また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1205101 全員に公開 ハイキング奥秩父

五百円札の富士子ちゃんを見に雁ヶ腹摺山へ

日程 2017年07月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大峠 10台くらい駐車可能 トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間6分
休憩
48分
合計
3時間54分
S大峠(大ドウミ)07:0007:40雁ヶ腹摺山07:5808:25白樺平(石ノネカ)08:39姥子山西峰08:4008:49姥子山東峰09:0809:16姥子山西峰09:32白樺平(石ノネカ)10:11雁ヶ腹摺山10:2110:54大峠(大ドウミ)10:54大峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
届けはヤマレコから提出
・基本的に一本道だが、道標類は完備
 1箇所、上り、下山道に別れている場所がある。
 下山道とされている道は白ザレて滑りやすく、トラロープが張られている。
・赤土系の道で、雨が降った後は滑りやすい。
・姥子山の山頂直下は岩場、登りでは気にならないが、下りだと要注意。
その他周辺情報早くに下山できたので、藤野まで戻り東尾垂の湯へ。
休日は、タオル、バスタオル付きで¥880
食事が美味しいのでオススメ。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ストック カメラ ツェルト 膝サポーター レスキューシート 虫除けスプレー

写真

大峠トウチャコ。
2017年07月23日 06:43撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠トウチャコ。
2
大峠から富士子ちゃん。
2017年07月23日 06:44撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠から富士子ちゃん。
14
雁ヶ腹摺山へ。
2017年07月23日 06:59撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁ヶ腹摺山へ。
2
雁ヶ腹摺山周辺案内板
2017年07月23日 07:01撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁ヶ腹摺山周辺案内板
2
大峠1560m
2017年07月23日 07:01撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠1560m
1
大峠から先はゲートがあり進めない
2017年07月23日 07:02撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠から先はゲートがあり進めない
1
東屋があり、黒岳へはここから登る
2017年07月23日 07:02撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋があり、黒岳へはここから登る
1
長い橋を歩く。
2017年07月23日 07:14撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い橋を歩く。
2
レコによく載っている岩
2017年07月23日 07:49撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レコによく載っている岩
3
横からはこんな感じ
2017年07月23日 07:49撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横からはこんな感じ
5
秀麗富嶽十二景一番山頂 雁ヶ腹摺山。
2017年07月23日 07:43撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秀麗富嶽十二景一番山頂 雁ヶ腹摺山。
5
山頂標識。
2017年07月23日 07:43撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識。
2
山梨百名山でもある。
2017年07月23日 07:43撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨百名山でもある。
3
秀麗富嶽十二景の標識。
2017年07月23日 07:43撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秀麗富嶽十二景の標識。
1
これが五百円札の富士子ちゃんだ。
2017年07月23日 07:44撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが五百円札の富士子ちゃんだ。
11
もう一丁。
2017年07月23日 07:44撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一丁。
4
五百円札ではこう描かれている。
2017年07月23日 07:44撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五百円札ではこう描かれている。
4
今日は三ツ峠が辛うじて見えるぐらい。
2017年07月23日 07:44撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は三ツ峠が辛うじて見えるぐらい。
2
アップで富士子ちゃん
2017年07月23日 07:54撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで富士子ちゃん
11
分岐 、姥子山へ。
2017年07月23日 08:28撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐 、姥子山へ。
1
こんな道を歩いて来た。
2017年07月23日 08:28撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道を歩いて来た。
林道を渡る。
2017年07月23日 08:35撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を渡る。
1
姥子山へ登り返し。
2017年07月23日 08:35撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥子山へ登り返し。
姥子山トウチャコ、こちらも一番山頂。
2017年07月23日 08:50撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥子山トウチャコ、こちらも一番山頂。
7
姥子山から富士子ちゃん。
2017年07月23日 08:50撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥子山から富士子ちゃん。
4
大月市街地が見える。
2017年07月23日 08:50撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月市街地が見える。
6
東側、こちら側の山はよく分からん。
2017年07月23日 08:51撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側、こちら側の山はよく分からん。
4
雁ヶ腹摺山、あれをまた登り返さないと帰れない。
2017年07月23日 08:51撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁ヶ腹摺山、あれをまた登り返さないと帰れない。
4
富士子ちゃんと手前は三つ峠
2017年07月23日 09:02撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士子ちゃんと手前は三つ峠
11
大峠に帰還。
2017年07月23日 10:55撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠に帰還。
6

感想/記録

かねてより登ってみたかった五百円札の富士山の撮影場所である雁ヶ腹摺山へ
行ってみた。
山登りを始めた30数年前のガイドブックでは、駅からのアプローチが大変で
歩く人も少ないことから健脚向きとされていた山だが、現在は比較的簡単に
登ることができる山だ。

大峠に到着時、天気は曇りだが、眼前に大きく富士山が見えていた。
予定よりも1時間早くスタートする。
落葉広葉樹と苔、場所によっては大岩がある登山道を歩いて行く。
山頂到着時、富士山は見えていたが、構図にある手前の山は雲の中
だった。

今回は姥子山まで往復するため、軽く休んでからすぐに歩きだす。
当初予想していたよりも大きく下っていくが、よくよく考えれば大峠の方が
姥子山より標高が高いので当然であった。
姥子山の山頂からは、富士山と大月の市街地などがよく見えたが、ポツポツ
と雨が落ちてきたので、すぐに食事を済ませて下山開始。

下りが長かったということは、帰りは上りが続くということでなかなかしんどい。
樹林帯の中を歩くので雨に濡れることもなく雁ヶ腹摺山まで戻ると、富士山はまだ
見えていた。
どうやら雨も標高1,500m前後だけのようなので、雨具を着ずにそのまま大峠に
下山し、久しぶりに東尾垂の湯で温泉と食事を楽しんでから帰宅した。

天気はイマイチであったが、最後まで富士山を眺めることが出来たのでなかなか良い
山行であった。
雁ヶ腹摺山の山頂にはモミジが多かったので、秋に登るとまた良いのではなかろうか
と思う。

感想/記録

五百円札で有名な雁が腹摺山へ行ってみた。
天気は曇りの予報であり富士山は見えないだろうと思っていたが高速からは見えていたので期待が出来た。大峠からも見えていたので山頂までもってほしいと祈りながら登った。山頂からも富士山を見ることが出来よかった。まあ曇りベースなので手前の山は雲に隠れてたり出たりしていたが富士山は終始見えていた。
大峠からは1時間程度で登れるのでもっと人がいるかと思っていたが天候の為か先行している人は3組ほど、後続も2組程度であった。盛夏なので晴れていれば暑くて大変だったと思うが今日は比較的楽であった。山頂の案内板にもあったが紅葉の頃は大変奇麗な景色がみられそうなのでその頃に再訪してみたい。
訪問者数:278人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ