また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1226354 全員に公開 ハイキング北海道

雨中の天塩岳

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道道101号線を進み、士別に天塩岳登山口の標識あり、林道に入り直進。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前天塩岳から天塩岳の区間は、新道コースに比べ、笹や這松が顔にうるさい所が若干多い。前天塩岳の登りは石がゴロゴロして登りにくい。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

立派な建物です。数台車止まっており、中に若い人が数人おられたが、今日は無理して行くこともないと言っていました。登山者名簿では、当日、私が最初。
2017年08月13日 06:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な建物です。数台車止まっており、中に若い人が数人おられたが、今日は無理して行くこともないと言っていました。登山者名簿では、当日、私が最初。
1
結構、揺れます。
2017年08月13日 13:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、揺れます。
連絡路分岐点まで、非常に歩きやすい道。
2017年08月13日 06:45撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連絡路分岐点まで、非常に歩きやすい道。
旧道分岐を前天塩岳の方に向かいます。
2017年08月13日 07:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道分岐を前天塩岳の方に向かいます。
最初は登り安い道。
2017年08月13日 07:59撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は登り安い道。
アキノキリンソウ
2017年08月13日 08:37撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
途中、石のゴロゴロした道で、思いの外疲れました。
2017年08月13日 09:18撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、石のゴロゴロした道で、思いの外疲れました。
2
天塩岳方面。視界がはっきりしません。
2017年08月13日 10:18撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天塩岳方面。視界がはっきりしません。
思いの外下り、200mほど登り返して、山頂。
2017年08月13日 10:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いの外下り、200mほど登り返して、山頂。
2
這松の海。こうゆう景色も好きなのですが、何ともこんな天気では・・・
2017年08月13日 10:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
這松の海。こうゆう景色も好きなのですが、何ともこんな天気では・・・
避難小屋。山頂では寒いので、ここで一服しました。
2017年08月13日 11:10撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋。山頂では寒いので、ここで一服しました。
1
新道分岐を連絡道を通って旧道へ行く。
2017年08月13日 12:19撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道分岐を連絡道を通って旧道へ行く。
1

感想/記録

前日の芦別岳は独り占めでしたので、今日はどうだろうかと、天塩ヒュッテに着くと、数台の車と人。たくさん登るんだと思っていたら、若い人たちは、キャンプを楽しむように泊まっておられて、登る様子はありませんでした。
登山届けでは、当日は私が最初でした。
昨日の芦別岳と同じかなと思って、登りました。

沢沿いの旧道と別れ、急登では、雨がひどくなり、足の踏ん張りが今一つで、前天塩岳を回避してトラバース道を行こうかと思うほどでした。
前天塩岳直下は、石がゴロゴロで歩きにくく体力を消耗しました。

また、天塩岳の稜線道は、ルンルン道かと思っていたのですが、笹や、這松で顔までうるさい感じでした。

天塩岳では、案の定、人はおらず、今日も一人かなと思っていました。

寒くて、展望なく、早々に引き上げようと、新道を下りかけると、一人登ってこられました。その後、丸山で一人。私が出会ったのは2人だけでした。

前天塩岳前後で意外なほど疲れて、雨の中、黙々と下りました。

這松の海を楽しみたかったのですが、この天候では・・・
訪問者数:127人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ