また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1278611 全員に公開 ハイキング東北

八甲田山

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
1時間15分
合計
7時間0分
S酸ヶ湯温泉08:4510:00下毛無岱休憩所10:30毛無岱分岐11:15大岳鞍部避難小屋11:15大岳避難小屋前分岐11:5512:25八甲田大岳12:5013:50仙人岱(八甲田清水)14:0014:30地獄湯ノ沢15:35大岳登山口15:45酸ヶ湯温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

酸ヶ湯温泉旅館脇の登山口
2017年10月01日 08:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酸ヶ湯温泉旅館脇の登山口
下毛無岱の草紅葉が広がる。
2017年10月01日 09:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下毛無岱の草紅葉が広がる。
紅葉の彩の向こうに井戸岳。
2017年10月01日 09:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の彩の向こうに井戸岳。
八甲田山。まだまだ遠い。
2017年10月01日 09:45撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八甲田山。まだまだ遠い。
岩木山の美しい姿。
2017年10月01日 09:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩木山の美しい姿。
草紅葉と紅葉の中を行く。
2017年10月01日 10:05撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉と紅葉の中を行く。
下毛無岱を見下ろす。
2017年10月01日 10:11撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下毛無岱を見下ろす。
ベンチで多くの人が休んでいる。
2017年10月01日 10:23撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチで多くの人が休んでいる。
大岳が迫ってきた。
2017年10月01日 11:10撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳が迫ってきた。
大岳への登り。井戸だけの火口がくっきり見える。
2017年10月01日 12:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳への登り。井戸だけの火口がくっきり見える。
山頂に到着。彼方に下北半島、陸奥湾、津軽半島が見渡せる。
2017年10月01日 12:25撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。彼方に下北半島、陸奥湾、津軽半島が見渡せる。
一等三角点の標柱にご挨拶。
2017年10月01日 12:28撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点の標柱にご挨拶。
展望図。
2017年10月01日 12:37撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望図。
山頂は大にぎわい。
2017年10月01日 12:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は大にぎわい。
遠く岩手山が見える。
2017年10月01日 12:53撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く岩手山が見える。
酸ヶ湯温泉を目指して下り始める。
2017年10月01日 12:54撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酸ヶ湯温泉を目指して下り始める。
サンショウウオが生息するという鏡沼。残念ながら姿は見えなかった。
2017年10月01日 13:07撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンショウウオが生息するという鏡沼。残念ながら姿は見えなかった。
硫黄岳とその向こうに南八甲田の峰々。
2017年10月01日 13:07撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳とその向こうに南八甲田の峰々。
眼下に酸ヶ湯温泉旅館が見える。近そうに見えるのだが・・・。
2017年10月01日 13:13撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に酸ヶ湯温泉旅館が見える。近そうに見えるのだが・・・。
高田大岳を正面に見て、下る。
2017年10月01日 13:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高田大岳を正面に見て、下る。
仙人岱。冷たい美味しい水が湧き出ている。
2017年10月01日 13:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人岱。冷たい美味しい水が湧き出ている。
地獄湯ノ沢。
2017年10月01日 14:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄湯ノ沢。
硫黄の匂いが鼻を衝く。
2017年10月01日 14:30撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄の匂いが鼻を衝く。
火山性ガスのため、木々が白骨のように枯れた一角を通過する。
2017年10月01日 15:20撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火山性ガスのため、木々が白骨のように枯れた一角を通過する。
大岳から下ること2時間45分ようやく登山口にたどり着いた。
2017年10月01日 15:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳から下ること2時間45分ようやく登山口にたどり着いた。
薬師神社に無事下山を感謝。
2017年10月01日 15:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師神社に無事下山を感謝。

感想/記録

 快晴の日曜日、紅葉狩り日和とあって、車を止めるのに苦労する。幸運なことに旅館前の駐車スペースが1台空いたばかりで、そこにすべりこむ。
 旅館のすぐ脇の標識に従って、登り始める。樹林帯の中のぬかるんだ道をしばらく歩いたところで、はたと気が付いた。計画とは逆回りのコースを来てしまっている。今回は時計と逆回りに大岳に上り、毛無岱の紅葉を眼下に眺めながら下るはずだったのに、出発前にいろいろ手間取ってしまったこともあり、地図も確かめず、逆コースを来てしまった。ここまで来たら、引き返すわけにはいかず、これもありかとあきらめて、前に進む。
 前方を歩く、老年のグループのひとりが、
 −今日はえらく混んでるね。我々は別に、日曜日でなくてもいいのだけれど、
今日しか晴れの日がないので、仕方がないよね、と言っているのが聞こえた。
 右に同じと、妻と二人で苦笑いする。
 樹林帯を抜けると、急にあたりが開けて、草紅葉の草原と、大岳に連なる八甲田の山々が目の前に現れた。大岳の前面に横たわる小高い丘の連なりの紅葉が特に鮮やかで美しい。
 前方右手の山の頂にロープウェイの駅が見えてきた。下毛無岱に入ってから急に登山者の数が増えてきた。妻も、紅葉の見事さに何度か足を止めている。
 下毛無岱を抜けると、灌木の中の急登が始まる。下ってくる人が次々とすれ違っていく。登りきると、上毛無岱に出る。大岳の姿が急に大きくなってきて、再び急な登りが待っている。連なる登山者の後について、えっちらおっちら登ること40分余り、大岳避難小屋に到着する。
 そこは実に多くの登山者が集っていた。風が強く、小屋の横にかろうじて居場所を見つけて、お昼にする。それにしても、いつの頃から山はこんなに人であふれるようになったのだろうか。
 
 大岳への登りでも、多くの人々と擦れ違った。急坂を登ること30分、山頂に到着する。晴れ渡った山頂からの眺めは、はるばる500kmの道のりをやってきた甲斐があるというものだ。下北半島、陸奥湾、津軽半島が両腕に抱きかかえられるようだ。そして、岩木山の凛としたたたずまい。遠く岩手山、八幡平の山々の連なりが青くかすむように見える。はるか眼下には、通ってきた毛無岱の草紅葉と池塘が絵のように広がっている。

 いつまでもいても見飽きない風景だが、体も冷えてきたし、下山に掛かる。大岳の山腹を急降下する。目的地の酸ヶ湯温泉の建物も、意外な大きさで見える。途中サンショウウオが生息するという鏡池を経て、左手前方に高田大岳のどっしりした山容を見ながら下る。森林限界が終わり、しばらくすると、仙人岱に着いた。地元の登山者だろうか、親切な人がいて、湧き水の場所を教えてくれた。飲んでみると、冷たく甘い、実に美味な水だった。
 道が次第にぬかるみ、岩が露出して、歩きにくくなってきた。妻は疲れもあってか、少し遅れ気味だ。樹林帯の中の見通しのきかない登山道が延々と続く。地獄湯ノ沢という、硫黄のにおいがする景勝地もぼんやり見ながら通過、という感じだ。疲れがピークに達した頃、ようやく登山口に到着した。

 下りに苦戦したが、その分、酸ヶ湯温泉の千人風呂の白濁した湯に浸かった時の満足感は何物にも代えがたかった。
 
訪問者数:19人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ