また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1251512 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

小秀山 控えめな名前がいいと思う

日程 2017年09月09日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り 山頂は少し晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
乙女渓谷キャンプ場の駐車場利用。
利用料500円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
1時間8分
合計
6時間54分
S乙女渓谷キャンプ場05:4505:56ねじれ滝05:5906:05和合の滝06:1006:14展望台06:1906:43夫婦滝07:1107:41第一展望台07:59カモシカ渡り08:0008:20休憩適地 08:2108:34兜岩08:46第一高原09:05第二高原09:0609:25第三高原09:54小秀山10:0510:14第三高原10:1510:29第二高原10:3010:40第一高原10:45兜岩10:4610:56休憩適地 11:16休憩適地 11:45休憩適地 11:4712:03山の神12:0712:09三の谷 登山口12:1212:36乙女渓谷キャンプ場12:3712:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは、キャンプ場の管理棟前にある。
紙とペンもあり。
二の谷ルートは、よじ登るような急登もあるので、その辺は要注意。
三の谷ルートは、危険と思われる場所無し。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

晴天を期待してスタート
2017年09月09日 05:45撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴天を期待してスタート
二の谷ルートへは管理棟横から。
2017年09月09日 05:46撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の谷ルートへは管理棟横から。
水がきれいです。
2017年09月09日 05:53撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水がきれいです。
1
こんな木道が整備されています。
感謝感謝です。
2017年09月09日 06:00撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな木道が整備されています。
感謝感謝です。
避難小屋。
2017年09月09日 06:26撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋。
中を覗いてみました。
窓がありそうだが、開くのだろうか。
2017年09月09日 06:26撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中を覗いてみました。
窓がありそうだが、開くのだろうか。
いくつかの滝があります。
2017年09月09日 06:48撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかの滝があります。
1
落石があったもよう。
斜面が崩れてきている場所もありました。
2017年09月09日 07:07撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石があったもよう。
斜面が崩れてきている場所もありました。
渡渉点。このねじれた橋は使いません。
そこら辺を渡れます。
2017年09月09日 07:10撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点。このねじれた橋は使いません。
そこら辺を渡れます。
思ったより雲が多い。
2017年09月09日 07:46撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったより雲が多い。
ここから攀じ登るような急登です。
2017年09月09日 08:03撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから攀じ登るような急登です。
写真では伝わらない。
2017年09月09日 08:04撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では伝わらない。
両手を使って登ります。
2017年09月09日 08:06撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両手を使って登ります。
第一高原まで来ると、この先は随分楽になります。
2017年09月09日 08:57撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一高原まで来ると、この先は随分楽になります。
気持ちのいい登山道。
2017年09月09日 09:10撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい登山道。
第三高原。
分岐があるけど、どこへ向かうのでしょうか。
2017年09月09日 09:28撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三高原。
分岐があるけど、どこへ向かうのでしょうか。
山頂避難小屋。
2017年09月09日 09:41撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋。
とってもキレイです。
2017年09月09日 09:43撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とってもキレイです。
トイレをお借りしました。
ハンドルを回すのはなかなか大変。
2017年09月09日 09:47撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレをお借りしました。
ハンドルを回すのはなかなか大変。
1
雲が多い。
2017年09月09日 09:49撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が多い。
こちらから登ってきた方もいました。
私の地図には書かれていませんが、新しい地図には書かれているのでしょうか。
2017年09月09日 09:50撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらから登ってきた方もいました。
私の地図には書かれていませんが、新しい地図には書かれているのでしょうか。
雲は雲でいいのですが。
2017年09月09日 09:50撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は雲でいいのですが。
カップラーメン
2017年09月09日 09:58撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カップラーメン
御嶽の山頂も雲がかかっています。
すぐそこにあるのに、残念。
2017年09月09日 10:03撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽の山頂も雲がかかっています。
すぐそこにあるのに、残念。
前山・唐塩山への分岐。
明瞭なルートなのだろうか。
2017年09月09日 10:42撮影 by Canon IXY 50S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前山・唐塩山への分岐。
明瞭なルートなのだろうか。
撮影機材:

感想/記録
by 1qaz

天気予報は晴れ。
例によって膝の状況は心配だが、その確認もかねてどこへ行こうか。
前回は4時間ぐらいの山登りだったので、もう少しキツメの山をということで、小秀山を選択。
目の前に御嶽ドーン!を期待して。

今回も日帰りだけどテントを入れて15kgでスタート。
二の谷コースは、滝や岩場などがあってなかなかに面白いルートでした。
膝の状態が心配なので、急がないことを意識しての登り。
第一高原までが大変ですが、その先は少し楽になります。

予想以上に雲が多く、御嶽の山頂も雲の中。
まあしかたない。
雲に隠れた御嶽を見ながらカップラーメンを食べて下山。
下りはより慎重に。
兜岩辺りはストックがあるとかえって危ないと思うのでストックは使わず、三の谷ルートに入ってからストック使用。

三の谷ルートは九十九折れのルートで、斜度がキツクナイ事もあり、なんとか膝に痛みを感じず下山。
もう少し長かったらやばかったかも。

今回テント泊装備でコースタイム8.5時間を、7時間で歩き、膝の痛みが出なかったので少し、自身がもてました。
やはりあまり間を空けすぎずに山へ行くことも大事なようです。
訪問者数:298人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ