ヤマレコ

記録ID: 1204001 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

★撮影会★スッカン沢 素簾の滝

日程 2017年07月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇のち雨☔️
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間27分
休憩
1時間13分
合計
2時間40分
Sスタート地点10:3311:34素蓮の滝12:4713:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
遊歩道は整備されていて歩きやすかったです。
その他周辺情報塩原元湯温泉 大出館で汗を流してきました。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 日よけ帽子 飲料 携帯 時計 カメラ
備考 長靴(沢を渡るので)

写真

2016年8月、たかつえの蕎麦畑でお会いした栃木県の写真家Iさんに教えてもらったスッカン沢 素簾の滝(それんのたき)を撮りに行きました。
IさんはLINHOF 6×8を使われていました。
駐車場奥に入口が見えたのでここから入っていきました。
(実はここは入口ではありませんでした)
2017年07月22日 10:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016年8月、たかつえの蕎麦畑でお会いした栃木県の写真家Iさんに教えてもらったスッカン沢 素簾の滝(それんのたき)を撮りに行きました。
IさんはLINHOF 6×8を使われていました。
駐車場奥に入口が見えたのでここから入っていきました。
(実はここは入口ではありませんでした)
階段を降りると小さな黄色い花が咲いていました。
2017年07月22日 10:35撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を降りると小さな黄色い花が咲いていました。
整備されているので、コースを間違えていることに気づいていません。
2017年07月22日 10:35撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備されているので、コースを間違えていることに気づいていません。
古い橋の上から、沢の上流側になります。
この橋を渡ると急に道が細くなり、ちょっと違和感を感じながらも進んでいきます。
2017年07月22日 10:37撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い橋の上から、沢の上流側になります。
この橋を渡ると急に道が細くなり、ちょっと違和感を感じながらも進んでいきます。
10分ほど進んだところで、ヤマレコアプリGPSを確認すると南西に進んでいて、コースを間違えていることに気づきました。
ここで引き返し駐車場まで戻ります。
2017年07月22日 10:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほど進んだところで、ヤマレコアプリGPSを確認すると南西に進んでいて、コースを間違えていることに気づきました。
ここで引き返し駐車場まで戻ります。
駐車場には立派な案内板がありました。
駐車場の一番奥に車を止めたので、この案内板を見落としていました。
ハイキングから戻ってこられた方に話を伺い、気を取り直して正しい方向に進みます。
2017年07月22日 10:52撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場には立派な案内板がありました。
駐車場の一番奥に車を止めたので、この案内板を見落としていました。
ハイキングから戻ってこられた方に話を伺い、気を取り直して正しい方向に進みます。
川の名前は「鹿又川」
2017年07月22日 10:54撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の名前は「鹿又川」
先ほど間違えて進んでいった下側の古い橋です。
2017年07月22日 10:54撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど間違えて進んでいった下側の古い橋です。
橋の名前は「雄飛橋」
スッカン沢には複数の滝があり、その一つに「雄飛の滝」があります。そこに光が差すと、夕日が傾くのも忘れるほど美しいことから「雄飛(夕日)の滝」と言われているそうです。
2017年07月22日 10:55撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の名前は「雄飛橋」
スッカン沢には複数の滝があり、その一つに「雄飛の滝」があります。そこに光が差すと、夕日が傾くのも忘れるほど美しいことから「雄飛(夕日)の滝」と言われているそうです。
橋のすぐ横に入口がありました。
下調べで見ていた光景です(笑)
2017年07月22日 10:55撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋のすぐ横に入口がありました。
下調べで見ていた光景です(笑)
力強い生命力を感じます。
2017年07月22日 10:56撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
力強い生命力を感じます。
オカトラノオ
花々が出迎えてくれます。
2017年07月22日 10:57撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オカトラノオ
花々が出迎えてくれます。
写真を撮りながら進みます。
2017年07月22日 11:01撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真を撮りながら進みます。
日に日に深まる緑。
2017年07月22日 11:07撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日に日に深まる緑。
沢沿いの遊歩道を下流側に向かって歩きます。
川の水は鉄分を多く含み石が赤く染まっています。
名前の由来は、鉱物を多く含み辛くて飲めない「すっ辛い沢」が訛って「スッカン沢」と呼ばれるようになったそうです。
2017年07月22日 11:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの遊歩道を下流側に向かって歩きます。
川の水は鉄分を多く含み石が赤く染まっています。
名前の由来は、鉱物を多く含み辛くて飲めない「すっ辛い沢」が訛って「スッカン沢」と呼ばれるようになったそうです。
ピントを浅くして撮ります。
小さな滝が見えます。
2017年07月22日 11:17撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピントを浅くして撮ります。
小さな滝が見えます。
原生林のような光景が広がります。
2017年07月22日 11:18撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原生林のような光景が広がります。
沢を下に見ながら歩きます。
2017年07月22日 11:25撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を下に見ながら歩きます。
深緑が美しいです。
2017年07月22日 11:26撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深緑が美しいです。
岩の隙間から花が咲いています。
イワタバコでしょうか?
2017年07月22日 11:28撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の隙間から花が咲いています。
イワタバコでしょうか?
目的の「素簾の滝」に到着。
案内板の漢字は間違えているようです。
横幅、数十メートルほどある岩肌を流れ落ちる滝が「すだれ」のように見えることから付けられた名前だそうです。
2017年07月22日 11:34撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的の「素簾の滝」に到着。
案内板の漢字は間違えているようです。
横幅、数十メートルほどある岩肌を流れ落ちる滝が「すだれ」のように見えることから付けられた名前だそうです。
遊歩道の対岸、この森の先に素簾の滝があります。
沢を渡らなければなりませんが普通のトレッキングシューズで来てしまいました。
ここで、写真家Iさんに「沢を渡るので長靴を履いて行くと良い」と言われていたことを思い出します。
石の上をジャンプして水に浸からずに渡ることができました。
2017年07月22日 11:39撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道の対岸、この森の先に素簾の滝があります。
沢を渡らなければなりませんが普通のトレッキングシューズで来てしまいました。
ここで、写真家Iさんに「沢を渡るので長靴を履いて行くと良い」と言われていたことを思い出します。
石の上をジャンプして水に浸からずに渡ることができました。
靴を脱いで渡る方や、靴を履いたまま渡る方、アクアシューズの方、長靴の方がいらっしゃいました。
2017年07月22日 11:58撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靴を脱いで渡る方や、靴を履いたまま渡る方、アクアシューズの方、長靴の方がいらっしゃいました。
対岸に渡るとカツラの巨木が複数本あります。
こんなに大きなカツラの木を見たのは初めてです。撮影に夢中になります。
2017年07月22日 11:55撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸に渡るとカツラの巨木が複数本あります。
こんなに大きなカツラの木を見たのは初めてです。撮影に夢中になります。
もう一本、かつらの巨木を撮ります。
ライカ版15mm相当の超広角レンズで。
2017年07月22日 12:10撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一本、かつらの巨木を撮ります。
ライカ版15mm相当の超広角レンズで。
滝の全貌が見えてきました。
2017年07月22日 12:16撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の全貌が見えてきました。
横幅が数十メートルほどあります。
2017年07月22日 12:20撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横幅が数十メートルほどあります。
足場は柔らかく滑りやすく注意が必要です。
2017年07月22日 12:21撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足場は柔らかく滑りやすく注意が必要です。
苔を踏まないように配慮しながら撮ります。
2017年07月22日 12:22撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔を踏まないように配慮しながら撮ります。
場所を移動してメインの流れを正面から撮ります。
2017年07月22日 12:29撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
場所を移動してメインの流れを正面から撮ります。
滝を撮っていると雨が降ってきました。
雷も鳴り出し危険を感じたので引き上げることにしました。
2017年07月22日 12:46撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝を撮っていると雨が降ってきました。
雷も鳴り出し危険を感じたので引き上げることにしました。
帰りは緩やかな登りになります。
蒸し蒸し、雨にも濡れ、汗だくになって戻ってきました。
2017年07月22日 13:07撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは緩やかな登りになります。
蒸し蒸し、雨にも濡れ、汗だくになって戻ってきました。
橋の上から下流側の景色です。
この沢の左岸に遊歩道があります。
2017年07月22日 13:07撮影 by X-T2, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の上から下流側の景色です。
この沢の左岸に遊歩道があります。
帰りは、塩原元湯温泉 大出館の湯に浸かってきました。いい湯でした♨
2017年07月22日 15:44撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは、塩原元湯温泉 大出館の湯に浸かってきました。いい湯でした♨

感想/記録

原生林のような環境の中にある滝やカツラの巨木に感動しました。
次は雄飛の滝まで行ってみようと思います。
訪問者数:192人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

GPS 左岸 オカトラノオ カツラ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ