また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1225001 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

念願の尾瀬ハイク♪快晴の燧ケ岳に登りました

日程 2017年08月10日(木) 〜 2017年08月11日(金)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
大清水駐車場利用(1,000円/2日間)
大清水〜一ノ瀬間バス利用(700円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間45分
休憩
50分
合計
8時間35分
S一ノ瀬休憩所06:4507:37三平峠(尾瀬峠)07:55三平下(尾瀬沼山荘)08:15長蔵小屋08:2509:08長英新道分岐09:451合目11:15ミノブチ岳11:3511:4512:00燧ヶ岳12:3015:10見晴新道分岐15:20弥四郎小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書きです。
2日目は別にアップしてます。
コース状況/
危険箇所等
長英新道…登山口から5合目付近までぬかるみあり(想像の範囲内('ω')ノ)
見晴新道…山頂からしばらくは問題ないが樹林帯に入るとヒドイぬかるみが登山口まで続いていました(想像を大きく上回る悪道でした((+_+)))
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

大清水からまずはバスで一ノ瀬まで
晴れ間にテンション上がります!(^^)!
2017年08月10日 06:25撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大清水からまずはバスで一ノ瀬まで
晴れ間にテンション上がります!(^^)!
1
一ノ瀬からスタート
振り返って、バスが見えます。
一ノ瀬休憩所は本年休業とのこと。
でもきれいなトイレがありました。
2017年08月10日 06:44撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ瀬からスタート
振り返って、バスが見えます。
一ノ瀬休憩所は本年休業とのこと。
でもきれいなトイレがありました。
はじめは沢沿いを緩やかに登っていきます。
沢の水量が半端ないです。
台風の後ですからね。
2017年08月10日 06:46撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじめは沢沿いを緩やかに登っていきます。
沢の水量が半端ないです。
台風の後ですからね。
道は整備されていて登りやすいです。
2017年08月10日 07:04撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は整備されていて登りやすいです。
三平峠近くなると木道が出始めます。
滑りやすいので注意です。
2017年08月10日 07:45撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三平峠近くなると木道が出始めます。
滑りやすいので注意です。
三平峠を越えると尾瀬沼に向かって下っていきます。
左手に尾瀬沼!燧ケ岳もくっきり見えます!
2017年08月10日 07:53撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三平峠を越えると尾瀬沼に向かって下っていきます。
左手に尾瀬沼!燧ケ岳もくっきり見えます!
1
尾瀬沼山荘に到着です。
ベンチが沢山あって休憩に最適かな。でも燧ケ岳が見られないので先を急ぎます。
2017年08月10日 07:53撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼山荘に到着です。
ベンチが沢山あって休憩に最適かな。でも燧ケ岳が見られないので先を急ぎます。
絶景です!
人生二度目の尾瀬沼です。(一度目は幼少のころらしいので覚えてませんが( ;∀;))
2017年08月10日 07:56撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景です!
人生二度目の尾瀬沼です。(一度目は幼少のころらしいので覚えてませんが( ;∀;))
1
見本のような素晴らしい景色に感激です。
こんなに青い空は久しぶりに見ました(*^^)v
2017年08月10日 07:57撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見本のような素晴らしい景色に感激です。
こんなに青い空は久しぶりに見ました(*^^)v
7
よく整備された木道です。
時々どろどろの道もありますけど快適です。
2017年08月10日 07:59撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく整備された木道です。
時々どろどろの道もありますけど快適です。
人も少なく静かな空間。
時期的に花は少ないですが緑が美しい
2017年08月10日 08:10撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人も少なく静かな空間。
時期的に花は少ないですが緑が美しい
1
長蔵小屋脇より
さっきより燧ケ岳が近づきました。
あの山の頂にアタックします!
2017年08月10日 08:13撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長蔵小屋脇より
さっきより燧ケ岳が近づきました。
あの山の頂にアタックします!
3
ビジターセンタ前でゲイター装着し登山道へ進みます。
これぞ尾瀬!の風景ですね。
3年ぶりの尾瀬はやっぱり素晴らしい景色です。
2017年08月10日 08:23撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンタ前でゲイター装着し登山道へ進みます。
これぞ尾瀬!の風景ですね。
3年ぶりの尾瀬はやっぱり素晴らしい景色です。
コオニユリ
鮮やかなオレンジ色ですっとした姿が素敵です。
今がピーク?沢山咲いていました。
2017年08月10日 08:23撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コオニユリ
鮮やかなオレンジ色ですっとした姿が素敵です。
今がピーク?沢山咲いていました。
2
沼山峠分岐にて
2017年08月10日 08:27撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼山峠分岐にて
長英新道分岐
道標が倒れています。要注意です。
2017年08月10日 09:09撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長英新道分岐
道標が倒れています。要注意です。
噂通りぬかるみの多い長英新道です
2017年08月10日 09:12撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂通りぬかるみの多い長英新道です
大きな水たまりになっている箇所もあります。
転ばないように慎重に進みます。
2017年08月10日 09:27撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな水たまりになっている箇所もあります。
転ばないように慎重に進みます。
50分ほど歩いたところで「1合目」
え?まだイチゴウメ!?
衝撃でした( ゜Д゜)
2017年08月10日 09:44撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50分ほど歩いたところで「1合目」
え?まだイチゴウメ!?
衝撃でした( ゜Д゜)
道が狭まってきますが5合目付近までぬかるんでいます。
2017年08月10日 09:56撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が狭まってきますが5合目付近までぬかるんでいます。
階段が出始めました。
予想外の晴天で日差しが暑い!
2017年08月10日 10:26撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段が出始めました。
予想外の晴天で日差しが暑い!
左手に尾瀬沼が!
2017年08月10日 10:29撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に尾瀬沼が!
時々現れる階段。
青空に導かれるように進みます。
2017年08月10日 11:07撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々現れる階段。
青空に導かれるように進みます。
8合目・ナデッ窪分岐
右手に燧ケ岳・左手に尾瀬沼が見える絶景ポイントでした。
山頂付近にいる人達がはっきり見えます。
2017年08月10日 11:08撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目・ナデッ窪分岐
右手に燧ケ岳・左手に尾瀬沼が見える絶景ポイントでした。
山頂付近にいる人達がはっきり見えます。
1
あと少し。
2017年08月10日 11:10撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し。
もうすぐ山頂。振り返ると先ほどの8合目の広場が。
あんなに離れてたんだ!
湿原〜尾瀬沼がはっきりとみられます。
2017年08月10日 11:29撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂。振り返ると先ほどの8合目の広場が。
あんなに離れてたんだ!
湿原〜尾瀬沼がはっきりとみられます。
2
最後の登りは大きな岩の道。
トンボが多数飛んでました。
2017年08月10日 11:29撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りは大きな岩の道。
トンボが多数飛んでました。
俎到着。大きな岩だらけの山頂。
360度の絶景♪
2017年08月10日 11:35撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎到着。大きな岩だらけの山頂。
360度の絶景♪
お隣、柴安瑤見えます。
あちらが燧ケ岳最高峰!
行くぞ〜〜
2017年08月10日 11:43撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お隣、柴安瑤見えます。
あちらが燧ケ岳最高峰!
行くぞ〜〜
燧ケ岳登頂!!!(#^^#)
2017年08月10日 12:02撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳登頂!!!(#^^#)
2
尾瀬ケ原方面
至仏山まではっきりと望めます。
広大な湿原が広がっていて、これぞ尾瀬な景色ですね。
2017年08月10日 12:04撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ケ原方面
至仏山まではっきりと望めます。
広大な湿原が広がっていて、これぞ尾瀬な景色ですね。
絶景を見ながらのランチタイムは至福の時でした♪
2017年08月10日 12:17撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を見ながらのランチタイムは至福の時でした♪
では、本日のお宿のある見晴へ向かいます。
見晴新道の評判は聞いているので覚悟して進みます。
2017年08月10日 12:34撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、本日のお宿のある見晴へ向かいます。
見晴新道の評判は聞いているので覚悟して進みます。
ドロドロ・・・
ずぼずぼと足を取られます。
ブーツは泥んこです。
2017年08月10日 13:04撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドロドロ・・・
ずぼずぼと足を取られます。
ブーツは泥んこです。
進んでも進んでも足元のコンディションは変わらず。
想像以上の道に閉口&疲労度倍増でした((+_+))
2017年08月10日 14:07撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んでも進んでも足元のコンディションは変わらず。
想像以上の道に閉口&疲労度倍増でした((+_+))
結構歩いたつもりでもなかなか進みません。
ちょいちょい看板が木に括り付けられています。
2017年08月10日 14:25撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構歩いたつもりでもなかなか進みません。
ちょいちょい看板が木に括り付けられています。
結局、登山口まで泥道でした。
最後は川になっていました(*_*)
登りと同じくらいの時間をかけて降りてきました。
2017年08月10日 14:50撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、登山口まで泥道でした。
最後は川になっていました(*_*)
登りと同じくらいの時間をかけて降りてきました。
登山口に到着。
とにかくホッとしました。
全力を出し切りました…( ;∀;)
2017年08月10日 15:09撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。
とにかくホッとしました。
全力を出し切りました…( ;∀;)
尾瀬らしい木道に復帰。
たとえは悪いですが地獄から天国に来た感じ…。
2017年08月10日 15:15撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬らしい木道に復帰。
たとえは悪いですが地獄から天国に来た感じ…。
無事見晴に到着!
2017年08月10日 15:19撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事見晴に到着!
いつの間にか曇り空。
下るのに必死で青空が消えてたこと気づかなかったよ…。
2017年08月10日 15:21撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか曇り空。
下るのに必死で青空が消えてたこと気づかなかったよ…。
1

感想/記録
by sei41

念願の尾瀬に行ってきました♪
昨年は天候とタイミングが合わず断念しましたが、今年こそはと雨覚悟で1泊2日で歩いてきました。結果、台風通過後ということで登山道のぬかるみには苦労しましたが初日は快晴!、二日目も時折青空ありという天候に恵まれて楽園を大満喫することができました!

当初は、「1日目燧裏林道を歩いて見晴しへ、2日目天気がよければ燧ケ岳へ」と考えていましたが、大清水に到着した時点で青空が!尾瀬沼に到着した時点で燧ケ岳にアタックしようと決めました。

長英新道〜燧ケ岳
まず、登山口を一度スルーしてしまった。20分ほど余計に歩いてしまいました。分岐の道標が折れて下に置いてあったのです(*_*)ま、言い訳です。ちゃんと見てなかったからですね。
ただ、翌日も含めて道標が折れて倒れている箇所が多数ありました。

登り始めはゆるやかな登りをひたすら進みます。ぬかるみが多く、倒木をつたって歩いたり結構苦労しました。50分ほど歩いたところで「1合目」の看板が出てきました「まだ1合目?」と…衝撃でした((+_+))
登山道が狭くなってくると傾斜もきつくなってきます。アザミのトゲのある葉っぱが両腕、両足にあたり、チクチク痛い道です。
8合目に出ると山頂がくっきり!尾瀬沼も美しい!
大きな石の登山道をぐっと上ると俎瑤謀着しました。
360度の絶景です。山頂は狭いので休憩は柴安瑤おすすめです。
一度下ってから急な坂道を登り返せば頂上です!
柴安瑤ら見る景色は絶景でした。
見晴〜尾瀬ヶ原〜至仏山に至る道がはっきりとみられます。
もちろん尾瀬沼方面の景色も!
尾瀬の湿原ってやっぱり美しいな〜とずっと見ていたい気分になりました♪

見晴新道〜見晴
山頂から見晴の山小屋が見えます。
見えるから近そうに見えたんですけどね〜( ゜Д゜)
今まで歩いた中で一番の悪道でした。
樹林帯に入ると、足元はひたすらぬかるみ、ずぼずぼ足がとられます。
ゲイター必須です。ず〜っと同じような道をひたすら下ります。ぬかるんでない場所はありません。コンディションが悪いとは知っていたので覚悟はしていたのですが想像以上のぬかるみに閉口しました(*_*)
なるべく転ばないように、早くゴールしたいよぉとそれだけ考えて下りました。
こちらのルートはおすすめしません。避けた方が身の為かと…
どうしても、という場合、私なら、下りより登りがいいです。でも足元はドロドロになること間違いなしです!

無事に見晴に到着し本当にほっとしました。
そして、初めての山小屋一人宿泊。
食事中に素敵な仲間に出会え、とても楽しい時間を過ごすことができました!(^^)!
皆さん、尾瀬をいろんなルートで歩いて楽しんでるんですね〜♪
みんなで見に行ったホタルもきれいでしたね。
ありがとうございました(#^.^#)
訪問者数:238人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 倒木 コオニユリ テン 道標 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ