また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1269235 全員に公開 ハイキング東海

愛知県民の森(尾根を周回)

日程 2017年09月26日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
森トピアの駐車場に停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間22分
休憩
11分
合計
6時間33分
S愛知県民の森 モリトピア09:3811:03東尾根展望台11:0412:09北尾根展望台12:1812:32大幸田峠13:43P74414:44国体尾根分岐15:36南尾根展望台16:10愛知県民の森 モリトピア16:1116:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備されて危険個所は有りません、先日の台風の影響か登山道に、新しい倒木が3か所ありました。
その他周辺情報コンビニは、三遠南信の鳳来挟IC近くに、ファミリーマート(名号)、と大野地区に有ります。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

森トピア、この奥のAキャンプ場からスタートです。
2017年09月26日 09:35撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森トピア、この奥のAキャンプ場からスタートです。
1
キャンプ場から杉の植樹林を登り、岩場からの最初の展望です。
2017年09月26日 09:55撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場から杉の植樹林を登り、岩場からの最初の展望です。
4
最初の防火用水28番です、ここは右に。
2017年09月26日 09:59撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の防火用水28番です、ここは右に。
1
この道はシャクナゲ尾根です、春に成ると綺麗なシャクナゲの花が見れます。
2017年09月26日 10:01撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道はシャクナゲ尾根です、春に成ると綺麗なシャクナゲの花が見れます。
1
県民の森全体にシャクナゲが多く自生しています。
2017年09月26日 10:08撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県民の森全体にシャクナゲが多く自生しています。
1
前回来た時には無かった倒木。
2017年09月26日 10:17撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回来た時には無かった倒木。
1
左はオシドリ池方面、ここは右に行きます、5m位先には目印の防火用水27番が有ります。
2017年09月26日 10:19撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左はオシドリ池方面、ここは右に行きます、5m位先には目印の防火用水27番が有ります。
3
右側は獅子岩方面に行く道です、特に問題は有りませんが一応進入禁止となっています、今日は直進して東尾根を行きます。
2017年09月26日 10:25撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側は獅子岩方面に行く道です、特に問題は有りませんが一応進入禁止となっています、今日は直進して東尾根を行きます。
1
岩場に青空、とても綺麗です。
2017年09月26日 10:30撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に青空、とても綺麗です。
4
鳳来湖北側のおむすび岩と乳岩方面。
2017年09月26日 10:30撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳来湖北側のおむすび岩と乳岩方面。
2
この岩場を登ると。
2017年09月26日 10:40撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩場を登ると。
1
岩場からの展望、南尾根が見えます、下山時は此処を通る予定。
2017年09月26日 10:41撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場からの展望、南尾根が見えます、下山時は此処を通る予定。
5
歩き易い道を下り、奥に見える道を登り返します。
2017年09月26日 10:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き易い道を下り、奥に見える道を登り返します。
3
一寸見難いが、上臈岩と奥には明神山が見えます。
2017年09月26日 10:54撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一寸見難いが、上臈岩と奥には明神山が見えます。
1
また此処を下り、登り返しです。道がはっきり見えます。
2017年09月26日 10:57撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また此処を下り、登り返しです。道がはっきり見えます。
1
東尾根展望台、ここで中尾根から登ってきた、男性一人と出会いました。
2017年09月26日 11:01撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根展望台、ここで中尾根から登ってきた、男性一人と出会いました。
1
東尾根と北尾根の分岐点。
2017年09月26日 11:20撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根と北尾根の分岐点。
1
分岐点を少し下れば、上臈岩への分岐点。
2017年09月26日 11:21撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点を少し下れば、上臈岩への分岐点。
1
水位が下がった、鳳来湖の上流が見えました。
2017年09月26日 11:46撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水位が下がった、鳳来湖の上流が見えました。
4
岩場には手すりと階段が取り付けられています。
2017年09月26日 11:46撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場には手すりと階段が取り付けられています。
2
K280(境界の杭の番号)からの展望。
2017年09月26日 11:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
K280(境界の杭の番号)からの展望。
4
北尾根展望台に到着、ここの日陰で昼食。
2017年09月26日 12:09撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根展望台に到着、ここの日陰で昼食。
1
大幸田峠、左は蔦の滝方面、右は表示して有りませんが、鳳来湖の上流へ行けます、まだ行った事は無いけど。
2017年09月26日 12:29撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大幸田峠、左は蔦の滝方面、右は表示して有りませんが、鳳来湖の上流へ行けます、まだ行った事は無いけど。
1
左下の道は滝尾根方面へ、正面のシダを刈ってある道を行きます、ここからは急登が多く有ります。
2017年09月26日 12:35撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下の道は滝尾根方面へ、正面のシダを刈ってある道を行きます、ここからは急登が多く有ります。
1
今登った道を振り返って撮影、此の辺りから足に痙攣が起き始めました。
2017年09月26日 12:43撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今登った道を振り返って撮影、此の辺りから足に痙攣が起き始めました。
1
少し登っては止り、を何回も繰り返して、少しづつ登ります、ここで降りてくる登山者に出会いました。
2017年09月26日 13:04撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登っては止り、を何回も繰り返して、少しづつ登ります、ここで降りてくる登山者に出会いました。
1
やっと北尾根・西尾根・宇連山への分岐点に出ました、ここで少し休憩です。
2017年09月26日 13:40撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと北尾根・西尾根・宇連山への分岐点に出ました、ここで少し休憩です。
3
休憩を取り下ります、登りと違って楽に歩けます。
2017年09月26日 13:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩を取り下ります、登りと違って楽に歩けます。
1
西尾根も傾斜が強く、登ると大変な道です。
2017年09月26日 13:53撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根も傾斜が強く、登ると大変な道です。
3
左は滝沢方面、亀石の滝・下石の滝に行けます。
2017年09月26日 14:00撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は滝沢方面、亀石の滝・下石の滝に行けます。
1
防火用水5番、ここを直進すると秘密の岩場、今日は行きません左に行きます、
2017年09月26日 14:27撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防火用水5番、ここを直進すると秘密の岩場、今日は行きません左に行きます、
1
下の巻き道から見た、秘密の岩場。
2017年09月26日 14:31撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の巻き道から見た、秘密の岩場。
4
ここにも倒木が有りました、その明にもありましたので、今回3か所。
2017年09月26日 14:32撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも倒木が有りました、その明にもありましたので、今回3か所。
1
左は国体コース尾根、足のつりが良くならなかったら、ここを降りようと思いましたが、何とかこのままいけそうです。
2017年09月26日 14:40撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は国体コース尾根、足のつりが良くならなかったら、ここを降りようと思いましたが、何とかこのままいけそうです。
1
南尾根は岩場が多い為、展望も多く有ります。
2017年09月26日 14:43撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南尾根は岩場が多い為、展望も多く有ります。
5
青空が綺麗な、明神山方面。
2017年09月26日 14:45撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が綺麗な、明神山方面。
5
岩場を進み、奥の山まで。
2017年09月26日 15:15撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を進み、奥の山まで。
4
やっと南尾根展望台に到着、あと30分ほどで森トピアにつくはずです。
2017年09月26日 15:33撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと南尾根展望台に到着、あと30分ほどで森トピアにつくはずです。
1
まだまだ岩場が有ります。
2017年09月26日 15:38撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ岩場が有ります。
2
森トピア到着、予定の14時を少しオーバー、でもOK。
2017年09月26日 16:08撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森トピア到着、予定の14時を少しオーバー、でもOK。
4
撮影機材:

感想/記録

今日は、来週初めに何時ものメンバーで、遠出の登山ををする予定の為、
自分がみんなの足を引っ張らない様に、トレーニングに出かけました。
少し長めのルートで、出来るだけ早く歩きたいと思って、歩き始め、
最初は良かったのですが、北尾根では疲れが出てきて、足が痙攣し始めだましだまし歩きましたが、宇連山への分岐までの北尾根は、急傾斜が多くまともに歩けなくなり、10歩歩いては立ち止まり、又10歩歩いて立ち止まりを繰り返し、やっとの事で分岐点まで行けました。
西尾根での下りは、比較的楽に歩く事が出来ます、しかし登りに成るとまた痛み出します、このままでは予定の南尾根を行けず、国体尾根で降りる事に成るかもと思いましたが、だいぶ良くなり当初の計画通り南尾根を行く事にしました。
トレーニングの為、なるべく負荷を掛けようとしましたが、痙攣が起き体力作りに成ったのか?疑問。
こむら返りの薬、芍薬甘草蕩を忘れたのは残念、これから忘れない様に気を付けなければ。
それでも、当初の計画通りのルートを周れ、時間も少しオーバーで済みました。
こつこつトレーニングをしないといけませんね。
訪問者数:348人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/4/18
投稿数: 214
2017/9/26 23:12
 お疲れ様です
nakoeさんこんばんわ!

何度も訪れている県民の森ですが、一周繋げて歩いたことはありません。細かいアップダウンが多くてトレーニングには最適ですよね(^.^)
でも、反時計回りってことは北尾根登りで使うんですよね…キツそう(^◇^;)
登録日: 2013/3/24
投稿数: 1305
2017/9/27 6:15
 ご苦労様!
歩くほどにいつか慣れてきて、けいれんも楽になってくると思います。
遠出楽しんできてください。(g)
登録日: 2014/5/29
投稿数: 281
2017/9/27 16:12
 Re: お疲れ様です
abarenecoさん こんにちは。
私も何年か前に、一度だけ今回のコースを歩いたことが有りますが、なかなか一周することは無いですね。
北尾根からP744の宇連山への分岐点まで登る所は、キツイ登りで両足が悲鳴を上げてしまいました、それでもゆっくりと登る事で辿り着けました。
西尾根からのルートも、北尾根と変わらない位のきつさだと思います。
やはり、宇連山への道は「こんきい、こんき」いですね。
登録日: 2014/5/29
投稿数: 281
2017/9/27 16:18
 Re: ご苦労様!
gさん こんにちは。
やはり、急に行うのではなく、日ごろからコツコツとトレーニングに努めなくてはいけませんね、来週はゆっくり登って行きたいと思います。
3日火曜日の天気がイマイチで心配ですが、楽しんできます。
登録日: 2012/11/11
投稿数: 3099
2017/9/27 21:49
 ストレッチ
nakoe15さん、こんばんわ。

私もここ1周したことがあります。やはりトレーニングのために。
でも、あの北尾根を登ろうという気にはなれず時計回りでしたけどね

痙攣が頻繁ですね 。食事、水分や運動はもちろんですが、山行前と後のストレッチを入念にしてみるのも1つの手だと思います。休憩中も忘れずにね。
登録日: 2014/5/29
投稿数: 281
2017/9/28 7:48
 Re: ストレッチ
ritaさん おはようございます。
コメントありがとうございます、
痙攣さえ無ければ、楽しい登山も痙攣が起きると、グループに迷惑がかかります、
十分ストレッチをして、余裕を持ったペースで次回の登山を楽しんできます

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ