また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

雨飾山(あまかざりやま)

最終更新:g-okabe
基本情報
標高 1963m
場所 北緯36度54分06秒, 東経137度57分45秒
 雨飾山は、長野県北安曇郡小谷村中土(南麓にある雨飾高原)と新潟県糸魚川市梶山(根知谷の奥)との県境に位置します。雨飾山とその周辺の高原や温泉地は、妙高戸隠連山国立公園(※1)に属し、公園の最西端を占めています。また、頸城山塊(くびきさんかい、別称:頸城アルプス※2)の最西端の山でもあります。南麓の長野県側の登山基地は「雨飾高原・小谷温泉」。北麓の新潟県側の登山基地は、根知谷の奥に所在する「雨飾温泉」になります。山頂からは、2本の主要な登山道が南北に伸びていることになります。南麓の長野県側では、小谷温泉(雨飾高原)から『小谷温泉道』に進みます。北麓の新潟県側では、雨飾温泉(旧梶山新湯)から『薬師尾根道(梶尾道)』を登ります。また、小谷村大網(姫川温泉の東隣の集落)から入る登山道(大網道)もあります。
 日本百名山に選定されている「雨飾山」の山頂には、二等三角点「雨飾山」(標高1963.27m)が設置されています。また、山頂部分は小さな双耳峰になっていて、「猫の耳」と呼ばれています。小谷温泉ないし雨飾温泉からの登山道を山頂に向かって進むと、先に「北峰」に辿り着きます。「北峰」には石仏が並んでいます。また、北峰から西方向に下る『大網道』が出ています。北峰からわずか40mほど進むと、山頂である「南峰」に到着します。

※1:妙高戸隠連山国立公園は、新潟県南部と長野県大北地域にまたがる国立公園です。2015年に上信越高原国立公園から分離して成立したばかりの公園です。「妙高山・焼山と妙高高原」、「黒姫山・戸隠山・飯縄山と飯綱高原」、「野尻湖とその周辺」、「雨飾山と周辺」〜を含んでいます。

※2:頸城山塊(頸城アルプス)は、「妙高戸隠連山国立公園」内にある連峰です。妙高山−火打山−新潟焼山−雨飾山〜が主な峰々です。

ーーー< アクセス >ーーー

 「北陸道糸魚川IC」からと「長野道安曇野IC」から〜の2通りのアクセス方法があります。いずれも、国道158号線から横道に入り、登山口に進みます。

ーーー< 登山口と登山道 >ーーー

 〔師尾根道(梶山道)の登山口=雨飾温泉登山口

 糸魚川ICから約7.5km南下した所の「根知谷口」交差点から、「新潟県道225号線」に入ります。約11.0km進むと、薬師尾根道(別称:梶山道)の登山口がある「雨飾温泉(1軒宿)」に到着です。

◆‖臾崙察覆あみどう)の登山口

 糸魚川ICから約19km南下した所の「平岩」交差点から、「林道姫川妙高線」に入ります。この林道を約12.3km進むと、大網道の登山口です。この登山口は、雨飾高原の西側に位置し、姫川の支流の横川の上流域になります。

 小谷温泉道の登山口=雨飾高原登山口

 糸魚川ICから約30km南下した所の「小谷温泉口」交差点から、「長野県道114号線」に入ります。約18.5km進むと、登山口です。途中通過する小谷温泉からは、雨飾高原を4.5kmほど登ると、小谷温泉道の登山口のある雨飾高原キャンプ場に到着します。
山頂 北峰、南峰(山頂)
分岐 小谷温泉道から「金山」への分岐点、笹平分岐=小谷温泉道と薬師尾根道との合流点、北峰には大網道の下り口
登山口 雨飾高原登山口(小谷温泉道登山口)、大網道(おあみどう)登山口、薬師尾根道登山口(梶山道登山口)
駐車場 長野県側:小谷温泉道の登山口前(キャンプ場近く)/新潟側:雨飾温泉「雨飾山荘」近くの駐車場
テント場 雨飾高原キャンプ場:オートキャンプサイト+登山者用テントサイト(小谷温泉道登山口前)
他の宿泊施設 長野県側:小谷温泉奥の湯「雨飾荘」・小谷温泉「山田旅館」/新潟側:雨飾温泉「雨飾山荘」
水場 小谷温泉道の途中にある「荒菅沢(あらすがざわ)」
お風呂 長野県側:小谷温泉奥の湯と雨飾高原露天風呂(協力金)・小谷温泉/新潟側:雨飾温泉

山の解説 - [出典:Wikipedia]

雨飾山(あまかざりやま)は、長野県北安曇郡小谷村と新潟県糸魚川市との県境にある、標高1,963.2mの山である。妙高戸隠連山国立公園に属している。
山頂は360度の展望があり、二等三角点が設置されている。深田久彌によって日本百名山に選定された。長野県側からは小谷温泉から、新潟県側からは雨飾温泉から、それぞれ主要な登山道がある。また、小谷村大網からも登山道が伸びるが、前者に比べ、登山者は少ない。なお、小谷温泉からの登路は荒菅沢奥壁となる「布団菱」を眺めながら比較的楽に登頂できるが、雨飾温泉側からは急登が続く薬師尾根を登らねばならない。
山頂は「猫の耳」と呼ばれる双耳峰となっており、南峰には標柱と三角点が、北峰には石仏が並ぶ。北峰、南峰はそれほど離れておらず標高差もさしてない。

File:Mount Amakazari Relief Map, SRTM-1.jpg|地形図、雨飾山は画像の中心
File:Mount Amakazari2010.10.20.JPG|雨飾山の山頂
File:Futonbishi.JPG|布団菱(岩壁名)
File:雨飾山.JPG|頸城駒ケ岳より
File:Mt.Amakazari from Mt.Myouji.jpg|明星山より
File:雨飾りの乙女.JPG|「雨飾りの乙女」と称される登山道
File:荒菅沢.JPG|紅葉の荒菅沢

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「雨飾山」 に関連する記録(最新10件)

妙高・戸隠・雨飾
  88    36  1 
2017年11月13日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  35    28 
tongchangyumimiEmma3, その他1人
2017年11月13日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  36   49  2 
2017年11月10日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  69    24 
2017年11月05日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  60    130 
2017年11月05日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  46    20 
moriyou, その他1人
2017年11月05日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  12    14 
2017年11月03日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  2    7 
sade0708, その他3人
2017年11月03日(日帰り)
甲信越
  
2017年11月03日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  25    5 
2017年11月03日(日帰り)
ページの先頭へ