また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1213461 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

八方尾根から五竜岳、鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳、種池から扇沢

日程 2017年07月31日(月) 〜 2017年08月03日(木)
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等

表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間40分
休憩
0分
合計
7時間40分
S八方リフト終点07:3015:10五龍山荘
2日目
山行
5時間40分
休憩
0分
合計
5時間40分
五龍山荘05:3011:10八峰キレット小屋
3日目
山行
7時間0分
休憩
2時間0分
合計
9時間0分
八峰キレット小屋05:3007:30鹿島槍ヶ岳北峰07:4008:20鹿島槍ヶ岳南峰08:5010:30冷池小屋11:2013:00爺が岳中峰13:2013:40爺が岳南峰13:5014:30種池山荘
4日目
山行
2時間40分
休憩
0分
合計
2時間40分
種池山荘06:0008:40扇沢バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

八方石室跡
2017年07月31日 08:58撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方石室跡
1
ニッコウキスゲ
2017年07月31日 09:15撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ
強烈な香りがするタカネヨモギ?
2017年07月31日 10:10撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強烈な香りがするタカネヨモギ?
元祖唐松山荘?
2017年07月31日 12:08撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元祖唐松山荘?
1
滑りそうで滑らないバンド
2017年07月31日 12:33撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りそうで滑らないバンド
1
唐松岳遠望
2017年07月31日 12:56撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳遠望
4
鹿島槍遠望
2017年08月01日 06:44撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍遠望
3
五龍岳山頂のカップル
2017年08月01日 06:49撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五龍岳山頂のカップル
1
三角点分低くなった五竜岳山頂?!
2017年08月01日 06:49撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点分低くなった五竜岳山頂?!
2
この先は濃いガスの中に突入したのでカメラをしまう。
2017年08月01日 06:50撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は濃いガスの中に突入したのでカメラをしまう。
3
キレット小屋からの夕日。
2017年08月01日 18:45撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋からの夕日。
5
星空を撮った筈。
2017年08月02日 00:40撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星空を撮った筈。
キレット小屋の朝
2017年08月02日 05:00撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋の朝
4
さて出発。
2017年08月02日 05:26撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて出発。
3
一週間遅れの荷揚げ。
2017年08月02日 05:32撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一週間遅れの荷揚げ。
2
こんなまじかでヘリを見るのは久々。
2017年08月02日 05:33撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなまじかでヘリを見るのは久々。
2
お世話になったキレット小屋。
2017年08月02日 05:33撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になったキレット小屋。
3
五竜岳遠望
2017年08月02日 06:09撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳遠望
3
五龍、キレットを振り返る。
2017年08月02日 06:28撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五龍、キレットを振り返る。
4
鹿島槍北峰から南峰
2017年08月02日 07:05撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍北峰から南峰
3
鹿島槍北峰より白馬方面(拡大するとキレット小屋が確認できます。)
2017年08月02日 07:17撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍北峰より白馬方面(拡大するとキレット小屋が確認できます。)
7
隠れ幕営地
2017年08月02日 07:48撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隠れ幕営地
鹿島槍ヶ岳南峰の三角点
2017年08月02日 08:21撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳南峰の三角点
2
歩いてきた方角
2017年08月02日 08:40撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた方角
3
鹿島槍からはお散歩コース
2017年08月02日 08:48撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍からはお散歩コース
3
布引岳付近から鹿島槍を振り返る。
2017年08月02日 09:26撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引岳付近から鹿島槍を振り返る。
2
布引岳より立山方面
2017年08月02日 09:28撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引岳より立山方面
3
三角点ではありません。
2017年08月02日 13:40撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点ではありません。
1
恐山のような南峰。
2017年08月02日 13:47撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐山のような南峰。
4
最後のお宿。種池山荘。
2017年08月02日 14:28撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のお宿。種池山荘。
4
30年前にはこの種池の脇にテントを張った筈なのだが。?
2017年08月02日 15:16撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30年前にはこの種池の脇にテントを張った筈なのだが。?
種池山荘の朝。
2017年08月03日 04:35撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘の朝。
2
鹿島槍を望む。
2017年08月03日 05:18撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍を望む。
6
2,100mから上は快晴。
2017年08月03日 05:41撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,100mから上は快晴。
3
逆光の爺が岳
2017年08月03日 05:47撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光の爺が岳
2
針の木方面
2017年08月03日 06:22撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針の木方面
3
稜線上の種池山荘
2017年08月03日 06:31撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上の種池山荘
1
撮影機材:

感想/記録

距骨下関節接合手術を受けるか否かの判断材料として明日の病院行きを前に足の具合を見ようと計画しましたが、あいにくの天候不順。
土曜日の朝に出発して八方池山荘泊でスタートする予定をキャンセルしました。
しかし日曜日の夕方に天候の回復が見込まれたので、急遽夜行バスで出発。
30年前に単独で暴風雨の中をテント背負って全く同じ道を2泊3日で歩きましたが、かみさんは未経験。
私も視界のある山歩きがしたくて決行。
今回は3泊4日。全二食付き小屋泊。
結果は五龍山頂を過ぎてから八峰キレット小屋までが濃いガスの中で視界を得られませんでしたが、それ以外は2,100mの雲の上に出た稜線歩きでした。
30年前と比べてすべての小屋が大きくなっていたようでした。
特に八峰キレット小屋は驚くような場所にへばりついていたのですが、今回行ってみると稜線を7m程掘り下げ、その残土を黒部側に造成し、巨大な小屋に変身していました。
この小屋には11時過ぎに入ってしまい、その後の本降りを免れました。
宿泊者は我々を含めて10名だけでした。
そのうちの二人の青年は親不知の海水に登山靴を濡らして3日目のツワモノでした。
プロテインを飲んで奥穂まで歩くそうです。
幸いにも23時ごろには星空になり、目の前が立山であることに気がつきました。
翌朝は体がまだ目覚める前にキレットを通過したので、思わずクサリを掴んでしまいました。(笑)
鹿島槍ヶ岳からは普通の登山道で、今まで歩いてきたところとたいそうな違いに今更ながら驚きました。
北峰に居ると南峰からの人たちが、北峰に寄らず、通過していきます。
双耳峰を登らず如何なものかと叫ぼうとしましたが、30年前は多分、唐松も五龍も北峰も爺が岳の中峰も暴風の中すべてパスしたと思われるので、やめました。
だいたい私は歩くのは好きですが、山頂にはあまり興味がないので、結構山頂を飛ばします。
三角点をまじめに探したのは加藤文太郎のまねをして八ヶ岳の硫黄岳と至仏山から歩いた平が岳くらいです。
さて、南峰に来て北峰を見ると低い。
成程、爺が岳方面から来ると北峰に登る気が起きないのが分かります。
冷池小屋ではしっかり靴を脱いで食堂でラーメンをいただき、トイレも借りました。
泊まりたい誘惑に打ち勝ちいざ出発。
爺が岳に登ってみると中峰と書いてある。?!
ということは手前にもピークがあったのか。
北峰を飛ばしてしまった。
山頂には興味がありませんが、巻くという卑怯な真似はしたくないのです。
と行って戻る気はさらさらないので(笑)南峰は稜線通しに踏みました。
種池山荘に着いたときはガスの中でしたが、翌日(今日)は快晴でした。
少し稜線を戻り写真撮影ののち出発。
大嫌いな下りはよく整備された道で3時間弱で扇沢のバス停に辿り着き8時55分のバスに乗れました。
しかし登山口からの扇沢への登り返しはタッチの差でバスが出発してしまったらと想像すると拷問でした。
途中大町温泉郷薬師の湯により、11時15分発長野行きのバスで爆睡の中、長野駅に着き、最後はルグラン?に乗って帰京しました。
折角奮発したのに窓際一人シートを縦に二つ取ったらかみさんに怒られました。
そうか、やはりラブラブなのだ。
追伸
大町温泉郷のバス停にあるケーキ屋さんはコーヒーも飲めます。
私たちは気がつくのが遅く、店頭でプリンとシュークリームを掻き込んでお終いでした。


訪問者数:375人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/11
投稿数: 232
2017/8/13 8:10
 縦2列はうちではタクシ−形式と言います(笑)
おくさんと2人で素敵な山行ですね。
それにしても、borav64m先輩が1泊2食の大名山行とは。
てっきり、先輩の事ですから、テント山行と思ってました
ところで、縦2列は我が家ではタクシー形式と呼ばれており、かみさんを車に乗せて駅まで送っていくときは、かみさんはなぜか後部座席に好んで乗ります
登録日: 2014/4/2
投稿数: 496
2017/8/13 15:35
 Re: 縦2列はうちではタクシ−形式と言います(笑)
最近は積雪期以外は一泊二食場合によってはお弁当付きです。
若かりし頃30キロを背負って走っていたのが信じられません。
尤も今は平時でも20キロの断熱材を纏っていますので、背負えるのは10キロです。
大病をしても体重が減らないのは如何なものか。

タクシー形式にはコメントを差し控えさせていただきます。(笑)
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ