また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1189128 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
 h321(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
バス
芦安駐車場よりバスを乗り継ぎ北沢峠へ。7金曜はテント泊
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間25分
休憩
2時間0分
合計
9時間25分
S長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)05:0005:30仙水小屋06:10仙水峠06:2007:50駒津峰08:1008:30六方石09:00駒ヶ岳神社本宮09:10甲斐駒ヶ岳10:1010:05駒ヶ岳神社本宮11:00六方石11:40駒津峰11:5513:05仙水峠13:2013:50仙水小屋14:20長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特になし。小松峰から甲斐駒直登ルート(今回は通っていない)はやや難路。
その他周辺情報芦安温泉(駐車場わき)700円。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 サブザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
共同装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 サブザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

北沢峠〜仙水峠の登山道。気持ち良い沢沿いを行く。
2017年07月08日 05:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢峠〜仙水峠の登山道。気持ち良い沢沿いを行く。
仙水小屋。ここまで30分。
2017年07月08日 05:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水小屋。ここまで30分。
仙水峠5分手前で振り返る。
2017年07月08日 06:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠5分手前で振り返る。
摩利支天登場。
2017年07月08日 06:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天登場。
1
仙水峠着。テント場から70分。
2017年07月08日 06:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠着。テント場から70分。
1
アサヨ峰方向。ケルンが林立。
2017年07月08日 06:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサヨ峰方向。ケルンが林立。
小松峰急登途中から見た仙丈ケ岳。
2017年07月08日 07:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松峰急登途中から見た仙丈ケ岳。
3
同じく鳳凰三山方向。
2017年07月08日 07:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく鳳凰三山方向。
2
絵になる。
2017年07月08日 08:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絵になる。
11
この雷鳥の写真を撮るため20分も小松峰にいた。
2017年07月08日 08:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この雷鳥の写真を撮るため20分も小松峰にいた。
7
甲斐駒へと向かう。
2017年07月08日 08:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒へと向かう。
2
なんだっけ?この花?
2017年07月08日 08:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだっけ?この花?
1
六方石付近
2017年07月08日 08:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六方石付近
今日はまきみちで登る。甲斐駒は5回目だがまきみちを登るのは初めて。
2017年07月08日 08:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はまきみちで登る。甲斐駒は5回目だがまきみちを登るのは初めて。
美しきかな。南アルプスの女王。
2017年07月08日 08:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しきかな。南アルプスの女王。
1
なんだっけ?この花?
2017年07月08日 08:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだっけ?この花?
ガスが湧いてきた。
2017年07月08日 08:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが湧いてきた。
なんだっけ?この花?
2017年07月08日 08:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだっけ?この花?
2
有名な点列石群。
2017年07月08日 08:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な点列石群。
2
摩利支天分岐。雲がどんどん湧いてくる。
2017年07月08日 09:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天分岐。雲がどんどん湧いてくる。
山頂着。
2017年07月08日 09:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂着。
3
仙丈ケ岳遠望。
2017年07月08日 09:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳遠望。
4
帰路で見たシャクナゲ。
2017年07月08日 11:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路で見たシャクナゲ。
2
仙水峠着。
2017年07月08日 13:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水峠着。
テント場は大賑わい。
2017年07月08日 14:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は大賑わい。
1

感想/記録
by h321

 3年前の秋に甲斐駒ヶ岳登った時、御嶽山の噴煙を甲斐駒摩利支天分岐からライブで見た。その時は単に【今日はいつもより噴煙がよく見えるなあ】程度でしか見れなかったが下山後、ニュースを見てびっくり。今日もずっと思い出しながら歩き、改めて自然の怖さと被害者のご冥福を祈った山行だった。
 小松峰では大展望で、雷鳥も至近距離に出現し大いに楽しませてくれた。朝9時までは北岳・仙丈ケ岳などよく見えたがそれ以降はずっとガスの中。山頂に着くのがあと15分遅ければ絶景を見損なった。危なかった。甲斐駒は相変わらず人気があり山頂は絶えず2〜30人はいたと思う。どこから登っても達成感が持てる山さし、深田久弥の言葉を借りるまでもなく花崗岩の美しい山頂はとても気持ちがよい。いつまでもいたい、そんな魅力的な山頂である。
 帰りは北沢峠の15:00臨時バスに乗れたのがラッキーだった。
訪問者数:410人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ