また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1263744 全員に公開 ハイキング近畿

熊野古道プチ体験 (+熊野三山・伊勢神宮参り)

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候前日 9月23日 晴れのち曇り
当日 9月24日 曇り
最終日 9月25日 晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

熊野古道中辺路:語り部さんのお話を聞きながらのゆっくりした工程です。
9:40発心門王子→ 水?王子→ 伏拝王子(休憩30分ほど)→ 14:20熊野本宮大社
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

■第1日目(前日)です。長野からはるばるやってきました。久しぶりに見る青い海、これだけで感動です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■第1日目(前日)です。長野からはるばるやってきました。久しぶりに見る青い海、これだけで感動です。
14
まずは、熊野速玉大社、「未来につなぐ日本の祈り」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、熊野速玉大社、「未来につなぐ日本の祈り」
4
熊野速玉大社(熊野速玉大神と熊野夫須美大神)に、平和とみんなの無事をお祈りしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野速玉大社(熊野速玉大神と熊野夫須美大神)に、平和とみんなの無事をお祈りしました。
5
熊野速玉大社のオガタマノキ、天然記念物です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野速玉大社のオガタマノキ、天然記念物です。
3
熊野速玉大社前の店、昔ながらの建物がなかなかいい感じでしょ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野速玉大社前の店、昔ながらの建物がなかなかいい感じでしょ。
次は、熊野那智大社に移動。先に那智の滝を見に行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は、熊野那智大社に移動。先に那智の滝を見に行きます。
那智の滝です。落差133m、幅13m、滝壺深さ10m、日本三名瀑の一つ。周りの杉の木も、負けず劣らずりっぱです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那智の滝です。落差133m、幅13m、滝壺深さ10m、日本三名瀑の一つ。周りの杉の木も、負けず劣らずりっぱです。
9
熊野那智大社に登ってゆきます、途中の竹林が見事でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野那智大社に登ってゆきます、途中の竹林が見事でした。
3
3重の塔、奥に那智の滝が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3重の塔、奥に那智の滝が見えます。
7
ここは熊野那智大社内にある青岸渡寺、寺とは知らず、2礼2拍手し、お寺の人に注意されてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは熊野那智大社内にある青岸渡寺、寺とは知らず、2礼2拍手し、お寺の人に注意されてしまいました。
5
青岸渡寺の前から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青岸渡寺の前から。
3
熊野那智大社(熊野夫須美大神)、日本の平和とみんなの無事をお祈りしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野那智大社(熊野夫須美大神)、日本の平和とみんなの無事をお祈りしました。
7
1日目の予定は終了、情緒ある石段を下って、宿に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目の予定は終了、情緒ある石段を下って、宿に向かいます。
1
那智勝浦温泉に宿泊。そこからの勝浦港の夜景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那智勝浦温泉に宿泊。そこからの勝浦港の夜景。
7
■第2日目、今日は熊野古道体験です。那智本宮大社のバス停まで車で移動、ここからバスで、発心門王子まで行きます。(約15分)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■第2日目、今日は熊野古道体験です。那智本宮大社のバス停まで車で移動、ここからバスで、発心門王子まで行きます。(約15分)
3
発心門王子に着くと、語り部さんにガイドを申し込みました。語り部さんは、まず地図を広げ熊野古道を説明してくれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発心門王子に着くと、語り部さんにガイドを申し込みました。語り部さんは、まず地図を広げ熊野古道を説明してくれました。
発心門王子の社殿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発心門王子の社殿。
2
藤原定家が発心門に来た心境の歌です。「入りがたき み法の門は けふ過ぎぬ いまより六つの 道にかえすな」、意味は「仏法の門をくぐったからにはもう引き返さない」だそうです。後方の尼庵に泊まり、他と違ってとても良く、喜んだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原定家が発心門に来た心境の歌です。「入りがたき み法の門は けふ過ぎぬ いまより六つの 道にかえすな」、意味は「仏法の門をくぐったからにはもう引き返さない」だそうです。後方の尼庵に泊まり、他と違ってとても良く、喜んだそうです。
世界遺産の石碑。中辺路(なかへち)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世界遺産の石碑。中辺路(なかへち)
1
10:00 語り部さんを入れ、7人で歩き出しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00 語り部さんを入れ、7人で歩き出しました。
白いゲンノショウコ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いゲンノショウコ
8
カンアオイの葉、葵の紋の元だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カンアオイの葉、葵の紋の元だそうです。
4
庚申さんの石仏。庚申信仰というものがあって、会食談義を行って徹宵する風習があるそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庚申さんの石仏。庚申信仰というものがあって、会食談義を行って徹宵する風習があるそうです。
チャボホトトギス、地表に貼りついて咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャボホトトギス、地表に貼りついて咲いています。
11
古道からの風景。遠くに見える集落が那智本宮大社があるところだそうで、今日はあそこまで歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古道からの風景。遠くに見える集落が那智本宮大社があるところだそうで、今日はあそこまで歩きます。
1
辺りには、曼珠沙華がたくさん咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺りには、曼珠沙華がたくさん咲いていました。
7
なかなかいい感じでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかいい感じでした。
5
白い曼珠沙華も咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い曼珠沙華も咲いていました。
14
フリマと山の神です。フクロウの術で化けています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フリマと山の神です。フクロウの術で化けています。
7
ヤタガラスが、道案内をしてくれます。真ん中の方が、語り部さんです。ヤタガラスとは、日本神話において神武天皇のもとに遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされるカラスだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤタガラスが、道案内をしてくれます。真ん中の方が、語り部さんです。ヤタガラスとは、日本神話において神武天皇のもとに遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされるカラスだそうです。
4
いい感じの道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの道です。
2
水呑王子に着きました。白い曼珠沙華。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水呑王子に着きました。白い曼珠沙華。
5
水呑王子の碑、一番右は腰痛のお地蔵さんです。途中には歯痛のお地蔵さんもいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水呑王子の碑、一番右は腰痛のお地蔵さんです。途中には歯痛のお地蔵さんもいました。
語り部さんが、「蘇生の」の意味を説明していたようですが、聞き逃しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
語り部さんが、「蘇生の」の意味を説明していたようですが、聞き逃しました。
黒い幹の木は、クロモジの木です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒い幹の木は、クロモジの木です。
このクロモジの木の葉をこすると、良い香りがします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このクロモジの木の葉をこすると、良い香りがします。
1
真っ直ぐな杉の木の中を歩いて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ直ぐな杉の木の中を歩いて行きます。
1
赤い実は一両です。似たものに百両、千両、万両があるそうですが、古道には百両だけないそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い実は一両です。似たものに百両、千両、万両があるそうですが、古道には百両だけないそうです。
1
左右から熊野シダ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左右から熊野シダ
3
いい雰囲気、マイナスイオンで溢れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい雰囲気、マイナスイオンで溢れています。
2
苔もきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔もきれいです。
木のベッド。嵐の松潤が、ここで撮影をしたとか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木のベッド。嵐の松潤が、ここで撮影をしたとか。
道休禅門のお地蔵さん。その昔ここで行き倒れた旅の僧のために、地元の方によって立てられたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道休禅門のお地蔵さん。その昔ここで行き倒れた旅の僧のために、地元の方によって立てられたそうです。
1
いい感じ、ひとりなら絶対に寄ったのですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じ、ひとりなら絶対に寄ったのですが。
なんとなく、トトロに出てくるシーンとかぶります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなく、トトロに出てくるシーンとかぶります。
塀、石垣などは、苔などで覆われているところが多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塀、石垣などは、苔などで覆われているところが多いです。
ピンクのゲンノショウコ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクのゲンノショウコ。
7
民家の井戸の跡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の井戸の跡。
1
高野山までつながる果無山脈の看板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高野山までつながる果無山脈の看板。
1
もうちょっとで、休憩だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっとで、休憩だそうです。
伏拝王子にある休憩所、ここで30分ほど休みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏拝王子にある休憩所、ここで30分ほど休みました。
伏拝王子の展望所からの景色。真ん中に見えるところが、熊野本宮大社で、はるばる遠くから歩いて来て、初めて本宮が見えて、伏せ拝んだ場所だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏拝王子の展望所からの景色。真ん中に見えるところが、熊野本宮大社で、はるばる遠くから歩いて来て、初めて本宮が見えて、伏せ拝んだ場所だそうです。
2
展望地に登ってゆきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地に登ってゆきます。
白いツルリンドウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いツルリンドウ。
3
熊野川が見えます。今は上流にダムがあるので、こんな感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野川が見えます。今は上流にダムがあるので、こんな感じです。
1
「ちょっとよりみち展望台」から、本宮の鳥居が見えます。以前はあそこに12の社殿があったそうですが、伊勢湾台風の時に8社殿が流されてしまったそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ちょっとよりみち展望台」から、本宮の鳥居が見えます。以前はあそこに12の社殿があったそうですが、伊勢湾台風の時に8社殿が流されてしまったそうです。
3
熊野シダが、いい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野シダが、いい感じです。
1
本宮に近い、古道のところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本宮に近い、古道のところ。
2
何百年も前からある石畳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何百年も前からある石畳。
1
14:30 やっと本宮大社に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:30 やっと本宮大社に着きました。
1
とうちゃこ、お参りしましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうちゃこ、お参りしましょう。
5
熊野本宮大社 第一社殿、第二社殿(熊野牟須美大神と速玉之男神)、平和とみんなの無事をお祈りしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野本宮大社 第一社殿、第二社殿(熊野牟須美大神と速玉之男神)、平和とみんなの無事をお祈りしました。
4
左:第三社殿(家都美御子大神)、右:第四社殿(天照大神)。現在は、全部で4社殿が残っているそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左:第三社殿(家都美御子大神)、右:第四社殿(天照大神)。現在は、全部で4社殿が残っているそうです。
2
石段を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段を下ります。
1
下の鳥居です。2日目の予定終了、伊勢の宿に移動します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の鳥居です。2日目の予定終了、伊勢の宿に移動します。
3
■第3日目(最終日)です。今日は伊勢神宮めぐりです。まずは、伊勢神宮外宮の正宮(天照大神の食事を司る豊受大神)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■第3日目(最終日)です。今日は伊勢神宮めぐりです。まずは、伊勢神宮外宮の正宮(天照大神の食事を司る豊受大神)です。
4
土宮(つちのみや)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土宮(つちのみや)です。
4
風宮(かぜのみや)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風宮(かぜのみや)です。
4
多賀宮(たかのみや)です。ここは俗なお願いも聞いてくれるそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多賀宮(たかのみや)です。ここは俗なお願いも聞いてくれるそうです。
3
外宮にある細い道の行き止まりにあった社殿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外宮にある細い道の行き止まりにあった社殿。
1
月夜見宮です。外宮から、ちょっと外れたところにあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月夜見宮です。外宮から、ちょっと外れたところにあります。
1
外宮から内宮に移動。なんか、とてもいい感じの風景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外宮から内宮に移動。なんか、とてもいい感じの風景。
10
奈良井宿のような感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良井宿のような感じ。
2
宇治橋を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇治橋を渡ります。
2
神苑のあたり。とても広いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神苑のあたり。とても広いです。
1
大正天皇御手植松(おてうえのまつ)でしょうか。とてもきれいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大正天皇御手植松(おてうえのまつ)でしょうか。とてもきれいでした。
1
五十鈴川御手洗場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五十鈴川御手洗場。
2
正宮(天照大神)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正宮(天照大神)です。
2
木の太さのスケールが違いは、その時間の長さを物語っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の太さのスケールが違いは、その時間の長さを物語っています。
この辺りで、伊勢うどんをいただきました。もちもちの太い緬に、黒く濃厚なタレとネギだけかかった、シンプルなうどん。ふわっとしたおいしさでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで、伊勢うどんをいただきました。もちもちの太い緬に、黒く濃厚なタレとネギだけかかった、シンプルなうどん。ふわっとしたおいしさでした。
5
いい感じです。この辺りでしばらくボーっとしていたいところですが、長野まで遠いのですぐに出発しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じです。この辺りでしばらくボーっとしていたいところですが、長野まで遠いのですぐに出発しました。
9

感想/記録

・一年前にもらったJTB旅行券、やっと山ノ神が重い腰を上げ、行ってみたいという熊野古道と熊野三山に行ってきました。ところで熊野三山とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の三社をいいます(山でなくてすいません)。
・1日目は、熊野速玉大社と熊野那智大社参り。2日前は、熊野古道を歩いて熊野本宮大社参り。3日目は、伊勢神宮参りです。3日間の日程の大部分は、車による移動で、のんびり楽しんでくる余裕はありませんでしたが、なんとか熊野古道のプチ歩きが体験できました。
・熊野参詣は、京都から来た場合でも、往復約1ヶ月(およそ600km)の長い道のりで、昔は命がけの難行苦行だったようです。今回は、最も多くの参詣者が歩いたとされる中辺路(なかへち)の中で、その最後の道のりの約7kmを語り部のお話を聞きながら、熊野本宮大社まで歩いてきました。当然かもしれませんが、古道は一般的な登山道に比べると、とても広く、また段差も少なく、とても歩きやすいです。
・楽しい時間を過ごせました。山の神も、大変喜んでいました。
・もう2日ほど時間的な余裕があれば、高野山まで行けたと思いますが、またの機会にします。

■いろいろ勉強したこと、語り部さんから教えて頂いたこと
・熊野古道は、熊野三山への参詣道で、田辺から熊野本宮に向かう中辺路(約70km)、田辺から海岸線沿いに那智・新宮へ向かう大辺路(約120km)、高野山から熊野本宮へ向かう小辺路(約70km)などがあり、その一部が世界遺産として登録されているそうです。
・また熊野三山には、熊野権現の神々がいて、特に主祭神である家津美御子(けつみみこ)(スサノオ)・速玉(イザナギ)・牟須美(ふすび、むすび、または「結」とも表記)(イザナミ)のみを指して熊野三所権現、熊野三所権現以外の神々も含めて熊野十二所権現ともいうそうです。
・伊勢神宮には、太陽を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があって、皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれているそうです。
・「熊野」という地名ですが、熊がいるわけではなく、端っこまでという意味の「くまなく」という言葉から来ていて、京の都から見ると端っこの地という意味だそうです。
・熊野古道というか熊野の地は、杉、檜、あすなろなど針葉樹の花粉で花粉症の方は大変そうに見えますが、雨が多く湿度が高いためか、花粉症の人も問題なく歩けるそうです。
訪問者数:233人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ