また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1276401 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

雨飾山

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
1時半頃の到着でしたが2〜3台の空き。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
2時間40分
合計
8時間5分
S雨飾山登山口05:4507:00荒菅沢08:1009:30笹平10:00雨飾山11:3012:00笹平12:35荒菅沢13:50雨飾山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
雨飾山という優しい名前に似合わずアップダウンあり、急坂あり、岩場あり、と登り堪えのあるいいお山でした。ひとつの大問題を除いて…。

快晴の天気予報に期待して山行きを急遽決定したので準備不足もあったのですが、荒菅沢を渡ってすぐのルートの入口を見落としてしまい正規のルートの隣にある沢を登ってしまうという大失態でした。往復で一時間ほどロスしました。

手元の地図にも特に道迷い注意の表示もなくうっかり入り込んでしまったのですが、段々急になってくるし、そう言えば目印もしばらく見ていないし、おかしいと思いながらも、あそこを曲がったら表示板でもあるのでは、とか、この先の茂みあたりが次のルートへの入口なんじゃないか、とかしばらく迷いながら登っているうちに気が付くと30分以上が経っていました。実感としては15分ぐらいのことでしたが。
一度戻って確認して合っていたらもう一度登ってくればいいし、そもそも合っていればそれまでに誰かに会うだろうし、とようやく戻ることにして事なきを得ました。

荒菅沢からの正規のルートもかなりの急坂で笹平の手前までがっつり登ります。

快晴の空に反して稜線に出ると風は強く冷たくレインウェアを着ても少し肌寒く感じました。ただ見晴らしがめちゃくちゃいいのでこの辺りは山座同定(誤定?)しつつこの日一番のハイライトでした。

山頂ではやはり白馬岳の山容が見ものです。個人的には実際に登った時の印象よりはるかに大きく感じました。

火打、妙高方面も青空がきれいで相当長居をしましたが厚手のフリースをレインウェアの下に一枚追加してフリースの帽子と手袋で寒さも心地いいぐらいに調節できました。

下山は誤登のダメージがじわじわ効いてきて最後は完全に足が止まりましたが、最近よくやる大転倒もなく無事(?)に帰ってこられました。
コース状況/
危険箇所等
荒菅沢を渡った後、ルートを間違えてしまいました。
その他周辺情報道の駅小谷で食事、お土産をまとめて済ませました。
お風呂もありましたが時間節約でパスしました。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

キャンプ場脇から出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場脇から出発します。
1
最初は早朝の静かな湿地を足慣らし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は早朝の静かな湿地を足慣らし。
平坦な湿地を抜けると斜面にとりついていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な湿地を抜けると斜面にとりついていきます。
朝陽が差してきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽が差してきました。
お天気は期待できそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お天気は期待できそうです。
山頂方面が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面が見えてきました。
1
少しずつ谷間にも光が射し込んできます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ谷間にも光が射し込んできます。
色づくのはまだ少し先になりそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色づくのはまだ少し先になりそう。
なかなかの大岩壁。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの大岩壁。
4
隣にあるもうひとつの沢。てっきりこっちがルートかと…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣にあるもうひとつの沢。てっきりこっちがルートかと…。
1
あれ?何かちょっとおかしい??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ?何かちょっとおかしい??
道を間違えていました。。
再び荒菅沢へ戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道を間違えていました。。
再び荒菅沢へ戻ってきました。
気を取り直して登り直します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直して登り直します。
この斜面もなかなか急でみるみる高度をあげていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面もなかなか急でみるみる高度をあげていきます。
赤くなるまであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤くなるまであと少し。
1
こちらもあと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもあと少し。
2
これを見たら下山後の乾杯はやっぱり?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを見たら下山後の乾杯はやっぱり?
1
稜線に出ると北アルプス方面がよく見えます。槍ヶ岳も小さく見えてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると北アルプス方面がよく見えます。槍ヶ岳も小さく見えてました。
いよいよ山頂が目の前に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂が目の前に。
3
山頂までまだ意外と遠い笹平。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までまだ意外と遠い笹平。
1
荒菅沢を見下ろす。
迫力あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒菅沢を見下ろす。
迫力あります。
1
山頂のお地蔵さま。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のお地蔵さま。
2
白馬岳。
写真よりも実際にはもっとドーンとした感じで見応えありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳。
写真よりも実際にはもっとドーンとした感じで見応えありました。
2
山頂より北アルプス方面を見る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より北アルプス方面を見る。
1
反対側、笹平を見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側、笹平を見下ろす。
2
少し霞がかってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し霞がかってきました。
糸魚川方面も海までよく見えてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
糸魚川方面も海までよく見えてました。
名残惜しいですが下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが下山します。
1
そういえば期待していた紅葉は…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そういえば期待していた紅葉は…。
1
まだほとんどなかったような。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだほとんどなかったような。
1
晴れてくれたから良しとしますか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてくれたから良しとしますか。
お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
1
訪問者数:581人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉 地蔵 キャンプ場
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ