また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1218144 全員に公開 ハイキング積丹・ニセコ・羊蹄山

羊蹄山 ひらふ登山口 7合目までで撤退

日程 2017年08月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口までレンタカー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
1時間51分
合計
5時間39分
S半月湖野営場05:5206:13風穴06:2706:32比羅夫コース2合目06:4106:57比羅夫コース3合目06:5807:14比羅夫コース4合目07:2007:43比羅夫コース5合目07:4908:09比羅夫コース6合目08:3008:51比羅夫コース7合目09:0809:28比羅夫コース6合目09:45比羅夫コース5合目09:4710:09比羅夫コース4合目10:1810:28比羅夫コース3合目10:40比羅夫コース2合目10:4710:51風穴11:0111:21半月湖野営場11:3011:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下りは滑りやすいです。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

ひらふ登山口からスタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひらふ登山口からスタートです。
辛い道のりの始まりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辛い道のりの始まりです。
最初、京極コースを行こうと思っていたのですが、比羅夫コースで自分の甘さに気づきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初、京極コースを行こうと思っていたのですが、比羅夫コースで自分の甘さに気づきました。
2合目まででも結構疲れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目まででも結構疲れました。
なんか疲れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか疲れます。
四合目。もうやめたくなって来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目。もうやめたくなって来ました。
とりあえず、五合目まで行こうと頑張りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、五合目まで行こうと頑張りました。
1
昨日登ったニセコアンヌプリが見えますが、昨日見た羊蹄山のようにはきれいに見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日登ったニセコアンヌプリが見えますが、昨日見た羊蹄山のようにはきれいに見えません。
2
とにかく、6合目にたどり着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく、6合目にたどり着きました。
ここまで来て、もうやめた。
とにかく、今日はものすごく疲れています。
病み上がりと、下りで膝が痛くなる心配があったので、ここで安全を取りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来て、もうやめた。
とにかく、今日はものすごく疲れています。
病み上がりと、下りで膝が痛くなる心配があったので、ここで安全を取りました。
1
下りはとにかく脚に来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはとにかく脚に来ます。
こんなのは全然良い下りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなのは全然良い下りでした。
一合目半。半かぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目半。半かぁ。
ようやっと一合目。
しかし、油断禁物。登山口直前で、なんと不覚の左足首捻挫。
少なくとも一週間登山禁止ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやっと一合目。
しかし、油断禁物。登山口直前で、なんと不覚の左足首捻挫。
少なくとも一週間登山禁止ですね。

感想/記録

正直言って、途中やめした記録を公開するのは恥ずかしいのですが、まあ、正直な自分の記録ということで。

朝5時前に宿を出発して、5時30分に比羅夫登山口に到着しました。
出発は、5時52分頃で、今日は、雨は降らないですが、そんなに天気が良いという感じでもありません。
病み上がりであったことと、昨日、調子に乗ってニセコアンヌプリとチセヌプリの二座登り、脚の疲労と左膝痛があったので、
なんとなく弱気な感じでした。結局、途中でやめてしまいました。

登山口で入林届を記入して、歩き初めます。蒸し暑くて、歩くと汗がどんどんとでてきます。
色々と調べていて知っていたのですが、とにかく単調な道が続いて、2合目まででも結構しんどいです。
とにかく頑張ろうということで進んで行くのですが、4合目を過ぎてから、どんどんときつくなってきます。
病み上がりと昨日の脚の疲労で、登るのが嫌になってきて、やめたい気持ちがどんどん湧いてきます。

さらに、蒸し暑いので、喉がすぐに乾きます。凍らせた麦茶を買ってきてよかったです。
凍った麦茶に水を入れて、冷たい水をつくって、喉の渇きを癒やしました。冷えた水は本当に喉の乾きを癒やしてくれます。

最初は、京極コースを登ろうと思っていたのですが、脚の疲れを考えて、比羅夫コースにして良かったと思いました。
比羅夫コースでも今日の自分にはとてもしんどいのに、京極コースは今日は無理だと思いました。
4合目を過ぎで、登りもきつくなってきますが、まあ登れないことはないのですが、登りよりも下りの方が心配になってきました。

今日は7合目まで到達して、とにかく心が折れたので、下山することにしました。
下山はとにかくすべるので、ゆっくりと降りないといけないので、これもまた辛かったです。
すべってこけて打撲でもすると、それはそれで嫌なので、かなり注意して歩いていました。
7合目までの往復ですが、正直、楽しくない山登りと下りだなと思っていました。
ニセコアンヌプリも、そんなにはきれいに見えなかったので、楽しいことはあまりありませんでした。

なんとか気長にゆっくりと下山して、登山口まであともう少しというところで、
なんと左足首をおもいっきり捻挫してしまいました。
ふと道を見ずに登山口の方を見て歩いている時に、道のくぼみでグキッとやってしまいました。
こんな捻挫は久しぶりで、下山後もセイコマートの氷で、おもいっきり冷やしていました。
捻挫から2日たっても、まだまだ足首と足の甲が腫れていました。

酷い捻挫をする時は、いつも決まって、登山口の手前の比較的平らな道で、ふと前に目をやって道から目を離した時に、道の凹みで足を取られるというのがパターンです。
当分は安静にしていないといけません。骨が折れていないのがせめてもの救いかもしれません。

今日の7合目の往復では、体の疲労感が比較的少なかったので、体調が万全であれば、登るのはなんとかなったと思います。
訪問者数:200人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

撤退
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ