また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1207050 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

しろうま ヤ〜メタット、 で 栂池自然園。

日程 2017年07月25日(火) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
 名神高速道路、下り線の一宮SA出口辺りで大型トラックが横転し、下り車線は通行止めになっているようです。上り車線は問題ありません。パトカーの赤点滅ランプを横目に、長野道安曇野ICで高速道路を降ります。栂池までスムース。栂池ゴンドラ横の駐車場はスキスキ。ゴンドラ、RWと乗り継いで一気に標高1829mの自然園駅へ。

 帰りは同じ道を走るのも面白くないので日本海側へ。糸魚川ICから北陸道、東海北陸縦貫道を乗り継いで各務原ICまで。眠りマナコをスリスリ、何度もSA・PA 出ながら仮眠をとりながら無事帰宅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

4:15自宅―9:05栂池駐車場―10:18栂池自然園ビジターセンター出発―ミズバショウ湿原2周―11:42ワタスゲ湿原―13:04展望湿原―14:30ビジターセンター
コース状況/
危険箇所等
 栂池自然園は平坦な所と勝手に思っていましたが、登り下りもありました。良く整備され、ほとんど木道が敷かれていて、急なヤセ尾根にも木の階段があります。雨の木道、これは要注意。ダブルストックで気をつけながら歩きましたが、ツル〜〜〜っと滑って尻餅ドスン。尾骶骨をしたたか打って火の出るような激痛、起き上がって少し様子を見ましたがどうやら大丈夫そうです。以後は花を見るどころではなく、木道の傾き加減ばかり気にしながら、ゆっくりゆっくり下りました。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

ゴンドラで。
2017年07月25日 09:36撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラで。
3
自然園の向うには小蓮華。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然園の向うには小蓮華。
3
ヒメオウギアヤメ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメオウギアヤメ。
7
イワイチョウ。
2017年07月26日 15:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワイチョウ。
15
オオバミゾホウズキ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオバミゾホウズキ。
2
オオヒョウタンボク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオヒョウタンボク。
2
コバイケイソウ、咲いていたのはこの一輪だけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウ、咲いていたのはこの一輪だけ。
5
シナノキンバイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ。
10
イブキトラノオ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキトラノオ。
8
ゴゼンタチバナ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ。
2
チングルマ、花も残っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ、花も残っていました。
7
ニッコウキスゲは少な目。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲは少な目。
10
ホソバノキソチドリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバノキソチドリ。
3
ヒロハユキザサ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒロハユキザサ。
2
ミヤマアキノキリンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ。
5
オタカラコウ。
2017年07月26日 15:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オタカラコウ。
5
モミジカラマツ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ。
9
サンカヨウの実。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウの実。
4
雪田が残っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪田が残っていました。
4
ミヤマキンバイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ。
2
ミツバオウレン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン。
6
イワハゼ。
2017年07月26日 15:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワハゼ。
5

感想/記録
by onisan

 7月25日から4日間のお休み。2泊3日で白馬大池からしろうまに登り、大雪渓を下る事にしました。

 梅雨明けだそうですが、梅雨前線が下がって来ています。お天気ナウキャストを見ますと、山陰から北陸にかけて雨雲が伸び、長野県北部にもやって来つつあります。中心部には赤い部分もあり、雷に注意だそうです。でも折角のお休みですので朝早く岐阜を出発し、取りあえず栂池までやって来ました。

 栂池は案の定、雨。こんな日に登ってもな〜んにも面白い事はありません。予約しておいた白馬大池山荘と白馬頂上宿舎にキャンセルの電話を入れると、どちらも快く「またお出で下さい」と云って呉れました。こんなところまできて何もせず帰るのは如何なものか、自然園を散策する事にしました。

 ザックも水も食料も車に置いて、カッパを着込んでストックと耐水デジカメだけ持って、ゴンドラとRWを乗り継いで自然園へ。平らな場所を移動するだけと勝手に思っていましたが、アニハカランヤ。事前調査は全くしていませんので、どこをどう歩いているのかさっぱり分かりません。同じような木道が続いています。ん? ここはさっき見たような・・・。ようやくミズバショウ湿原を抜け出し、ワタスゲ湿原へ。ワタスゲ湿原を過ぎると山登りになります。展望湿原でベンチに座って昼食を摂っている人達を横目に、木道を滑ってコケながら下ります。なんやかんやと、4時間以上の散策。のど乾いた、はら減った。

 雨の栂池自然園でしたが、沢山の花にお目に掛かれてまあ良かったかな。

 
 
訪問者数:611人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ