ヤマレコ

記録ID: 1276630 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

同窓会山岳部No.9 谷川岳リベンジ

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
09:09 スタート(0.00km) 09:09 - 休憩(1.65km) 09:58 - 休憩(2.69km) 11:00 - 休憩(2.99km) 11:21 - 山頂(3.19km) 11:40 - 山頂(3.55km) 12:00 - その他(6.31km) 14:41 - その他(6.57km) 14:47 - ゴール(6.99km) 14:56

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ トレッキングポール
共同装備 調理用食材 調味料 ガスカートリッジ ジェットボイル フライパン

写真

すごい大群が出発したぞ
2017年10月01日 09:10撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい大群が出発したぞ
白毛門、朝日岳をバックに
2017年10月01日 09:15撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門、朝日岳をバックに
1
熊穴沢避難小屋まで、渋滞をかき分けてきたが標準タイムの45分
2017年10月01日 10:02撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋まで、渋滞をかき分けてきたが標準タイムの45分
登山道は人がひしめき合って地面が見えない
2017年10月01日 10:23撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は人がひしめき合って地面が見えない
万太郎山?
2017年10月01日 10:29撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎山?

感想/記録
by supra

同窓会山岳部が発足して間もない2013年7月に登った谷川岳。あのときは天気が良くなくて、途中で雨に降られ、山頂の展望もなく、メンバーの一人は二日酔いで熊穴沢避難小屋で撤退という散々な山行だった。計画の発案者だったメンバーはその後シンガポールへ転勤してしまい、今回たまたま帰国の日程にはまったためにリベンジを期して登ることになった。
秋晴れに紅葉が重なってべストシーズンとなったが、人出も多く、50人もの高齢者のパーティに行く手を遮られるかっこうになり、かき分けかき分け進むという感じでペースが上がらなかった。と思ったものの、実際には標準コースタイムどおりであり、高齢者の一群もそれなりのペースだったのね、と認識を改めた。
山頂もひしめき合っていたが、360度の大展望を満喫し、定番のホットドッグでおなかも満たして下山後は水上町営の湯テルメ・谷川で汗を流し、分岐点にあったカフェ亜詩麻の焼きカレーを夕食に。
ちなみに、二日酔いで撤退していたメンバーも数日前の晴れた日に単独でリベンジを果たしている。
訪問者数:63人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

避難小屋 紅葉 撤退 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ