ヤマレコ

記録ID: 1195640 全員に公開 沢登り日高山脈

ピリカペタヌ沢遡行→札内岳 源頭まで

日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

3:50 駐車地点
4:45 トッタベツヒュッテ
7:00 8の沢出合(〜7:15)
9:25 大滝
10:45 源頭部にて引き返す
14:00 8の沢出合(〜14:20)
18:00 下山
コース状況/
危険箇所等
車は、戸蔦別林道最終人家の少し先まで。トッタベツヒュッテまでは崩落個所に巻き道が付いており、とても歩きやすい。ヒュッテより先は荒れに荒れ放題で、冗長な河原歩きを強いられる。
沢の核心部はCo1100付近から、いずれの滝も直登できるか巻き道があるので心配ない。下降では、一度もロープを出さずに行くことができた。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

まずは戸蔦別林道を行く。崩落個所には、右岸側に綺麗な刈り分け道があり、歩きやすかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは戸蔦別林道を行く。崩落個所には、右岸側に綺麗な刈り分け道があり、歩きやすかった。
3
ピリカペタヌ林道は、もはや河原と化していた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピリカペタヌ林道は、もはや河原と化していた。
5
自然の猛威の恐ろしさを、嫌というほど感じる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然の猛威の恐ろしさを、嫌というほど感じる。
6
当初は8の沢でテン泊する予定だったので、ここでキャンプ道具をデポして身軽になった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初は8の沢でテン泊する予定だったので、ここでキャンプ道具をデポして身軽になった。
2
少し高度を上げると、綺麗なナメが現れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し高度を上げると、綺麗なナメが現れた。
4
四肢を使って巨岩を越えて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四肢を使って巨岩を越えて行く。
いよいよ核心部へ入っていく。滝が連続して出てくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ核心部へ入っていく。滝が連続して出てくる。
5
登れはするものの、トリッキーな滝が多かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登れはするものの、トリッキーな滝が多かった。
4
ぐいぐい標高を稼ぐことができる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐいぐい標高を稼ぐことができる。
5
暑いので、わざとシャワークライムを楽しんだり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑いので、わざとシャワークライムを楽しんだり。
5
足元がすくむような高度感だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元がすくむような高度感だった。
2
有名なピリカペタヌ大滝。本当に大きかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名なピリカペタヌ大滝。本当に大きかった。
13
大滝を越えると、水量はめっきり少なくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝を越えると、水量はめっきり少なくなる。
2
バックにカチポロ。土砂災害の跡が痛々しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バックにカチポロ。土砂災害の跡が痛々しい。
5
突然水が枯れ、あとは源頭部へ向かって登って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然水が枯れ、あとは源頭部へ向かって登って行く。
源頭に近づくにつれて、ヒグマの糞がかなり多くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源頭に近づくにつれて、ヒグマの糞がかなり多くなってきた。
1
花いっぱいの源頭。この直後、10mほど先の距離でヒグマに遭遇した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花いっぱいの源頭。この直後、10mほど先の距離でヒグマに遭遇した。
5
カメラを構えたときには、藪に隠れてしまった。これ以上は進むことはできない…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラを構えたときには、藪に隠れてしまった。これ以上は進むことはできない…。
2
安全第一。この場所を、自分たちの中での「札内岳登頂」とした。悔いはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全第一。この場所を、自分たちの中での「札内岳登頂」とした。悔いはない。
11
下降も慎重に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降も慎重に。
3
時間に余裕があったので、テン泊せず今日中に下山することにした。8の沢で水を補給していく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間に余裕があったので、テン泊せず今日中に下山することにした。8の沢で水を補給していく。
2
今回から導入した濾過キャップ。沢では飲み水に困らないので、とても助かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回から導入した濾過キャップ。沢では飲み水に困らないので、とても助かった。
8
帰路、6の沢の大崩落を横目に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路、6の沢の大崩落を横目に。
2
どこが道だったのかも全く分からない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこが道だったのかも全く分からない。
3
ヒュッテに寄り道した後、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテに寄り道した後、
3
戸蔦別林道を戻った。近い将来、復旧するといいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸蔦別林道を戻った。近い将来、復旧するといいな。
2
カーブミラー自撮り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カーブミラー自撮り。
5
鳳の舞温泉で汗を流し、インディアンでガッツリ食べて帰路に就いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳の舞温泉で汗を流し、インディアンでガッツリ食べて帰路に就いた。
5

感想/記録

素晴らしい沢でした。
序盤の長い河原歩きが億劫ですが、それを越えた先はワンダーランドで、どこまでも飽きが来ませんでした。頂上まであと30分くらいのところでヒグマに遭遇。安全を最優先して登頂は見送りましたが、それでも十分満足感の得られる山行になったと思います。

丸一日日高の沢を満喫でき、充実感いっぱいの夏休み初日でした。
訪問者数:361人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ