ヤマレコ

記録ID: 1215099 全員に公開 沢登り八幡平・岩手山・秋田駒

大深沢のナイアガラ滝を訪ねて

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間25分
休憩
45分
合計
8時間10分
S樹海ライン大ノ助沢入渓点05:2006:30稜線08:10大深沢三つ又08:35ナイアガラ滝08:5510:50北ノ又沢源頭草原11:0012:20大深山荘12:3513:10樹海ライン赤川入渓点13:30樹海ライン大ノ助沢入渓点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ルートはあえて載せません。2万5千図を見てもらえば分かります。

写真

大ノ助沢を30分くらい遡行して最初の滝が現れます。
2017年08月05日 05:47撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ノ助沢を30分くらい遡行して最初の滝が現れます。
1
次の滝は2段で下はナメ状。
2017年08月05日 05:56撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の滝は2段で下はナメ状。
1
3番目の最後の滝は5m位。大ノ助沢は難しい沢ではありません。
2017年08月05日 06:12撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3番目の最後の滝は5m位。大ノ助沢は難しい沢ではありません。
1
源頭付近から下方を望みます。この付近でバイケイソウを誰かが踏み荒らした跡があり、少しビビります。
2017年08月05日 06:19撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源頭付近から下方を望みます。この付近でバイケイソウを誰かが踏み荒らした跡があり、少しビビります。
1
藪こぎの末、𡸴岨森の北のコルに到着。藪こぎ中に縦走中の方を驚かせたようで失礼しました。ここから反対側の仮戸沢に再び藪こぎに入ります。
2017年08月05日 06:32撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪こぎの末、𡸴岨森の北のコルに到着。藪こぎ中に縦走中の方を驚かせたようで失礼しました。ここから反対側の仮戸沢に再び藪こぎに入ります。
2
10分位で沢筋に出て最初の滝です。簡単に降りれますし、これ以降出合まで困難な所はありません。
2017年08月05日 06:51撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分位で沢筋に出て最初の滝です。簡単に降りれますし、これ以降出合まで困難な所はありません。
1
大深沢に到着。いわゆる三つ又です。正面は降りて来た仮戸沢です。
2017年08月05日 08:08撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大深沢に到着。いわゆる三つ又です。正面は降りて来た仮戸沢です。
1
三つ又の真ん中の北ノ又沢です。これを登ります。
2017年08月05日 08:09撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ又の真ん中の北ノ又沢です。これを登ります。
1
北ノ又沢の右手に東ノ又沢が合流します。
2017年08月05日 08:09撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ又沢の右手に東ノ又沢が合流します。
1
三つ又から下流を望みます。ここから少し下って、通称ナイアガラ滝と呼ばれている滝を見に行きます。そこまではきれいなナメが続きます。
2017年08月05日 08:10撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ又から下流を望みます。ここから少し下って、通称ナイアガラ滝と呼ばれている滝を見に行きます。そこまではきれいなナメが続きます。
1
川幅いっぱいに広がるナイアガラ滝です。レンズが曇っていたようで滲んでいます。上から見た時は大したことないと思いましたが、下から見上げると確かに迫力はあります。
2017年08月05日 08:37撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川幅いっぱいに広がるナイアガラ滝です。レンズが曇っていたようで滲んでいます。上から見た時は大したことないと思いましたが、下から見上げると確かに迫力はあります。
4
滝上のナメを戻ります。非常に気持ちのよいところです。
2017年08月05日 08:54撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝上のナメを戻ります。非常に気持ちのよいところです。
1
北ノ又沢に入ってもナメが続きます。
2017年08月05日 09:07撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ又沢に入ってもナメが続きます。
1
ナメを快適に登って行きます。
2017年08月05日 09:13撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメを快適に登って行きます。
北ノ又沢に入って最初の滝です。この滝の左にも側壁から落ちている滝があります。
2017年08月05日 09:18撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ又沢に入って最初の滝です。この滝の左にも側壁から落ちている滝があります。
1
最初の滝を登るとすぐにまた滝が現れます。
2017年08月05日 09:21撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の滝を登るとすぐにまた滝が現れます。
最初の滝上から振り返ると、側壁の滝が豪快に落ちているのが望めます。
2017年08月05日 09:21撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の滝上から振り返ると、側壁の滝が豪快に落ちているのが望めます。
この滝も簡単に越えられます。
2017年08月05日 09:27撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝も簡単に越えられます。
これも簡単に越えられます。
2017年08月05日 09:35撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも簡単に越えられます。
ところどころきれいなナメも現れます。日差しが強くなってきて暑くなってきました。
2017年08月05日 10:00撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころきれいなナメも現れます。日差しが強くなってきて暑くなってきました。
最後の滝らしい滝です。
2017年08月05日 10:34撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の滝らしい滝です。
1
ツメ近くの左岸にある湿原記号に着きました。残念ながら乾燥化が進んで草原状態です。
2017年08月05日 10:53撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツメ近くの左岸にある湿原記号に着きました。残念ながら乾燥化が進んで草原状態です。
1
同部から𡸴岨森を振り返ります。しかしここからのルートどりを誤ったようで、激しい藪に阻止され、予想外に時間を取られました。
2017年08月05日 10:53撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同部から𡸴岨森を振り返ります。しかしここからのルートどりを誤ったようで、激しい藪に阻止され、予想外に時間を取られました。
1
直線距離で500mしかない大深山荘まで、1時間30分かかってしまいました。ここより赤川を下って樹海ラインにでます。
2017年08月05日 12:22撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直線距離で500mしかない大深山荘まで、1時間30分かかってしまいました。ここより赤川を下って樹海ラインにでます。
1
赤川自体は特に難所もない沢で樹海ラインに降りれます。ただし、ここから大ノ助沢の入渓点に停めた車まで1キロちょっと歩かなければなりません。
2017年08月05日 13:10撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤川自体は特に難所もない沢で樹海ラインに降りれます。ただし、ここから大ノ助沢の入渓点に停めた車まで1キロちょっと歩かなければなりません。
3

感想/記録
by ankota

大深沢の大滝、通称ナイアガラ滝と北ノ又沢の上流の湿原記号が気になっていました。週末ごとに天気が悪く、なかなか実行に移せなかったのがようやく達成することができました。
大深沢は下から遡行したいのですが、泊まりがけで行くことが出来ないので、日帰り可能なルートとして、大ノ助沢遡行、仮戸沢下降、ナイアガラ滝往復、北ノ又沢遡行、赤川下降というルートを設定。このルートだとほとんど登山道を歩かなくても済むことがメリット。ただし車道を歩かなくてはならないのがデメリット。
訪問者数:155人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/7/18
投稿数: 210
2017/8/6 16:26
 「人間です」とおしゃった熊さんですか?
ankotaさん。初めまして。お顔を拝見出来ず残念でしたか先を急いでおりましたのでお先に失礼致しました。言葉を話される熊さんに一目お会いしたかったです。(笑)

お声掛け(私は正確には吠えただけ)した地点から約700mほど大深山荘へ進んだ笹薮、登山道秋田側でも物音が....こちらは本物の熊でした。姿は見えませんが獣臭と微かな鳴き声で)

熊より体力的に弱い人間(老婆等)には熊は襲い掛かるようです。
私も加齢臭バンバンなので熊に狙われているのかも....wwww....

お互いに熊にはお気をつけて楽しい山旅を致しましょう。
これから狩猟のシーズン。間違えられて鉄砲撃ちに撃たれないようにご自愛ください。(実家にも散弾銃ありますが、私は免許無いです。血を見るのがキライ)

義久
登録日: 2013/5/18
投稿数: 169
2017/8/6 17:22
 Re: 「人間です」とおしゃった熊さんですか?
ギキュウさん、コメント有難うございます。
ヤブの中から「人間でーす!」と間の抜けた声を出した熊です。

そろそろ登山道に出るはずと思いながらヤブこぎしていたら、上から何やら吠える声。どう聴いてもホンモノの動物の声とは思えず、「これは間違えられているな」と思い、どうせならコッチも唸り声で返事しようかと思いましたが、結局間の抜けた返事をしてしまいました。

ギキュウさんだったんですね、お会いできなくて残念です。今度ヤブこぎ中に吠えられたら「アンコタでーす」と返事しますね(本当に熊だったりして)。
登録日: 2015/7/18
投稿数: 210
2017/8/6 22:45
 Re[2]: 「人間です」とおしゃった熊さんですか?

関連する山の用語

左岸 コル バイケイソウ 出合 草原
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ