右側の根っこ沿いに岩上に回り込めた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幸い岩壁の右側の根っこ沿いに岩上に回り込めた
谷の岩峰が見えるかも、と岩の先端へ・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷の岩峰が見えるかも、と岩の先端へ・・
1
途中、右に中岳、南岳が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、右に中岳、南岳が見えた
2
岩場の先端へ行くと玉屋谷の祠の岩壁と右の尖峰が見えた(谷向こうの石仏の岩山と重なって見える)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の先端へ行くと玉屋谷の祠の岩壁と右の尖峰が見えた(谷向こうの石仏の岩山と重なって見える)
左に祠の岩壁、その右が尖峰の陽岩壁、その右の壁面に窪みみたいなのが。もしや”磨崖板碑”?・・違うかナ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に祠の岩壁、その右が尖峰の陽岩壁、その右の壁面に窪みみたいなのが。もしや”磨崖板碑”?・・違うかナ
岩場の横を下り先の岩尾根に上がる、新しい鹿のフン、餌はなさそうなので遊びに来てるのかも・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の横を下り先の岩尾根に上がる、新しい鹿のフン、餌はなさそうなので遊びに来てるのかも・・
1
痩せ尾根から・・、露岩を登り・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根から・・、露岩を登り・・
玉屋神社の岩壁が見えた・・(訂正)これは玉屋神社岩壁ではなく、その背後の別の岩峰だった(次写真) *
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉屋神社の岩壁が見えた・・(訂正)これは玉屋神社岩壁ではなく、その背後の別の岩峰だった(次写真) *
1
(参考)170623 玉屋神社の岩壁の後ろに別の岩峰が見える *
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(参考)170623 玉屋神社の岩壁の後ろに別の岩峰が見える *
岩場に張る手頃な根っこを伝って登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に張る手頃な根っこを伝って登る
その先の痩せ尾根の先へ・・、視界が開け表参道の稜線が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先の痩せ尾根の先へ・・、視界が開け表参道の稜線が見えた
1
その先で植林の急斜面が立ち上がる、気が付くと左側は鬼杉への登山道らしい・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先で植林の急斜面が立ち上がる、気が付くと左側は鬼杉への登山道らしい・・
1
この辺から赤テープが目立つ、少し登ると斜面を下るテープ、これは確か以前歩いた展望露岩直近を迂回し峠道に出るルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から赤テープが目立つ、少し登ると斜面を下るテープ、これは確か以前歩いた展望露岩直近を迂回し峠道に出るルート
急斜面を登り上がり左に藪を抜けると展望露岩、表参道、中岳、南岳の稜線が見える
左の行者谷の中腹に観音扉の窟がある岩壁帯が見える、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を登り上がり左に藪を抜けると展望露岩、表参道、中岳、南岳の稜線が見える
左の行者谷の中腹に観音扉の窟がある岩壁帯が見える、
右に鹿の角の岩壁、その手前にもう1つ岩壁が見える、ここで昼食
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に鹿の角の岩壁、その手前にもう1つ岩壁が見える、ここで昼食
大岳へ登る途中、玉屋神社岩壁と四王寺山かな、それとも白岳かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳へ登る途中、玉屋神社岩壁と四王寺山かな、それとも白岳かな
大岳山頂、標識が消えかけて誰か文字を追い書きしたみたい、”腰かけの木”も健在だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山頂、標識が消えかけて誰か文字を追い書きしたみたい、”腰かけの木”も健在だった
1
こっちは大南林道に直降するルートみたいで興味はあるが、今日は展望露岩から玉屋谷をみたいので・・
長い尾根筋ルートへ、降り口が分かりづらかったがGPSで外さずに済んだ・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは大南林道に直降するルートみたいで興味はあるが、今日は展望露岩から玉屋谷をみたいので・・
長い尾根筋ルートへ、降り口が分かりづらかったがGPSで外さずに済んだ・・
小ピークの先、落ち葉の急斜面が滑って危ない、木枝に掴まりながら慎重に下る
途中、露岩が見えたので寄り道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークの先、落ち葉の急斜面が滑って危ない、木枝に掴まりながら慎重に下る
途中、露岩が見えたので寄り道
尖峰の陽岩壁、右に玉屋神社の境内らしい平地が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖峰の陽岩壁、右に玉屋神社の境内らしい平地が見える
GPSを見ると以前登った尾根は一つ向こうらしい、谷を渡り移動、
大きな露岩にぶち当たる、少し登ったが乗り越えられそうにないので・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSを見ると以前登った尾根は一つ向こうらしい、谷を渡り移動、
大きな露岩にぶち当たる、少し登ったが乗り越えられそうにないので・・
左に巻いて下り尾根筋に登り返す

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に巻いて下り尾根筋に登り返す

イワタバコの葉がびっしり、開花時期に見てみたい気もするが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワタバコの葉がびっしり、開花時期に見てみたい気もするが・・
1
岩山を振り返ると、以前登りで左に回り2つの岩山の間から岩上に登り上がったところらしい、岩上から玉屋谷が見えたかもしれないが・・・今日は止めとこう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩山を振り返ると、以前登りで左に回り2つの岩山の間から岩上に登り上がったところらしい、岩上から玉屋谷が見えたかもしれないが・・・今日は止めとこう
尾根を下ると、見覚えのある右に突き出した露岩、
こわごわ露岩の先へ、陽岩壁も見えるが岩の側面を見るには角度がいまいち・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を下ると、見覚えのある右に突き出した露岩、
こわごわ露岩の先へ、陽岩壁も見えるが岩の側面を見るには角度がいまいち・・
祠の岩壁を正面寄りから見ている感じか・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の岩壁を正面寄りから見ている感じか・・
3
玉屋神社般若窟の屋根も見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉屋神社般若窟の屋根も見える
1
壁面を見るには尾根を下りすぎた・・、向こうの支尾根の松の木の露岩あたりからがイイのかも・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁面を見るには尾根を下りすぎた・・、向こうの支尾根の松の木の露岩あたりからがイイのかも・・
2
岩下を見ると”セッコク”が咲いていた、ゾクッ・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩下を見ると”セッコク”が咲いていた、ゾクッ・・
1
尾根に戻り下る、黒岩山がチラリ

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に戻り下る、黒岩山がチラリ

小竹とトゲの茨がひどい大藪尾根になってきたので・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小竹とトゲの茨がひどい大藪尾根になってきたので・・
近くなった右下の参道に降りて・・、朝の登山口に着いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くなった右下の参道に降りて・・、朝の登山口に着いた
大南林道で斑点が残る鹿が現れ、あっという間に右の崖の上に消えた、辛うじてお尻が映っていた、残念・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大南林道で斑点が残る鹿が現れ、あっという間に右の崖の上に消えた、辛うじてお尻が映っていた、残念・・
1
無事ゴール、”龕(がん)・磨崖板碑”は見つけられなかった・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事ゴール、”龕(がん)・磨崖板碑”は見つけられなかった・・

感想/記録
by -tk2

 添田町役場編「英彦山を探る」に玉屋谷陽岩壁の”龕(がん)”、”磨崖板碑”について書かれています。先日の祠のある岩峰にあるのでは、と思い、出かけました。対岸の大岳から見れるかもと、大岳にも登ってみました。結果は確認できませんでした。・・また、行ってみたい。
訪問者数:165人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ