また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1245466 全員に公開 ハイキング関東

江の島弁天道を歩く(東海道宿場うぉーく藤沢宿番外)

日程 2017年09月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴、風やや強い
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

白幡交差点14:10〜ふじさわ宿交流館14:25/35〜白山宮14:42〜藤沢駅14:55〜上山本橋15:16〜馬喰橋15:26〜上諏訪神社15:45〜江の島弁天橋北詰16:11〜片瀬江ノ島駅16:20
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

ふじさわ宿交流館
2017年09月03日 14:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふじさわ宿交流館
1
藤沢橋弁天道道標
2017年09月03日 14:37撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤沢橋弁天道道標
公園内道標
2017年09月03日 15:04撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園内道標
馬喰橋から下流を見る
2017年09月03日 15:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬喰橋から下流を見る
上諏訪神社
2017年09月03日 15:41撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上諏訪神社
湘南モノレール
2017年09月03日 15:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湘南モノレール

感想/記録

 地元湘南に長い間住み続けているけれど、国道を歩いて行った事はあっても、江の島道は車で走った事だけで、今日初めて歩いてみた。     スタートをバスの都合で白幡交差点として、藤沢宿を遊行寺橋に向け東進する。ルネサンス藤沢宿とのことで町並みも、五年前に東海道宿場うぉーくで歩いた時から比べると、漸く力を入れてきたなと感じる事が出来る。  さてふじさわ宿交流館も馴染みも出て来て、訪問者でそこそこ賑わいを見せる。一休みして朱塗りの遊行寺橋を渡り、渋滞している国道を渡り藤沢駅を目指し、旧道を右へ入る。弓なりの道にそれらしさを感じて、駅前に続く新しい道を行く。橋上駅のデッキ(サンパール広場)を通過して南口に出る。
 多くの人で賑わう一方通行路の人波を避けて南下する。砥上公園まで来れば閑散として蝉の声が樹々に響く。ここから広い裏通りが続いて石上駅からの道と交差すれば、裏道然とした家並になる。東京ガスの交差点を渡り上山本橋で境川を渡る。ミネベアに沿って江の島道を南下すれば、要所に道標があり往時の雰囲気に少し浸る事が出来る。この道は片瀬山の根に沿う道だからか、緩いアップダウンとカーブが続く。馬喰橋を渡り片瀬山への道路を横切れば泉蔵寺、上諏訪神社だ。社へと長めの石段を登り振り返れば江の島がすぐそこに。
 暑さもあり疲れてきた脚が復活し、ラストスパートを駆ければ湘南モノレールや、龍口寺の仏舎利塔が見え、間も無く江ノ電江ノ島駅に着く。ここからの洲鼻通りは近年、一大観光地の感があり、中華系やその他の観光客で賑わいを見せている。人を避け進めば小田急江ノ島駅からの橋も併せ、地下道を潜れば弁天橋北詰に到着する。裏道の静かな江の島弁天道と、今様な弁天橋の雑踏とのギャップに今昔を感ずる。
訪問者数:95人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 道標 モノレール
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ