また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1258558 全員に公開 沢登り谷川・武尊

谷川岳 ヒツゴー沢 ヒルは昼寝中だったのか⁉

日程 2017年09月16日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり一時小雨(森林限界上は霧)
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間45分
休憩
38分
合計
9時間23分
Sスタート地点05:5307:06いわお新道・中ゴー尾根分岐07:0713:08稜線13:1313:30谷川岳・肩の小屋13:5814:05天神ザンゲ岩14:0614:19天狗の留まり場14:2114:45熊穴沢避難小屋14:4615:01天神平・天神峠分岐点15:09天神尾根・田尻尾根分岐点15:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
谷川温泉〜二股までヒルの気配なしでした。ジョニーの効果かは不明。。
ヒツゴー沢は下半部に滝が集中します。どの滝も直登できるのが魅力ですし靴鯆兇┐襪茲Δ粉篥个蠅發△蠅泙擦鵑それなりに厄介です。逆に高巻きがより危険だということはsoyanっちが見事に実証しました(^_^;)
沢登り中級以上の人にはまる腰で楽しく登れる沢ですが初級者同士では緊張する場面が多いかもしれません。
上半分は退屈なゴーロが続きつまらな〜い、です。ここがスラブなら最高の沢なんだけど・・・
沢の詰めは、沢形状を意識しながら登れば藪漕ぎなく稜線に出られ快適です。鷹ノ巣C沢のような壮絶な草付きはなく晴れてれば天国のような源頭歩きが楽しめそうです。これもヒツゴー沢の魅力のひとつでしょうか。


参考までに、巻機山の米子沢の雰囲気に似てはいますが、ヒツゴー沢のほうが滝のグレードが高いし巻きも困難だと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

木の部分はいつ壊れてもおかしくない。n
いつか誰かが踏み抜きますねー。。。s
2017年09月16日 06:14撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の部分はいつ壊れてもおかしくない。n
いつか誰かが踏み抜きますねー。。。s
1
1年半前に利用した木がまだあった。これ増水しているとき活用。n
水量が全然違いますね。s
2017年09月16日 06:49撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1年半前に利用した木がまだあった。これ増水しているとき活用。n
水量が全然違いますね。s
2
2015/12/12中ゴー尾根の時のもの。n
2015年12月12日 07:12撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2015/12/12中ゴー尾根の時のもの。n
4
いわお新道分岐n
いつか歩いてみたいです。s
2017年09月16日 07:14撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いわお新道分岐n
いつか歩いてみたいです。s
1
さあ行くぜ!n
2017年09月16日 07:21撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ行くぜ!n
5
一服中のsoyanoんn
2017年09月16日 07:26撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一服中のsoyanoんn
2
少し進むと一発目の滝「逆くの字滝」がお出迎え。n
2017年09月16日 07:43撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと一発目の滝「逆くの字滝」がお出迎え。n
1
1段目は足慣らし程度。n
2017年09月16日 07:43撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1段目は足慣らし程度。n
3
2段目はかなりの迫力。n
2017年09月16日 07:49撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段目はかなりの迫力。n
4
上段はシャワーで通過して凹角を登る。n
しょっぱなから、全身びしょ濡れになりました。s
2017年09月16日 07:45撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段はシャワーで通過して凹角を登る。n
しょっぱなから、全身びしょ濡れになりました。s
4
soyanoん格闘中!n
2017年09月16日 07:53撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
soyanoん格闘中!n
2
すぐに次の滝。n
2017年09月16日 07:59撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに次の滝。n
3
城壁みたいな滝。n
2017年09月16日 08:05撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城壁みたいな滝。n
2
癒し系の変化。n
2017年09月16日 08:07撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
癒し系の変化。n
4
まあ癒し系の滝。n
2017年09月16日 08:10撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあ癒し系の滝。n
2
これも釜かあ。。n
水が凄く綺麗。s
2017年09月16日 08:13撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも釜かあ。。n
水が凄く綺麗。s
4
同じような滝が続くねえ〜n
2017年09月16日 08:18撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じような滝が続くねえ〜n
3
すべて深い釜もってるし。。n
夏の暑い日に来たら気持ち良さそうですね。s
2017年09月16日 08:24撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すべて深い釜もってるし。。n
夏の暑い日に来たら気持ち良さそうですね。s
3
簡単に見える滝も登ると意外に悪かったりn
2017年09月16日 08:25撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡単に見える滝も登ると意外に悪かったりn
1
ナメ滝であっても逆層なので手がかりがないのだ。n
2017年09月16日 08:25撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ滝であっても逆層なので手がかりがないのだ。n
5
僕にとっては、全てがギリギリな滝が次々と出てきます…。s
2017年09月16日 08:27撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕にとっては、全てがギリギリな滝が次々と出てきます…。s
3
巻くのは大変なので水流沿いで攻める。n
2017年09月16日 08:32撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻くのは大変なので水流沿いで攻める。n
4
この滝は左からサクっと行けそうに見えるが、思ったより悪くて水流突っ込んでずぶ濡れに。n
気温も10度くらいしかないので、濡れたくないんですが、シャワーしないと登れない滝がいくつかありますね。s
2017年09月16日 08:33撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝は左からサクっと行けそうに見えるが、思ったより悪くて水流突っ込んでずぶ濡れに。n
気温も10度くらいしかないので、濡れたくないんですが、シャワーしないと登れない滝がいくつかありますね。s
5
なのでこんな状態に!?
あれ?脱いでる?s
2017年09月16日 08:34撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なのでこんな状態に!?
あれ?脱いでる?s
1
18禁セクシーショット(^_^;)
熊が出たぞー!!s
2017年09月16日 08:34撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18禁セクシーショット(^_^;)
熊が出たぞー!!s
4
滑りそうな滝でも、nukaboshiさんはサクサク登っちゃうんですよね。。
全然ついていけない(^o^;)s
2017年09月16日 08:49撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りそうな滝でも、nukaboshiさんはサクサク登っちゃうんですよね。。
全然ついていけない(^o^;)s
3
アドバイスをもらいながら奮闘。s
2017年09月16日 08:50撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アドバイスをもらいながら奮闘。s
5
怖い…。落ちたらヤバい…( >Д<;)s
2017年09月16日 08:52撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怖い…。落ちたらヤバい…( >Д<;)s
5
小粒ながら意外にシビアな直登が続く。n
2017年09月16日 08:53撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小粒ながら意外にシビアな直登が続く。n
2
綺麗な滝ですねー。登る事は考えたくないですが…σ(^_^;)s
あれ?この滝はオレが最上部でセミになったやつかな⁉n
2017年09月16日 08:55撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な滝ですねー。登る事は考えたくないですが…σ(^_^;)s
あれ?この滝はオレが最上部でセミになったやつかな⁉n
6
さてここは?
2017年09月16日 09:12撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてここは?
1
これも沢登り技術のひとつかな!?
僕には無理です〜。s
2017年09月16日 09:07撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも沢登り技術のひとつかな!?
僕には無理です〜。s
6
soyanoんは正攻法でn
壁際を。ちょうど玉が水に浸る位の水深でした。s
2017年09月16日 09:14撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
soyanoんは正攻法でn
壁際を。ちょうど玉が水に浸る位の水深でした。s
4
ワイルドな登りが続く。n
緊張する所がいっぱいありました。s
2017年09月16日 09:18撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイルドな登りが続く。n
緊張する所がいっぱいありました。s
3
ここは水流の右から。。が、soyanoん左から高巻いてエライことに・・・n
僕には行ける気がしなかったので、高巻く事にしたのですが…。s
2017年09月16日 09:20撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは水流の右から。。が、soyanoん左から高巻いてエライことに・・・n
僕には行ける気がしなかったので、高巻く事にしたのですが…。s
2
奮闘中のsoyanoん分かる?そして助けに向かうnも10mほど滑り落ちてしまう。その後カメラの電源が入らなくなり写真なしに。。n
途中で灌木が続かなくなり、足も滑って進めなくなり、進退極まる。
結局、懸垂下降して助かりました。
体力と筋力の殆どを、ここで持っていかれた気がします。。。
時間とっちゃうわ、nukaboshiさんを待たせちゃって体を冷やさせちゃうわで、最悪の選択でした。s
2017年09月16日 09:25撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奮闘中のsoyanoん分かる?そして助けに向かうnも10mほど滑り落ちてしまう。その後カメラの電源が入らなくなり写真なしに。。n
途中で灌木が続かなくなり、足も滑って進めなくなり、進退極まる。
結局、懸垂下降して助かりました。
体力と筋力の殆どを、ここで持っていかれた気がします。。。
時間とっちゃうわ、nukaboshiさんを待たせちゃって体を冷やさせちゃうわで、最悪の選択でした。s
4
ここからはスマホ。だかスマホのほうが綺麗に撮れてる(^^♪
2017年09月16日 10:16撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはスマホ。だかスマホのほうが綺麗に撮れてる(^^♪
3
この滝はリッジで容易。n
2017年09月16日 10:34撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝はリッジで容易。n
3
ここは右からリッジに乗り意外と容易。n
ネットで見た時は、登れる気がしなかったんですが、取り付いてみたら階段でした。s
2017年09月16日 10:40撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは右からリッジに乗り意外と容易。n
ネットで見た時は、登れる気がしなかったんですが、取り付いてみたら階段でした。s
4
この滝だけは左手を高巻いた。n
2017年09月16日 11:09撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝だけは左手を高巻いた。n
5
ガスガスの稜線に出た。n
風が強くて寒かったですねー。s
2017年09月16日 13:11撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガスの稜線に出た。n
風が強くて寒かったですねー。s
2

感想/記録

30年前谷川南面の沢を登っていた頃はヒルの話などまったくなかったし、実際ヒルに吸い付かれることなど経験なかった。それが今ではヒルの巣窟だとか。
魅力的な沢がいっぱいあるのにもったいない話だ。
今回はそんな南面のヒツゴー沢に登ってみた。
オジカ沢や鷹ノ巣C沢も昔はソロで登っていたのでヒツゴー沢などは朝飯前だ!
と思って臨んだのだがやはり勝手が違っていた。
すべての滝が直登できるのだが微妙にいやらしい。
米子沢のようにサクサクとはいかない。
高巻きは沢形状から危険だし手がかりが水流沿いなのでずぶ濡れになる。
やけくそで水流に突っ込んだら全身濡れて体が冷えてしまった。
少し寒気がしてきたので濡れた下着の上に薄手のダウン着てカッパきて何とか暖をとれるまで回復、9月の沢も侮れないようだ。

ヒツゴー沢の核心はヒルかと思ったが、やはり沢が核心だった。
トポも見てないのでどの滝をどう登ったのか忘れてしまった。
ただクライミングを主とする滝はすべて下半分に集中しているので、行程的にはいきなり核心の連瀑帯が来てハイ終了!という流れだ。
中流はゴーロで上流は草原状の中の溝を登る。
中流部のゴーロがこの沢をつまらなくしている感じがする。
この中流部に鷹ノ巣Cのようなスラブがかかれば変化に富んだ素晴らしい沢なんだけどなあ。。

オジカ沢も再訪してみたかったが実力的に無理っぽい。
残念!!

感想/記録

今年は、癒し系の沢をいくつか歩いていて、いつnukaboshiさんからお声が掛かっても準備万端…と思っていたら、とんでもなかった!!( 。゜Д゜。)
ギリギリな滝が連発で、内心、もうやめて〜!!と叫んでいました(^_^;)
でも、nukaboshiさんは、僕にはツルペタにしか見えない壁に足を置いて、サクサク登って行っちゃうんですよねー。。
nukaboshiさん、今年は初の沢のはずなんだけど、やっぱスゲーなあ…。
ペースも速くて、全然ついていけない。ほぼ全ての滝で、お待ちいただいちゃいました。
あれで、最近だいぶ体力が落ちた…とか言うんだからなあ。。。

高巻きの失敗は、かなりヤバかったです。個人的には今回の核心です(;Д;)
足は滑って踏ん張れなかったので、腕で灌木に掴まってもがいているうちに、なんとかスリングを灌木にタイオフしてセルフビレイをとれたものの、左手はカラビナも外せないほど衰弱。
藪で、下の方がどうなっているのか見えなかったのですが、nukaboshiさんが心配して下の方に見に来てくれたので、そこから懸垂して降りられる事が分かりました。
(nukaboshiさんも下の方で滑り落ちてしまい、ヒヤッとしました。)
懸垂下降で降りたものの、体力と筋力の消耗激しく、長時間待たせてしまった為、nukaboshiさんの体も冷やさせてしまいました。
風邪気味で来ていたのもあってか、その後は更にペースダウン。
nukaboshiさんがいなかったら、心折れて、休憩も多くなり、低体温症で遭難の可能性も高かったと思う。(ソロだと、soyanoはメチャクチャ休憩とる。)
稜線に出てから、強風となりましたが、肩の小屋で体を温める事が出来て助かりました。
肩の小屋の存在は、ほんとにありがたい事です。。

あと、2回、フォールしました(^_^;)
脚から落ちたらヤバいと思って、体を離して足を上げて背中からドボーン!!振り出しに戻る。
なんともなかったので、再度取り付いたものの、再び同じ格好でドボーン!!振り出しに戻る。
上で爆笑するnukaboshiさん(^^;)ゞ
滝壺のある滝で助かりました。
三度目は、お助けロープをハーネスに付けさせてもらい、なんとか登れました。

nukaboshiさんと行く沢は、いつもおっかない所ばかりですが、今回もいい勉強をさせて頂きました(*^.^*)
ソロじゃ、こんなおっかない所には来られないです。
だいぶ足を引っ張ってしまいましたが、どうかまたご一緒させてください♪
今回も、色々とありがとうございました(*^_^*)
訪問者数:327人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/24
投稿数: 453
2017/9/18 19:06
 お疲れさまでしたー^_^
隊長の26と36の写真は笑えました(^○^)
イヤらしい滝がいっぱいなのですか…
ichiにはやばそうなとこなのですね。
ソヤノんは2回も河童になっちゃたのね。怖〜。
でも無事で良かったね。
水が冷たくても身体が持つ時期に
ichiもどこか登れる沢に連れて行ってください。╰(*´︶`*)╯
登録日: 2013/12/26
投稿数: 1157
2017/9/18 19:36
 Re: お疲れさまでしたー^_^
いやらしかったよ〜(^o^;)
西ゼンとか、ゼニイレ沢みたいなスラブ系とは違うけど、微妙な所が多くて。。。
フリクションを信じられなくて怖かった。
ichigoさんはバランスいいから、そういう所は大丈夫だと思うけど、水流を浴びながら登らなきゃいけない滝があるから、ichigoさんには、それがネックになるかもね。
でもほら、スラブ系の沢と違って、落ちてもそこで止まるから…(* ̄∇ ̄*)
登録日: 2011/11/8
投稿数: 624
2017/9/18 20:28
 Re: お疲れさまでしたー^_^
今回は寒そうだったので濡れないように気をつけて登る予定でしたが、
どの滝も微妙な手がかりで、結局水流行くしかなくずぶ濡れと相成りました
ルートグレードは米子沢と同じ2級となってますが、大分差がありそうです。
西ゼンやマチガ沢本谷よりは厳しそうです。

やっぱり沢は暑くないので体力の消耗なく登れます。
水もほとんど飲まなかったのですこぶる快調でした。
紅葉期には西黒沢本谷でどうでしょう♪
登録日: 2013/10/24
投稿数: 453
2017/9/18 21:37
 Re[2]: 紅葉の時期に。(^○^)
体調を整えて準備しておきまーす!
西黒沢本谷、よろしくお願いします╰(*´︶`*)╯

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ