また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1255885 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳縦走(赤岳〜横岳〜硫黄岳〜東天狗岳)

日程 2017年09月10日(日) [日帰り]
メンバー
天候雲のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 渋の湯〜茅野駅 JRにて関東へ
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
0分
合計
7時間40分
S赤岳展望荘06:0013:40渋御殿湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目 赤岳展望荘〜横岳〜硫黄岳〜東天狗岳縦走 7時間50分
赤岳展望荘6:00〜7:10横岳7:20〜7:50硫黄岳山荘〜8:20硫黄岳8:30〜9:05夏沢峠9:15〜10:00根石岳10:05〜10:25東天狗岳10:45〜11:15天狗の奥庭〜11:40黒百合ヒュッテ12:00〜13:50渋御殿湯
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

早朝の山は空気がいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の山は空気がいい。
3
これより横岳岩稜帯へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これより横岳岩稜帯へ
2
ガスがかかり始め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがかかり始め
1
とうとう滝雲の覆われました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうとう滝雲の覆われました。
長い稜線 歩き 気持ちがいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い稜線 歩き 気持ちがいい。
1
晴れた〜青い空が 山頂到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れた〜青い空が 山頂到着
1
ガスが追いかけてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが追いかけてくる。
一瞬 晴れた八ヶ岳 メインの山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬 晴れた八ヶ岳 メインの山
ケルンの目印が多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンの目印が多い
銀座並みの人とすれ違い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀座並みの人とすれ違い。
ケルン越しに夏沢峠へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルン越しに夏沢峠へ
夏沢峠小屋と天狗岳 展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢峠小屋と天狗岳 展望
尾根登山道 遠望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根登山道 遠望
根石岳 山頂分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳 山頂分岐
1
よく来たもんだ〜遠望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく来たもんだ〜遠望
1
山頂 到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂 到着です。
西天狗岳 往復40分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳 往復40分
再び赤岳・阿弥陀岳 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び赤岳・阿弥陀岳 
再び赤岳・阿弥陀岳 晴れ渡っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び赤岳・阿弥陀岳 晴れ渡っています。
なだらかな登山道が岩だらけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな登山道が岩だらけ
飛び石の稜線歩き 疲れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛び石の稜線歩き 疲れます。
黒百合ヒュッテ 到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ 到着
お昼のエネルギー補給 ラーメン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼のエネルギー補給 ラーメン
登山者に人気の山小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者に人気の山小屋
窪地で山が見えない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪地で山が見えない
もののけ姫の樹林帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もののけ姫の樹林帯
もののけ姫の樹林帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もののけ姫の樹林帯
シラビソの樹林帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソの樹林帯

感想/記録
by asayu

二日目 ご来光を期待するも雲が多く富士山も太陽も拝めませんでした。まだ夏空の不安定な気候です。明るくなった5時半、昨日の疲れも取れて快適にスタート横岳へ向かいます。山頂周辺は湿った空気に包まれて次第にガスが山を覆い視界不良の真っ白な世界へまだ早い時間で仕方がない横岳へ到着も赤岳・阿弥陀岳は望むことが出来ませんでした。次々と登山者と遭遇するので元気は持続できます。硫黄岳山荘では、ガスがとれて視界が広がりつつあります。横岳から1時間硫黄岳山頂です。50名程の登山者が大きな台地でくつろいでいます。展望は北は快晴、南はガスで覆われて滝雲が山を流れて水墨画のような風景です。空気が入れ替わり乾いた空気に快晴と風がビュンビュンと吹き暑さを凌げます。今回は縦走で夏沢峠へ下山します。集団登山者も多くなり、峠からは赤帽の小学生集団とも遭遇、有名大学の付属小6年生50名ほどすれ違いました。峠に降りてようやく一休みです。
夏沢峠からは、登山者も減り静かになりました。次なる目的地 東天狗岳です。その前に根石岳の山を越えてゆきます。山頂に着いた頃には、南部の赤岳・阿弥陀岳はすっかりガスが取れて快晴に〜。時間は10時、今日も絶景の登山日和です。あと最後の山越えです。頑張ろう天狗の山には、20名ほどみんな食事で寛いでいます。何年ぶりかな東天狗の山は、昔本澤温泉で宿泊して往復した。懐かしいお山です。そして下山開始。岩だらけの登山道を黒百合ヒュッテに向かいます。飛び石のような登山道が1時間程続き足ががくがくで疲れました。下りは長くても中山峠経由が正解でしたね。体力補給には、美味しい空気と食事。ラーメンで昼食タイムです。素朴な山小屋の前にはテラスのような傘が並びおしゃれな山小屋、30名ほど。最終目的地,渋の湯へは1時間半の樹林帯のコースです。周りがすべてシラビソの樹林帯と緑一色に包まれた登山道が広がりさながらもののけ姫のシーンに立つ綺麗な苔だらけの山道です。ブラタモリで奥入瀬のガイドさん 最近 苔女がブームだそうでまさに女性が
多く歩いていました。渋の湯到着 御殿湯は、冷硫黄泉とアルカリ泉の湯を楽しめるお勧めの湯です。ここからは白駒池。高見石へ向かう登山道であり苔の図鑑を持った苔女にも遭遇できました。笑 午後3時発の茅野駅行きのバスまで、温泉!ああ気持ちがいい時間です。2日間お疲れ様でした。
訪問者数:213人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ