また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 118487 全員に公開 ハイキング 東海

御嶽山 飛騨頂上 濁河コース

情報量の目安: B
-拍手
日程 2011年06月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候夜間晴れ、朝方にかけ、風雨と雷、その後、曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
濁河温泉への道の終点が市営無料駐車場。15台程駐車可。
利用者が少ないのか、日曜でも空いていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

濁河登山口1:15-湯の花峠2:15-のぞき岩2:45-お助け水3:25-
飛騨山頂5:10-五の池小屋5:25〜8:40まで天候回復待ち-
お助け水9:30-のぞき岩10:15-湯の花峠10:40-
濁河登山口11:30
コース状況/
危険箇所等
登山口すぐに男性1女性2のバイオトイレあり。夜間も外ライトが自動点灯。
そのそばに地面置きの登山ポストあり。
濁河温泉ゆえ温泉施設は多い。
ただ小さな旅館などは廃業しているところも多くある様子です。

コース上に特別危険と思われる場所はないが、
石畳の登山道は案外浮石があります。
あと、ぬれていると石畳も痛みのひどい木道もすべりやすい。
2200メートルくらいまではヒルが出ます。
過去天気図(気象庁) 2011年06月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

以前から計画していた御嶽山濁河コース。
天気もなんとかなりそうだしと出かけてみることに。

予報では午後からのほうがお天気下り坂?
早めに登って降りるのがベストかなと自分を試す意味でも、
日の出合わせの夜間歩行に初挑戦です。

予定してた時刻より登山口への到着は遅れるも、
日の出時刻くらいに稜線には出られそう。
はじめての夜間歩行。駐車場で準備するだけで時間もかかります。
ヘッドランプの照らせる範囲って知れてるというか。
このコースは登山道が明確だけど、九十九折れの場所などは、
一度足を止めて、登山道間違いないか確認作業が夜間歩行には必須。
あと、雨が降ったのか夜露なのか、石畳も木道もすべりやすい。
けど、夜間歩行は…ひとりっきり感が心地いいですね。

のぞき岩のそばには壊れた避難小屋がありましたが、逆に怖い;
お助け水のある8合目を過ぎると森林限界。
この頃から勢いある雨が降り出し、レインウェアを着ました。
それまでも霧雨は降ってましたが、星や月が見えつつのことでした。
雲が稜線に向かって駆け上がるような速さで流れていきます。

少しづつ空も白んできて、五の池に到着。澄んだ青をしています。
そして飛騨山頂。像があるのですが、人が居ないとぎょっとします。
隣には三の池。稜線の東斜面にはまだ雪渓が残っていて、
ちょっと遊びで歩いてみてから、剣が峰へ向かいます。
が、急に風雨も雷もひどくなりました。雷は近づいてくるみたい…
慌ててハイマツのくぼみに身を潜めました。
じっとしていることで寒さを強く感じ始めました。

五の池小屋で休ませてもらうことに決め、着替えてから、
身体を温めるためにお湯を沸かして飲食しました。
が、手先の冷たさが取れないし、天候もなかなか回復する気配なし。
前日の睡眠が少ないので寝転がらせてもらってました。
小屋に来て3時間がたち、身体も少し温まったので、お礼を言って下山。
もともとピークハントが目的ではないし、身体が冷えた分、
体力は消耗気味に思えたので、さくっと即決。

霧のハイマツの中を下ります。
で、登りは暗くてわからなかった、濁河コースの雰囲気。
樹林帯がとっても美しくて、下りでびっくりでした。
メジャーコースの田の原は時間短縮の魅力はあるけど、
濁河を知ると霞んじゃう。植物や木々の織り成す世界観に浸れます。
花好きな人、野鳥好きな人は絶対こっちだなぁ。

風雨で身体が冷えてしまった以外は楽しい山行でした。
夜間歩行や荒天時の対応も含めて、勉強になったかな。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1793人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ