ヤマレコ

記録ID: 1176760 全員に公開 ハイキング甲信越

要害山(鏡渡橋〜尾続)

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
 178_tomo(記録)
 sima4448(CL)
 koya4698(SL)
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間26分
休憩
9分
合計
2時間35分
S鏡渡橋バス停(要害山登山口)08:2808:46山ノ神神社09:06要害山09:0809:17登下分岐09:1809:29540m峰(仮称:祠山)09:3009:51コヤシロ山09:5410:02実成山10:0310:16尾続山10:1710:39尾続バス停10:52鏡渡橋バス停(要害山登山口)11:03新井バス停11:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 先週(日の出山)に続いて、今週も山へ出かけます。
 “梅雨の晴れ間”らしく、気温が上がり、湿度が高い、そんな陽気の中を、山梨県の最東端となるJR中央本線・上野原駅へ。
 ここの休日8時10分発“鶴峠行き”のバスには何度もお世話になっています。今日も坂道沿いに、バス待ちの熟年ハイカーが長蛇の列を作ります。サークル(もちろん熟年の)が多いのも、毎度の光景です。
 大勢の乗客とともに、いくつものバス停を小刻みに越え、鏡渡橋で降りたのは我等だけでした。賑やかな(熟年さんのお喋りで)バス車内とは打って変わり、のどかな空間。いつものように、まだ朝の爽やかさの中、のんびりと歩き始めます。先週同様、ここでも鶯の歌声が鳴り響き、平日の都会汚れを洗い流してくれます。
 前方にはこれから登る要害山がはっきり見えます。要害山はお椀を逆さにしたような形状から、別名”おっぱい山”と呼ばれています。新緑で覆われたその稜線の先端(頂上)には、一本の突出した樹木がまるで乳首のように突き出ていました。
 小倉集落には出羽三山の石碑がありました。集落を過ぎ、山神社(山の神神社)の赤い鳥居を右に見て、山道に入ります。さすがに”おっぱい山”だけあって急傾斜が続きますが、距離は大したことはありません。
 要害山山頂(536m)に到着。大きな杉の木(これが乳首の木?)の下に秋葉大権現の木の祠があります。要害山は甲斐・相模・武蔵の国境に位置し、戦国時代に山頂には山城の大倉砦がありました。山頂の祠はその名残です。南の展望が良く、視界が良ければ丹沢や富士山が見渡せるのですが、湿度が高い今日はまったく見えません。
 ”用竹・尾続山”方面に進みます。なだらかに下ると、2つめのピークの鞍部に灯籠分岐があります。木の根元に灯籠が立ち、注連縄をくぐります。ここは南の大倉から北の登下(とげ)集落に登る十字路です。
 ピークを超えると、下り坂の途中に小さな祠のある風の神(540m)があります。切り立った峠で、狭いですがコース上でもっとも展望の良い場所です。神様にご挨拶。今日はここまで無風です。神様はお休み中でしょうか。
 急坂をロープを使って下ります。3つめのピークを超えたら、コヤシロ山への登りです。爽やかな心地よい風が流れて来ました。(神様お目覚めか?)
 コヤシロ山(600m)に到着。西に開けて展望があります。尾根伝いに西へ大月方面の権現山までつながっています。
 アップダウンの途中に3つめの山 実成山(みなしやま)があります。標高609mなので今コース最高峰ですが、気をつけないと通り過ぎてしまいそうです。
 6つめのピークを過ぎると、”立ち枯れの木 展望所”です。白く立ち枯れたモミの大木があるのでそう命名されています。八重山や上野原市街が見下ろせます。
 下った先の7つめ(最後)のピークが尾続山(538m)です。要害山とほぼ同じ標高です。竹林を下り、民家が現れて尾続バス停に出ます。バスが来るのはあと1時間半後なので、新井まで道路沿いを歩きました。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 飲料 ガイド地図(ブック) サングラス タオル 入浴セット

写真

高尾駅でモーニング天玉そば
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾駅でモーニング天玉そば
上野原駅で熟年ハイカーたちと”鶴峠行き”のバスを待ちます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上野原駅で熟年ハイカーたちと”鶴峠行き”のバスを待ちます
満員のバスの中、鏡渡橋バス停で降りたのは我等だけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満員のバスの中、鏡渡橋バス停で降りたのは我等だけ
のどかな光景が広がります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のどかな光景が広がります
鶯の歌声が嬉しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶯の歌声が嬉しい
出羽三山の月山、湯殿山、羽黒山の文字が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出羽三山の月山、湯殿山、羽黒山の文字が見えます
これから登る要害山。お椀を逆さにしたような形から、別名・おっぱい山と言われています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る要害山。お椀を逆さにしたような形から、別名・おっぱい山と言われています
山神社の脇から山道に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神社の脇から山道に入ります
要害山山頂〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要害山山頂〜
尾根歩きは気持ちいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根歩きは気持ちいい
木漏れ日の林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日の林
尾続バス停へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾続バス停へ
秋山温泉へ。
いつものように、風呂後の黄金ジュース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋山温泉へ。
いつものように、風呂後の黄金ジュース
1
豪華!天ぷら御膳
(美味しかったです...)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豪華!天ぷら御膳
(美味しかったです...)
午後2時のバスで帰ります...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後2時のバスで帰ります...

感想/記録

 要害山を巡る本コースは、要害山山頂から尾根道を伝い、景観や森林浴を楽しめる3時間程のお手軽ハイキングが楽しめます。
 風の神に挨拶したら、それまで無風で暑かったのが、本当に涼しい風が吹いてきてびっくり。その後下山して温泉に入って帰るまで、サワサワととそよいでいました。
 今日はO島部長の大好きな午前ハイクの日。お昼前からザブンと露天風呂(秋山温泉)へ。いつものことながら、午前中の風呂はのんびりとできて気持ちいい〜♪
訪問者数:128人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

道祖神
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ