また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1272119 全員に公開 ハイキング関東

筑波山、薬王院コースを今日もね。

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間58分
休憩
10分
合計
3時間8分
S椎尾山薬王院08:3010:17御幸ヶ原10:1710:25筑波男体山10:3510:40御幸ヶ原10:4011:38椎尾山薬王院11:3811:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
先週、倒木が二箇所あって迂回しなくては通れなかったコースが、山頂付近の倒木は撤去されており、
林道からちょっと上の倒木はまだ残ってはいたものの、枝葉が切り落とされていたので、またげるようになってた。
又、一昨日の雨で登山道はぬかるんでいて、乾くまで、あと二、三日はかかりそう。

つくし湖畔の無料駐車場は12時に降りてきたら、ほぼ満車だった。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

コース三分の一ほど行くと出てくる林道と交差するポイント。やっぱりここで皆、休憩するんですね。
同時に4組ほど、休憩。座れる石が一つしかないんで、ベンチとか作ってほしいなぁ。。
2017年09月30日 09:05撮影 by iPad mini 2, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース三分の一ほど行くと出てくる林道と交差するポイント。やっぱりここで皆、休憩するんですね。
同時に4組ほど、休憩。座れる石が一つしかないんで、ベンチとか作ってほしいなぁ。。
それまでの静かな山道が急に賑やかな人がたくさんいる、ケーブルカー山頂駅に到着。
2017年09月30日 09:54撮影 by iPad mini 2, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それまでの静かな山道が急に賑やかな人がたくさんいる、ケーブルカー山頂駅に到着。
山頂駅のおススメ、この筑波ソフトクリーム、\340。美味いんだ、これ。牛乳の濃厚な味がいっぱいなのに、サッパリしてる。
2017年09月30日 09:58撮影 by iPad mini 2, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅のおススメ、この筑波ソフトクリーム、\340。美味いんだ、これ。牛乳の濃厚な味がいっぱいなのに、サッパリしてる。
1
着いた、男体山山頂。
2017年09月30日 10:28撮影 by iPad mini 2, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた、男体山山頂。
女体山山頂を見ると、雲がかかってる。
2017年09月30日 10:30撮影 by iPad mini 2, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女体山山頂を見ると、雲がかかってる。
薬王院コースの一番の難所?心臓破りの階段。私は下っているので大丈夫ですけどね。
2017年09月30日 11:01撮影 by iPad mini 2, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬王院コースの一番の難所?心臓破りの階段。私は下っているので大丈夫ですけどね。
急な階段を降りて見上げたトコ。う〜ん、実物はもっと急なのに写真ではあまりそう見えん。。
2017年09月30日 11:06撮影 by iPad mini 2, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な階段を降りて見上げたトコ。う〜ん、実物はもっと急なのに写真ではあまりそう見えん。。

感想/記録

そしていつもの何処にも行けない時はとりあえずの筑波山。この薬王院コースは、ほぼ地元住民のみが行き来するコース。交通の便も悪いしね。マイカーでないと無理。

このコースの肝は林道を超えてからまもなく現れる心臓破りの階段。
ここを登るポイントは、決して登る先を見上げないコト。
上を見ると、心が折れる。。

今日はわりと楽に登れたが、
如何にもアスリート!
っていう格好の男性が途中でうつ向いて固まってたのを見て、
おぉ、こんなアスリートも根を上げる階段であれば、
ワタシが息が上がるのは「仕方ないっ!」
そう思った。

山の上では、バスツアーで来た、おじさん、おばさん集団が、
こんな大変だとおもわなかったわよ!
とボヤいてたが、
ケーブルカー乗るまでの200段ほどの階段が
キツかった模様。
そうか、あれもお年寄りにはキツイのか。

今回、登り始めた時から、下山時迄ずっと、
ほぼ同じペースで歩み、抜いたり抜かしたりを繰り返した父子。
中学生らしき男子とお父さん。

疲れますね、と一言、声を掛けたぐらいなのだが、
最後の下山のタイミングまで一緒だったので、
妙な親近感が湧く。
向こうもそうだったよう。

駐車場で車に乗り込む際、
「お疲れ様!」
と笑顔で声をかけられた。
訪問者数:71人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 倒木 ケーブルカー クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ