また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 123470 全員に公開 沢登り日高山脈

歴舟川キムクシュベツ沢⇒ペテガリ⇒中ノ川ソエマツポン北西面直登沢⇒ヌピナイ右股

日程 2007年08月14日(火) 〜 2007年08月20日(月)
メンバー
 BiL
, その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
歴舟川は林道にしだ沢対岸付近から崩壊していて、そこからは歩き。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
詳しい記録はこちら↓

http://aach.ees.hokudai.ac.jp/xc/modules/AACHBlog/details.php?bid=330
過去天気図(気象庁) 2007年08月の天気図 [pdf]

写真

キムクシュベツ沢に入って最初の滝
2007年08月14日 16:16撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キムクシュベツ沢に入って最初の滝
好奇心旺盛なリス
2007年08月14日 16:24撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
好奇心旺盛なリス
1
てこずった函
2007年08月14日 16:39撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てこずった函
ここは10年前には土砂が堆積しておらず、簡単に段差に近づけなかったらしい。
2007年08月15日 07:48撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは10年前には土砂が堆積しておらず、簡単に段差に近づけなかったらしい。
遡行中に泥水が流れてきたが、その原因だと思われる崩落雪渓。
2007年08月15日 13:28撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遡行中に泥水が流れてきたが、その原因だと思われる崩落雪渓。
三股。快適なテン場などはどこにもなかった。
2007年08月15日 15:00撮影 by u720SW,S720SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三股。快適なテン場などはどこにもなかった。
訪問者数:1599人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

雪渓 崩落 栗鼠 テン 直登 遡行

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ