また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1268131 全員に公開 ハイキング紀泉高原

大福山

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間14分
休憩
41分
合計
3時間55分
Sスタート地点10:2011:00観音尾根分岐11:01岩神山分岐11:0511:20滝谷尾分岐11:21見返山分岐11:28八王子社跡分岐11:35奥辺峠11:4012:14葛城二十八宿 第三番経塚 紀州大福山 妙法蓮華経 譬喩品12:15大福山12:3512:38大福山地蔵尊12:4013:10奥辺峠13:20見返り山13:3014:15下山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

ここよりスタート
2017年09月24日 10:23撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここよりスタート
大関橋よりのコースでもある
2017年09月24日 11:02撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大関橋よりのコースでもある
岩神山方面との分岐
2017年09月24日 11:03撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩神山方面との分岐
分岐の前のベンチで休憩、以前撤退した滝谷沢が合流する
2017年09月24日 11:03撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐の前のベンチで休憩、以前撤退した滝谷沢が合流する
滝谷尾との分岐、このコースも面白い
2017年09月24日 11:20撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷尾との分岐、このコースも面白い
大福山に初めて登った時は、八王子社跡ルートだった
2017年09月24日 11:28撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大福山に初めて登った時は、八王子社跡ルートだった
大福山周辺の特徴ある尾根道
2017年09月24日 12:08撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大福山周辺の特徴ある尾根道
残念ながら淡路島、多奈川発電所が見えません
2017年09月24日 12:20撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら淡路島、多奈川発電所が見えません
奥辺峠分岐。見返り山を目指し札立山方面に行きます
2017年09月24日 13:08撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥辺峠分岐。見返り山を目指し札立山方面に行きます
初めてここに下山しました
2017年09月24日 14:14撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてここに下山しました
有効中学の向こう側の山すそを、今朝登った
2017年09月24日 14:23撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有効中学の向こう側の山すそを、今朝登った
撮影機材:

感想/記録

近くのスーパーで昼食弁当を購入し駐車地に到着。住宅地の横の坂道を通ってスタートする。有効中学の裏を通る。しばらく坂道を登ると観音尾根の分岐を右に見る。すぐ岩神山分岐がある。前のベンチで休憩し、餡パンを食べる。滝谷尾の分岐板には「山は楽しい」のプレートがビス止めされている。すぐ見返り山分岐、八王子社跡分岐となる。奥辺峠にて地元の2人組としばらく談笑する。大福山山頂にて昼食休憩。残念ながら今日は曇り空、淡路島方面も、和歌山市内もぼやけている。帰り道途中で見返り山経由で下山することにする。奥辺峠にて札立山方面の道を進む。通る人が少ないのか、顔が何度もクモの巣に引っかかった。山頂に着くと、札立山方面より一人の男が登ってきた。大福山近辺で何度もあったことがある人だ。大福山近辺は大変詳しく色々教えてもらう。帰りは途中より彼のルート(私にとっては初めてのルート)で先行してもらい下山する。その後、住宅街を駐車地を目指し歩く。
訪問者数:72人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

高原 撤退
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ