また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1218769 全員に公開 沢登り増毛・樺戸

群別川

日程 2017年08月03日(木) 〜 2017年08月04日(金)
メンバー
 grpn(CL)
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間5分
休憩
0分
合計
9時間5分
Sスタート地点06:5115:56宿泊地
2日目
山行
11時間17分
休憩
0分
合計
11時間17分
宿泊地05:3716:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログは2日目朝~Co760二股までとってないです。
コース状況/
危険箇所等
1日目 7:00林道途中で駐車→7:25林道終点→8:25Co360入渓→11:00Co490屈曲ゴルジュ→13:20ふんどしの滝下→14:30ふんどしの滝上ゴルジュ通過→15:35予定テンバ手前のCo747=C1
2日目 5:10C1発→5:35Co760二股→6:00Co800滝,6:15→6:50C1,7:15→12:00Co530二股→15:00林道跡→16:10林道終点→16:50駐車場=下山

 前回と同様、ゲートは開いていて途中まで行けた。林道終点で敢えて奥まで行かずに入渓する。青いテープがあったのでそこから斜面を降り始める。が、うまいこと行かずabした。入渓。ふんどしの滝までは河原歩き。Co515に小滝あり、巻き容易。屈曲ゴルジュはよく覚えていないが、右岸巻き容易だった。ふんどしの滝は左岸にfixあった。上級生なら単純に掴んで登ると思う。今回はPKの足を考慮し、また練習がてらリードすることにした。Lリードで木で支点とった。同滝の上のゴルジュは函、函滝、函□函滝△箸覆辰討い襦最初の函,魃砲い波‖讚,鬚悗弔辰燭蠅助け紐出したりして上った。左岸巻きの終わりにfixあった。函+函滝△枠羈單容易な右岸巻き。そこからしばらく河原歩きしてC1につくも、実は予定より少し手前だった。手前の枝沢分岐の左岸で張った。4人までだと思う。結構快適。

 2日目、ピークはいかないことにしたが、予定テン場+αまでは行くことにした。予定テン場地点にはテン場はよくわからなかった。Co800まで行ってしまってダラダラして帰った。帰りは函滝+函△榔Υ澳き。函滝,魯Εータースライダー。ふんどしの滝は左岸abした。さらにダラダラ歩いて林道跡復帰の枝沢と定めた地点についた。踏みあとらしきものが見えるが途中で切れた。藪漕いで林道復帰を目指す。偵察したりなんやかんやでやっとこさ林道跡復帰。本来の復帰の枝沢と違う沢を歩いてしまったので参考にしないよう注意されたし。
その他周辺情報周囲のコンビニはセコマ
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

カメラを向けられると画面を広く使おうとする人たち
2017年08月02日 10:52撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラを向けられると画面を広く使おうとする人たち
ふんどしの滝
2017年08月02日 13:16撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふんどしの滝
焚火スキルの欠如により吹いた瞬間しか燃え上がらない
2017年08月02日 19:04撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焚火スキルの欠如により吹いた瞬間しか燃え上がらない
テン場と3人テント
2017年08月03日 05:10撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場と3人テント
1
たぶんCo800滝
2017年08月03日 05:57撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶんCo800滝
訪問者数:335人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

テント 林道 右岸 左岸 テン ゴルジュ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ