また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1227037 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

荒島岳 新・下山コースから

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
越前下山駅近くの駐車場に停めました。
駐車場にトイレは無いので道の駅などで済ませたほうがいいでしょう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
8分
合計
5時間49分
S越前下山駅06:1306:17新下山コース登山口08:47小ナベ09:00大ナベ09:16荒島岳09:2409:52大ナベ10:01小ナベ11:58新下山コース登山口12:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨が続いていたようで岩場、ロープがとても滑りやすかったです。
特に下りは注意が必要です。
その他周辺情報すぐ近くに九頭竜温泉があります。(大人600円)
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

駐輪場?の中に登山届けがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐輪場?の中に登山届けがあります。
簡単なコースマップがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡単なコースマップがありました。
少し道路を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し道路を歩きます。
この建物が目印のようです。
真ん中のスピーカーが付いてる電柱に案内標識があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この建物が目印のようです。
真ん中のスピーカーが付いてる電柱に案内標識があります。
建物の左側を抜けると登山口がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建物の左側を抜けると登山口がありました。
最初はちょっと急です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はちょっと急です。
すぐに落ち着きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに落ち着きます。
ロープが出てきたら、あとはひたすら急登です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープが出てきたら、あとはひたすら急登です。
急登の連続。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の連続。。。
急登が終わると見晴らしがいいはずの所に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が終わると見晴らしがいいはずの所に出ました。
この笹も滑って大変。
あと蛇がたくさんいました。
すぐに逃げてくれるので襲ってくることはなかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この笹も滑って大変。
あと蛇がたくさんいました。
すぐに逃げてくれるので襲ってくることはなかったです。
何度かニセピークっぽい所を通過し荒島岳に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度かニセピークっぽい所を通過し荒島岳に到着。
2
山頂は花がたくさん咲いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は花がたくさん咲いてました。
つつじが咲いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじが咲いてました。
1
何これ?
初めて見ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何これ?
初めて見ました。
1
結局このコースは誰も登ってなかったようです。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局このコースは誰も登ってなかったようです。。
白山に向かう途中に九頭竜ダムがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山に向かう途中に九頭竜ダムがありました。

感想/記録

今年の夏休みは北の方が天気が悪いらしいので西に向かいました。
天気予報では2日間天気がいいらしいので荒島岳と白山を狙います。
まずは荒島岳。
標高が低いので雲を抜けるか心配ですが。。

やっぱり福井県、群馬から遠かった。
6時間半かかって道の駅九頭竜に到着。
そこで2時間くらい仮眠をして、霧雨が降る中、越前下山駅から新下山コースを登ります。
最初は穏やかに普通の登山道を登りますが、ロープが出てくると一変、険しい急登が続きます。
雨で濡れてるので至る所が滑りまくります。
次に出てくるのが笹原です。
刈られた笹が、これまた滑ること滑ること。
おまけに蛇もいたりして全く気が抜けません。
あいにくガスを抜ける前に山頂に到着。
ちょっと待ってみたけど、晴れる気配が無いので下山します。
下山も笹や濡れた岩で滑りまくりでかなり大変でした。
結局この日、このコースは誰も登らなかったようです。

翌日は白山に登るため大白川ダムの所に駐車場に向かいます。
訪問者数:431人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ