また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1276584 全員に公開 ハイキング北海道

雌阿寒岳(雌阿寒温泉コース)

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間43分
休憩
5分
合計
2時間48分
S雌阿寒温泉コース登山口(登山届ポスト)08:1809:53雌阿寒岳山頂09:5811:06雌阿寒岳温泉コース登山口(登山届ポスト)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 朝8時過ぎに駐車場へ着いた時には、すでに数十台の車が停まっていました。
 日曜日で天気が良かったせいもあるのでしょうが、登山準備をしている最中にも駐車する車の数は次々と増えていき、日本百名山でもあるし、さすがに人気の山だなぁ〜と感心してしまいました。
 公共駐車場のすぐそばには水洗式のトイレも設置されており、さらに国民宿舎である野中温泉もあり、設備的には随分と恵まれた登山口だと思いました。

写真

登山届ポスト(登山者名簿入れ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届ポスト(登山者名簿入れ)
登山者カウンター
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者カウンター
ピンクテープがあちこちに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクテープがあちこちに
ハイマツ帯の中を通る登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯の中を通る登山道
ハイマツの向こうに見える山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの向こうに見える山頂
登山道脇で紅葉していた30cm丈のもみじ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇で紅葉していた30cm丈のもみじ
1
登山口ポスト(登山者名簿入れ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口ポスト(登山者名簿入れ)

感想/記録

 登山道の大まかな印象は、下の方はアカエゾマツの林の中を、三合目から上はハイマツの樹林帯の中を、そして七合目から上は土に埋まった岩石帯の中を、それぞれ通っている感じでした。
 途中、登山道が不鮮明になっている箇所が数ヶ所ありましたが、いずれも、ピンクテープや岩への黄色いペイントによる目印などをたどっていくと正しい登山道を見つけることができました。

 この日は、天気は良かったものの、結構強い風が吹いていました。特に七合目から上は風を遮る木々がないため、かなり肌寒く感じました。
 日曜日で晴天だったせいもあったためか、この日の登山者は百人近くいたのではないかと思われましたが、外人(欧米系)の登山者が結構多かった(10名くらい?)のが印象的でした。
 すれ違う登山者が日本人の場合は「こんにちは〜!」で構わないと思いましたが、外人の場合も同じ挨拶で良いのか、それとも英語で話しかけた方が良いのか迷いましたが、最初に出会った外人の女性がとても流ちょうな日本語で「こんにちは〜!」と挨拶してくれたので、結局、異人さんたちに対しても日本人と同様に「こんにちは!」と挨拶することにしました。
 ただし、狭いハイマツの登山道ですれ違う際には「プリーズ!」と声掛けをして先に進んでもらうようにしました。

 登山道はこれと言った急登はなく、かと言ってだらだらと緩やかな坂が続くわけでもなく、特に三合目くらいから上は丁度良い感じの傾斜が続いていて、登るのに比例して確実に高度が上がっていく感じで、お陰で2時間は掛かるだろうなぁ〜と言う自分自身の事前の予想に反し、登山届ポストから1時間30分ちょっとで山頂に着いてしまいました。
 思い切ってそのまま阿寒富士まで縦走してみようかと思いましたが、頂上付近は風速10m近い強風が吹いていたため、外輪山上の狭い登山道をたどって行くのはさすがに危険だと思い、阿寒富士へ行くのは次回の楽しみにすることにしました。
 
 今は、休火山とか活火山とか言う区別はしないようになっているそうですが、山頂付近から見える周辺の光景は、いかにも火山帯の真っ只中と言った雰囲気であり、雌阿寒岳は正に活火山そのものだと思わされました。他の山々ではなかなか見ることのできない独特の景色が見られる山だと思いました。
 登山道については、難易度の高い箇所はありませんが、山頂付近の登山道は両側が切れ落ちている感じでかなりの傾斜があって高度感もあり、高所恐怖症の人にはちょっと辛いかな?と感じました。
 とは言え、はみ出し防止用(?)と思われる、張られているロープからはみ出さなければ何の問題もありません。

 時期的に、きれいな「紅葉」が観れるかも?と少し期待していたのですが、少々遅かったようで、残念ながらきれいな紅葉を観ることは叶いませんでした。

 下山後、阿寒湖温泉のホテルの屋上にある露天風呂から観た雌阿寒岳は、とても優雅できれいに観えました。
訪問者数:130人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ