また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1228488 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

戸隠連峰 西岳〜 戸隠奥社 縦走

日程 2017年08月17日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
大阪から夜行バスで長野駅。バスで鏡池入口下車でし、徒歩20分でスタート地点。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間39分
休憩
1時間16分
合計
7時間55分
Sスタート地点08:3109:37望岳台09:4711:08無念の峰11:3311:45第一峰11:5512:25西岳12:2513:05本院岳13:1214:53八方睨15:0115:16蟻の塔渡・剣の刃渡15:2915:51百間長屋15:5116:22戸隠神社奥社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
①登山口から天狗原
登山口からしばらく歩くと3回渡渉します。増水のため、シューズを濡らしてしまいました。岩が滑るので、注意が必要です。天狗原までは普通の登山道で特に危険箇所はありませんでした。

②天狗原から西岳
急斜面と鎖場の連続です。雨の場合は特に注意が必要と感じました。無念の峰からの垂直降下は、鎖と梯子が離れており足場が確保出来ないと危険だと感じました。コースで一番緊張した場所です。

③西岳から八方睨み
右側が落ちているのでずっと注意しながら進む必要があります。前日までの雨のせいと草が伸び放題で滑るし、藪漕ぎしながら足元の確保が必要でした。踏み外すと危険です。

④八方睨みから戸隠奥社
蟻の塔渡りははもちろんですが、そこからの鎖場の連続に十分注意が必要です。西岳の鎖場と比べると足場の確保がしやいと感じました。鎖場が終わってからも足元が滑ります。最後まで気が抜けませんでした。

2年ごとに登山道の草刈りをするそうです。今年2017年の秋に予定されています。藪漕ぎがなければもう少し楽に行けると思います。

鎖も定期的に点検されており、その点は安心でした。関係者の皆様のご尽力に感謝申し上げます。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

鏡池駐車場から徒歩5分、道の右側に登山口が現れました。
2017年08月17日 08:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡池駐車場から徒歩5分、道の右側に登山口が現れました。
川を3回渡ります。増水しており、シューズが濡れてしまいました。
2017年08月17日 08:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を3回渡ります。増水しており、シューズが濡れてしまいました。
天狗原です。ここまでは順調でした。前方にあるはずの西岳は全く見えません。
2017年08月17日 09:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原です。ここまでは順調でした。前方にあるはずの西岳は全く見えません。
西岳まではこんな天候でした。
2017年08月17日 10:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳まではこんな天候でした。
熊の遊び場。狭いです。
2017年08月17日 10:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の遊び場。狭いです。
1
うんざりするほどの鎖場の連続でした。
2017年08月17日 10:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うんざりするほどの鎖場の連続でした。
2
少しづつ天候が回復し、眺望が良くなってきました。
2017年08月17日 10:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しづつ天候が回復し、眺望が良くなってきました。
ここまでも順調。嫌な名前ですね〜
2017年08月17日 11:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでも順調。嫌な名前ですね〜
2
左に90度回転して見てください。左下に梯子が見えます。ここから垂直降下します。
2017年08月17日 11:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に90度回転して見てください。左下に梯子が見えます。ここから垂直降下します。
2
鎖を使って下降し、慎重に横にトラバースしながら梯子にたどり着きます。一瞬ですが今回一番の緊張の瞬間でした。
2017年08月17日 11:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖を使って下降し、慎重に横にトラバースしながら梯子にたどり着きます。一瞬ですが今回一番の緊張の瞬間でした。
1
左側から中央のギザギザの稜線を進みます。西岳の“ 蟻の門渡り ” です。
2017年08月17日 11:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側から中央のギザギザの稜線を進みます。西岳の“ 蟻の門渡り ” です。
西岳の蟻の塔渡り。足場があるので見た目より怖くはありませんでした。
2017年08月17日 11:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳の蟻の塔渡り。足場があるので見た目より怖くはありませんでした。
蟻の塔渡りからすぐの登り。
2017年08月17日 11:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟻の塔渡りからすぐの登り。
1
P1(第一峰)に着きました。
2017年08月17日 11:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1(第一峰)に着きました。
1
視界が悪いですが、右側は切れ落ちています。
2017年08月17日 11:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が悪いですが、右側は切れ落ちています。
1日中藪漕ぎでした。足元を確認しながら慎重に進みます。
2017年08月17日 11:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日中藪漕ぎでした。足元を確認しながら慎重に進みます。
西岳2053m、今回の最高峰です。
2017年08月17日 12:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳2053m、今回の最高峰です。
3
来た方向を振り返って撮影。西岳からは天気が回復し、眺望が素晴らしかったです。
2017年08月17日 12:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た方向を振り返って撮影。西岳からは天気が回復し、眺望が素晴らしかったです。
右側が切れ落ちています。
2017年08月17日 12:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側が切れ落ちています。
本院岳、2030m。
2017年08月17日 13:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本院岳、2030m。
2
左の雲のかかっているのが八方睨み(1900m)、奥は飯綱山ですね。本院岳から八方睨みは藪漕ぎがきつかった。
2017年08月17日 13:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の雲のかかっているのが八方睨み(1900m)、奥は飯綱山ですね。本院岳から八方睨みは藪漕ぎがきつかった。
こんな感じでずっと藪漕ぎでした。
2017年08月17日 14:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じでずっと藪漕ぎでした。
絶景!左側の上が八方睨みですね。そこからが最後の難関 “蟻の塔渡り”
2017年08月17日 14:46撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景!左側の上が八方睨みですね。そこからが最後の難関 “蟻の塔渡り”
八方睨み、予定時間をオーバーしたのと疲労が溜まっていたので戸隠山はパスしました。
2017年08月17日 14:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方睨み、予定時間をオーバーしたのと疲労が溜まっていたので戸隠山はパスしました。
1
蟻の塔渡りが見えます。
2017年08月17日 15:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟻の塔渡りが見えます。
1
八方睨みから蟻の塔渡りの下りです。登りより下りの方が倍怖いという投稿を読みましたが、どっちみち怖い(笑)安全のため、スパイダーマンのように四つん這いで慎重に進みました。
2017年08月17日 15:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方睨みから蟻の塔渡りの下りです。登りより下りの方が倍怖いという投稿を読みましたが、どっちみち怖い(笑)安全のため、スパイダーマンのように四つん這いで慎重に進みました。
1
下って振り返って撮影。左側がオーバーバンクしています。
2017年08月17日 15:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って振り返って撮影。左側がオーバーバンクしています。
鎖場が続きます。西岳と比較すると足場がしっかり確保出来るので問題なかったです。
2017年08月17日 15:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場が続きます。西岳と比較すると足場がしっかり確保出来るので問題なかったです。
百間長屋まで降りてきました。
2017年08月17日 15:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間長屋まで降りてきました。
五十間長屋
2017年08月17日 15:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五十間長屋
奥社側からの入口
2017年08月17日 16:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥社側からの入口
戸隠奥社到着。
2017年08月17日 16:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠奥社到着。
1
2013年に見た鏡池からの美しい戸隠連峰です!

左の尖りが本院岳(2030m)その左奥で見えにくいのが西岳(2053m)、右の一番高いのが戸隠山の八方睨み(1900m) です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2013年に見た鏡池からの美しい戸隠連峰です!

左の尖りが本院岳(2030m)その左奥で見えにくいのが西岳(2053m)、右の一番高いのが戸隠山の八方睨み(1900m) です。
撮影機材:

感想/記録

4年前に初めて戸隠奥社〜戸隠山に登りました。鏡池から見える美しい西岳にいつか登りたいと思っていました。

西岳はとても険しく、さすがに厳しい修行の山でした。前日までの雨で道は滑りやすく、P1尾根までは鎖場で緊張の連続でした。無念の峰のすぐ後の梯子での垂直降下は、皆さんの山行記録のお陰で無事に降りることが出来ましたが、今回一番緊張した場所でしたね〜

降りてから地元の方に聞いたのですが、2年ごとに西岳の草刈りをするそうで、草刈り前で一番藪が伸びていました。
訪問者数:408人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 渡渉 藪漕ぎ 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ