また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1268368 全員に公開 ハイキング支笏・洞爺

【おしごと】紋別岳

日程 2017年09月25日(月) [日帰り]
メンバー
 noshi(写真)
, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【車】職場 ⇒ 登山口
札幌北IC〜千歳ICまで高速道路を利用。
登山口までは1時間30分といったところ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
28分
合計
4時間8分
S紋別岳登山口09:5212:20紋別岳12:4814:00紋別岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【登り】2時間30分(1時間20分)
【下り】1時間10分(1時間)
※括弧内は『北海道 夏山ガイド』のコースタイム

【消費水分】水0.5
【すれ違った人】4組
コース状況/
危険箇所等
登山口の駐車場ば5〜6台停められる。
住宅地の裏なので、
近所迷惑にならないように注意したい。
正規のルートは全面舗装路。
ただし舗装が荒れている箇所もあるので、
足を挫かないように注意。
電線下の作業道は笹刈りがされておらず、
背丈程度の笹藪を延々漕ぐことになる。
その他周辺情報おしごとなので、
下山後は特に立ち寄らず職場へ。
当然ながら支笏湖温泉が近い。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 タオル ストック カメラ

写真

いざ征かん。
この程度は序の口だった。
2017年09月25日 10:05撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ征かん。
この程度は序の口だった。
沢っぽい箇所もある。
問題なく歩ける。
2017年09月25日 10:27撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢っぽい箇所もある。
問題なく歩ける。
真っ直ぐ延々と歩く。
この辺りは歩き易い。
2017年09月25日 10:33撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ直ぐ延々と歩く。
この辺りは歩き易い。
この通り、
笹薮祭りな上に、
傾斜もそれなり。
2017年09月25日 10:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この通り、
笹薮祭りな上に、
傾斜もそれなり。
まじすか…。
2017年09月25日 11:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まじすか…。
気付いたら、
結構登ってきていた。
支笏湖が眼下に拡がる。
2017年09月25日 11:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気付いたら、
結構登ってきていた。
支笏湖が眼下に拡がる。
1
登頂!
想像以上に歯応えがあった。
2017年09月25日 12:28撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂!
想像以上に歯応えがあった。
同行の方に撮って頂く。
自分は遠慮無く登山装備。
2017年09月25日 12:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同行の方に撮って頂く。
自分は遠慮無く登山装備。
3
ガスガスの樽前山、
風不死岳は晴れている。
これは絶景かな。
2017年09月25日 12:29撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガスの樽前山、
風不死岳は晴れている。
これは絶景かな。
1
紅葉もちらほらと。
2017年09月25日 12:30撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉もちらほらと。
山頂に人工物。
手稲山みたいな雰囲気だ。
2017年09月25日 12:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に人工物。
手稲山みたいな雰囲気だ。
下山は舗装路。
なかなかきつい。
2017年09月25日 12:53撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は舗装路。
なかなかきつい。
こんなゲートがあったのか。
2017年09月25日 13:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなゲートがあったのか。
登山ポストもあった。
電線下を歩いた為に、
スルーしていた。
2017年09月25日 13:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポストもあった。
電線下を歩いた為に、
スルーしていた。
無事下山完了。
良い山だった。
2017年09月25日 14:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山完了。
良い山だった。
撮影機材:

感想/記録
by noshi

まさか、
おしごとで山に登ることになろうとは。

ということで、
約3ヶ月振りの登山。

紋別岳に登ってきた。

登りは電線下を気合の直登であるが、
ルートの殆どが背丈程の笹薮に覆われていた。

同行の方は登山装備ではないので、
自分がずっと先行してひたすら藪漕ぎだ。

結果えらい時間がかかったが、
おしごとなので仕方無い。

電線下を登り終えて舗装路に出た時、
山ガールさん方に出会った。

笹薮からガサゴソ物音が聞こえたはずなので、
驚かせてしまったかもしれない。

『夏山ガイド』に書かれていた通り、
山頂からの景色は格別であった。

同行の方も、
山頂で食べるお弁当に大満足していたようである。

下りは本来のルート、
舗装路を歩く。

距離が長い上に、
登山靴で舗装路を歩くのはなかなかしんどい。

おしごとではあったが、
終始天候も良く山行としては素晴らしかった。
訪問者数:138人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ