また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1278004 全員に公開 ハイキング比良山系

米買い道(畑側林道〜地蔵峠〜米買い道出合)を歩く

日程 2017年10月04日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り一時晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR近江高島駅〜畑 江若バス20分。
畑〜林道鵜川村井線の地蔵峠登山口 徒歩25分。
林道の路肩に2〜3台駐車可能。場所点在。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間9分
休憩
22分
合計
5時間31分
Sスタート地点09:1009:45地蔵峠09:4610:35ヒジキ滝10:4011:11コメカイ道出合11:41笹峠道出合12:31笹峠12:4513:05イクワタ峠13:28釣瓶岳13:3013:47イクワタ峠14:15地蔵山14:16地蔵峠14:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
米買い道
畑側林道〜地蔵峠 は倒木が在るものの、道は顕在。
地蔵峠〜米買い道出合 はヒジキ谷付近の高巻き道が悪い。左岸の虎ロープは切れかかっている。
地蔵峠から猪谷へ降りる道が判らない。
猪谷沿いの道から左岸に上がる場所が分かり難い。
道幅が狭く、斜面の中腹を行くので神経を使う。(常に滑落しそう)
笹峠道
笹峠道出合〜笹峠 標高700辰鬚曚椒肇薀弌璽后しかし道が自然に帰ろうとしている。獣道程度。4回程支尾根に上がるが、支尾根は上がらない。トラバース道。テープが有るのは最初と終わりだけ。
道は傾いているので滑落注意。幅はとても狭い。
その他周辺情報比良川まで戻らないと温泉は無い。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ ロープ スリング

写真

A8:48 林道鵜川村井線分岐。右折。直進すると畑。
2017年10月04日 08:48撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:48 林道鵜川村井線分岐。右折。直進すると畑。
A9:09 林道の地蔵峠登山口(横谷トンネルの少し手前)。標示・標識は無い。テープのみ。
2017年10月04日 09:09撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:09 林道の地蔵峠登山口(横谷トンネルの少し手前)。標示・標識は無い。テープのみ。
A9:21 道を塞ぐ倒木は有るが、掘りこまれた立派な道が有る。
2017年10月04日 09:21撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:21 道を塞ぐ倒木は有るが、掘りこまれた立派な道が有る。
A9:45 地蔵峠。ここから猪谷までの昔の道は判らない。私は、左奥の支尾根を辿り猪谷へ降りる。
2017年10月04日 09:45撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:45 地蔵峠。ここから猪谷までの昔の道は判らない。私は、左奥の支尾根を辿り猪谷へ降りる。
A9:46 昔からある地蔵峠のお地蔵さん。
2017年10月04日 09:46撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:46 昔からある地蔵峠のお地蔵さん。
A9:48 落ちていた木の実。長さ4儖漫2燭亮造御存じの方、教えて下さい。HB1214さん・Captsubaさんから土アケビの実と教えて頂きました。
2017年10月04日 09:48撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:48 落ちていた木の実。長さ4儖漫2燭亮造御存じの方、教えて下さい。HB1214さん・Captsubaさんから土アケビの実と教えて頂きました。
2
A9:53 猪谷源流部。
2017年10月04日 09:53撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:53 猪谷源流部。
1
A10:00 谷合流点。この辺から道らしき物が見られる。
2017年10月04日 10:00撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:00 谷合流点。この辺から道らしき物が見られる。
A10:03 猪谷沿いを行く。何度も川を渡る。
2017年10月04日 10:03撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:03 猪谷沿いを行く。何度も川を渡る。
A10:05 地蔵峠から500叩I玄韻暴亶腓Α
2017年10月04日 10:05撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:05 地蔵峠から500叩I玄韻暴亶腓Α
A10:12 栃の木の巨木もある猪谷を下る。だいたい道らしく見える。
2017年10月04日 10:12撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:12 栃の木の巨木もある猪谷を下る。だいたい道らしく見える。
A10:15 2つ目の標識。地蔵峠から1辧この先で左岸を高巻く道になる。
2017年10月04日 10:15撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:15 2つ目の標識。地蔵峠から1辧この先で左岸を高巻く道になる。
A10:18 炭焼き跡。ここは下り過ぎ。戻るのが面倒なので左の斜面を登る。
2017年10月04日 10:18撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:18 炭焼き跡。ここは下り過ぎ。戻るのが面倒なので左の斜面を登る。
A10:25 高巻き道に出る。
2017年10月04日 10:25撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:25 高巻き道に出る。
A10:33 ヒジキ谷へ降りる。虎ロープがある。無いと厳しい斜面。
2017年10月04日 10:33撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:33 ヒジキ谷へ降りる。虎ロープがある。無いと厳しい斜面。
A10:34 ヒジキ谷。右岸を降りて来た。奥に見えるのがヒジキ滝。
2017年10月04日 10:34撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:34 ヒジキ谷。右岸を降りて来た。奥に見えるのがヒジキ滝。
4
A10:36 ヒジキ滝。下段10丹漫
2017年10月04日 10:36撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:36 ヒジキ滝。下段10丹漫
3
A10:39 上段も8丹未△襦
2017年10月04日 10:39撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:39 上段も8丹未△襦
1
A10:41 左岸の急斜面に付いている虎ロープは今にも切れそう・・つかんではいけません。
2017年10月04日 10:41撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:41 左岸の急斜面に付いている虎ロープは今にも切れそう・・つかんではいけません。
A10:48 道が傾いていている。滑ると20丹眠爾侶未泙罵遒舛修Α
2017年10月04日 10:48撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:48 道が傾いていている。滑ると20丹眠爾侶未泙罵遒舛修Α
1
A10:51 この辺は、栃の木の巨木が何本かある。
2017年10月04日 10:51撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:51 この辺は、栃の木の巨木が何本かある。
1
A11:04 ホトラ山北尾根。標識がある。西尾根へ回り込む(西尾根が登山道)。
2017年10月04日 11:04撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:04 ホトラ山北尾根。標識がある。西尾根へ回り込む(西尾根が登山道)。
A11:11 米買い道出合。イクワタ峠の方へ登り返す。
2017年10月04日 11:11撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:11 米買い道出合。イクワタ峠の方へ登り返す。
A11:41 笹峠道出合。笹峠へ向かう。
2017年10月04日 11:41撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:41 笹峠道出合。笹峠へ向かう。
A11:56 道は自然に戻ろうとしている。とても危険。気が抜けない。
2017年10月04日 11:56撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:56 道は自然に戻ろうとしている。とても危険。気が抜けない。
P0:19 最初と終盤にテープが残っている。
2017年10月04日 12:19撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:19 最初と終盤にテープが残っている。
P0:31 笹峠。標高700誕罎離肇薀弌璽稿察8所も無い。中盤は不明瞭。
2017年10月04日 12:31撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:31 笹峠。標高700誕罎離肇薀弌璽稿察8所も無い。中盤は不明瞭。
P0:54 笹峠で昼食の後、釣瓶岳に向かう。途中でやっと青空を見る。
2017年10月04日 12:54撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:54 笹峠で昼食の後、釣瓶岳に向かう。途中でやっと青空を見る。
4
P0:59 釣瓶岳を見る。紅葉だったら綺麗だったでしょう・・
2017年10月04日 12:59撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:59 釣瓶岳を見る。紅葉だったら綺麗だったでしょう・・
1
P1:05 イクワタ峠北峰。
2017年10月04日 13:05撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1:05 イクワタ峠北峰。
1
P1:29 釣瓶岳。
2017年10月04日 13:29撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1:29 釣瓶岳。
1
P1:36 奥比良。
2017年10月04日 13:36撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1:36 奥比良。
4
P2:16 地蔵峠。
2017年10月04日 14:16撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2:16 地蔵峠。
P2:40 林道登山口に着く。
2017年10月04日 14:40撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2:40 林道登山口に着く。
1

感想/記録

米買い道は、畑側は大丈夫。
地蔵峠〜米買い道出合間は破線の登山道に相応しい。特にヒジキ谷を越える所が急な高巻き状で危ない。ロープが無いと危ない。現在虎ロープが付いているが左岸側は切れかけている。
又道は自然の斜面に戻りかけている。気を抜けば滑落する。

笹峠道は、全てトラバース道。4回程支尾根に出るが、尾根にいかず、トラバースする。
道は狭く傾いていている。
笹峠道はショートカットで作られたのでしょうが、道の困難さを考えると使う価値は無い。見所も無い。
昔の地図を見て思い出しました。元々は米買い道と笹峠道だけでした。後からイクワタ峠北峰への道が作られた。そして笹峠道は使われなくなった。

昔の人が米を担いで猪谷を歩いたとはビックリ!空荷でも厳しい。
米買い道・笹峠道は登山地図の破線の道でほぼ合っています。歩かれる時はそれを参考にすれば道を見失っても発見出来ます。
訪問者数:184人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/2/18
投稿数: 24
2017/10/4 23:43
 ツチアケビ
この道もどんどん自然に戻ってるんですね。十数年前はだいたいたどれたおぼえがあります。赤い実はラン科の腐性植物ツチアケビの実ではないでしょうか。
登録日: 2012/12/24
投稿数: 91
2017/10/5 0:02
 Google先生で発見しました
仙人さん こんにちは。

赤い木の実は「ツチアケビ」のようです。
腐生植物だそうでギンリョウソウと同じような仲間でしょうか。
流石キノコの比良山地ですね。

と書いてる間にHB1214さんが先に答えておられました。
登録日: 2017/3/27
投稿数: 79
2017/10/5 7:03
 Re: ツチアケビ
お早うございます。

「土アケビの実」 勉強になります。早速ネットで調べてみました。でも近くに本体は見当たら無かったのですが・・枯れてしまったのか・・
笹峠道は後10年位で消えそうです。米買い道はヒジキ滝があるので、これからも人は入るでしょうが。
登録日: 2017/3/27
投稿数: 79
2017/10/5 7:08
 Re: Google先生で発見しました
お早うございます。
早速の御回答 有り難うございます。
「Google先生」と言うのを初めて聞きました。私もGoogle先生を試してみます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ