また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1254443 全員に公開 沢登り丹沢

モロクボ沢〜滑棚沢右俣〜シャガクチ丸〜水晶沢ノ頭〜雷木沢右岸尾根

日程 2017年09月10日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
10分
合計
7時間20分
S用木沢出合09:5010:00手沢10:19水元沢11:19モロクボ沢大滝12:19水晶沢出合13:19滑棚沢右俣13:40シャガクチ丸14:30水晶沢ノ頭14:4017:00用木沢出合17:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
用木沢出合〜手沢出合〜水元沢出合〜モロクボ沢大滝〜水晶沢出合〜滑棚沢右俣〜シャガクチ丸1191m〜水晶沢ノ頭〜雷木沢右岸尾根(南東尾根)〜用木沢出合
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:

感想/記録

西丹沢自然教室から登山道を白石峠の方向にすすみ、途中コンクリートの小さな橋で白石沢を渡る。続いて赤い橋(やまびこ橋)渡り、少し沢沿いの踏み跡をすすんで堰堤を二つやりすごしたところで沢支度して入渓。5分ほどで、さっそくF1大滝(25m)見えてくる。大きく美しい滝でテンションが上がる。右側上がれるかと思ったが無理そうなので、左側から上がる、念のためロープを出した。上がって滝の落ち口を見るとプールのよう、こわごわ渡るが全然危なくなかった。F2,F3と進んで行く、とても美しい沢、水量はそれなりにあるがヌメりもなく歩きやすい。堰堤手前の F5を超えるとモロクボ沢の美しい風景とはしばしお別れ、ゴロゴロとした河原歩きが続く、さら進んで行くと水晶沢の出会い、ぼ〜っと歩いていたら水晶沢に引っ張られそうになる。ここで休憩し、滑棚沢の方へ進む。滑棚沢に進むと水流はすくないが、ナメが美しく、しかもフリクションがきいて登りやすい。気持ちのよい沢のぼりで、癒される。しばらく進むと階段状の5mの滝があらわれた、ここは慎重にロープをだし右側からとりついて岩の間を目指してぬける。みんなが正面から水流の真ん中を抜けろと煽るので、思い切ってびしょ濡れになりながら登る、これも楽しい。どんどん進んで行くとやがて小さなV字状の谷 になり、スラブの小さなゴルジェのようなかわった地形をつっぱりながらこえていく。最後の詰めは台風の影響か、かなりザレて崩れ安い急斜面、慎重にゆっくりと時間をかけて詰めて、シャガクチ丸に到着。ここから水晶沢の頭までは登山道。水晶沢の頭に着くと、それまで良かった天気が一転し、雨が降り出す、ここからは雷木沢右岸尾根を読図で下るのだが、鹿柵が邪魔で取り付きがよくわからない。激しい雨の中、鹿柵の向こう側に出て、右往左往しながら、やっとのことで尾根を見つけた。この後は、順調に読図で下降。とはいえ下りの読図はやはり難しい。一人だとどうかなと思いながら、何度も地図を見ながら慎重に下った。途中仕事道に出てアルミのはしごを渡り、脚立で鹿柵をまたぐが、その後はまた不明瞭な道になり、最後は土留めをつたって雷木沢の沢床に降り少し歩いてやまびこ橋に出た。

訪問者数:39人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ