また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1218261 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

蔵王(大黒天〜熊野岳)

日程 2017年08月06日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候快晴(下山し終わるころにガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宮城側からエコーラインを上り、午前6時過ぎに大黒天駐車場に到着。その時点で先に停まっていたのは2台。下山時は20台ほど駐車していましたが、まだ余裕がありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間36分
休憩
35分
合計
4時間11分
S大黒天登山口06:4307:20剣ヶ峯07:32刈田岳避難小屋07:38刈田岳07:4107:45蔵王レストハウス内避難小屋07:4708:11馬の背08:26馬の背分岐08:2708:39蔵王山08:4108:44熊野岳08:4608:51蔵王山08:5708:57熊野岳08:58蔵王山09:0209:09熊野岳09:09蔵王山09:17熊野十字路分岐09:20熊野岳避難小屋09:33馬の背09:54蔵王レストハウス内避難小屋10:0910:12刈田岳10:16刈田岳避難小屋10:24剣ヶ峯10:53大黒天登山口10:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
とくになし。
その他周辺情報遠刈田温泉(神の湯)
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ
共同装備 お湯

写真

きょうはあそこへ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きょうはあそこへ!
1
息子と2人で登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子と2人で登ります。
2
大黒天登山口。ここから登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒天登山口。ここから登ります。
終始、雲海が絶景でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終始、雲海が絶景でした。
1
刈田岳までは開けた階段や、こんな感じの緑に囲まれた階段を行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈田岳までは開けた階段や、こんな感じの緑に囲まれた階段を行きます。
樹林帯が開けると青空がしみる!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯が開けると青空がしみる!
1
それにしても雲海が幻想的で何度も振り返りながら登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても雲海が幻想的で何度も振り返りながら登りました。
1
まず目指す最初のピーク、刈田岳がだいぶ近づいてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず目指す最初のピーク、刈田岳がだいぶ近づいてきました。
1
息子もまだ足取り軽く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子もまだ足取り軽く。
1
お釜が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お釜が見えてきました
1
刈田岳まであと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈田岳まであと少し!
アサギマダラがたくさんいました。こんなチョウが2千キロも旅をするなんてすごい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサギマダラがたくさんいました。こんなチョウが2千キロも旅をするなんてすごい。
2
刈田岳の避難小屋が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈田岳の避難小屋が見えてきた
刈田岳到着!これから行く熊野岳とお釜(と息子)のコラボ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈田岳到着!これから行く熊野岳とお釜(と息子)のコラボ。
2
朝日岳でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳でしょうか
刈田嶺神社。立派なお社ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈田嶺神社。立派なお社ですね
展望台からのお釜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からのお釜
1
そんなわけで熊野岳へ向かいます。しばらくは砂利道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなわけで熊野岳へ向かいます。しばらくは砂利道。
砂利道を抜けてもなだらかな歩きやすい登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂利道を抜けてもなだらかな歩きやすい登山道
レストハウスを振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レストハウスを振り返ります
雲海に浮かぶお釜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶお釜
目的地がだいぶ近づきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地がだいぶ近づきました
お釜の湖面に立った波がキラキラと輝きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お釜の湖面に立った波がキラキラと輝きます
1
あのお釜の先から登ってきたんですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのお釜の先から登ってきたんですね
2
熊野岳と避難小屋の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野岳と避難小屋の分岐
避難小屋への直登か・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋への直登か・・・
きょうは熊野岳へトラバース気味に登っていく道へ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きょうは熊野岳へトラバース気味に登っていく道へ!
ほとんど疲れずに登ってきたけど、レストハウスがあんな遠くに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど疲れずに登ってきたけど、レストハウスがあんな遠くに
蔵王山神社が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蔵王山神社が見えてきました。
熊野岳山頂到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野岳山頂到着!
4
きょうはサーモスのお湯でカップラーメン。息子も最後の一滴まで飲み干した。大きくなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きょうはサーモスのお湯でカップラーメン。息子も最後の一滴まで飲み干した。大きくなった。
2
自分は「QTTA」を食べて「くった〜」と言ったところで下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分は「QTTA」を食べて「くった〜」と言ったところで下山開始。
1
これは避難小屋の跡かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは避難小屋の跡かな?
帰りは避難小屋経由。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは避難小屋経由。
息子もスタスタと先を行くようになりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子もスタスタと先を行くようになりました
う〜ん、雲が上がってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん、雲が上がってきた。
剣が峰のあたりからガスり〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰のあたりからガスり〜
登山口まで戻ってきました〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました〜
きょうもお疲れ様!よくがんばった!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きょうもお疲れ様!よくがんばった!
1
帰りは遠刈田温泉「神の湯」・・・からのポケモンセンタートウホク。息子へのご褒美ですが、蔵王登山よりポケセンで入店待ちと会計待ちで並んだ2時間のほうが疲れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは遠刈田温泉「神の湯」・・・からのポケモンセンタートウホク。息子へのご褒美ですが、蔵王登山よりポケセンで入店待ちと会計待ちで並んだ2時間のほうが疲れました。
1

感想/記録
by kzskzs

1カ月以上ぶりの山行は、ポケモンセンタートウホク行きをねだる息子の要望と両立させるために蔵王へ。

大黒天からゆっくり登って往復4時間。快適かつ絶景を楽しめる楽しいひと時でした。

朝5時過ぎに福島市の自宅を出て、東北自動車道経由で白石ICへ。てんくらではバッチリAなのに、どんより曇天にがっかりしながらエコーラインを登っていくと、こまくさ平のちょっと手前で突然雲が切れて紺碧の空。

振り返るとどこまでも続く雲海が神秘的で幻想的でした。息子と「あの上を歩けそうだね〜」と感動しながら、何度も振り返りながら登りました。

息子さんは最初少し飛ばしすぎて、帰りは少しへばり気味・・・お盆には息子と2人で木曽駒ケ岳か西穂高に行くつもりでしたが、これでは少し厳しいかなぁ・・・と思っていたら、ポケモンセンターでは飛び回っていたので、大丈夫そうかな。
訪問者数:603人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/6
投稿数: 135
2017/8/8 21:38
 微笑ましい親子連れですね!
こんばんは。
熊野岳山頂で写真を撮り合った者です。
いい天気でしたね。
きっかけはどうであれ父親に付き合ってくれる息子さん、
いいじゃないですか。山行の度に成長が見れるようで
楽しみですね。とっくに子育てが終わった身としては
羨ましい限りです。

避難小屋の先まで行ってから戻ると、コマクサが見れましたよ。
登録日: 2013/8/11
投稿数: 1
2017/8/9 9:30
 Re: 微笑ましい親子連れですね!
こんにちは。あの時はありがとうございました!
おかげでとてもよい記念の写真がとれました。
まさかヤマレコユーザーさんだったとは

いつも家でテレビを見たいという息子を無理やり連れ出すんですが、それでもついてきてくれることには感謝ですね。

またどこか山の上でお会いできれば^^

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ