ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 1280113
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
日高山脈

7度目のカムイエクウチカウシ山(2017の初冬に)

2017年10月04日(水) 〜 2017年10月05日(木)
 - 拍手
体力度
6
1〜2泊以上が適当
GPS
18:10
距離
32.5km
登り
1,560m
下り
1,579m
歩くペース
標準
1.01.1
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

1日目
山行
8:28
休憩
0:43
合計
9:11
6:52
7:05
96
8:41
8:59
158
11:37
11:49
129
2日目
山行
8:19
休憩
0:35
合計
8:54
6:16
106
8:02
8:28
118
10:26
10:30
120
12:30
12:34
148
15:08
15:09
1
15:10
ゴール地点
天候
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車 飛行機
コース状況/
危険箇所等
寒気の流入によって降雪に見舞われました。
夏場でも滑落に注意が必要なところが多いところ、岩場の氷結と降雪によりコースは非常に危険となっています。
沢の様相、流れは全く変わっていて地理院地図の川の位置は参考程度にし、最近の登山者のヤマレコトラックを参照することをお勧めします。
日高山脈へと続く美しい道(中札内村の裏道)
2
日高山脈へと続く美しい道(中札内村の裏道)
前泊は札内川ヒュッテを予定。無人、独占!だがトイレが臭く、うんこがこぼれていて睡眠不可能。よって車中泊へ変更することに。
1
前泊は札内川ヒュッテを予定。無人、独占!だがトイレが臭く、うんこがこぼれていて睡眠不可能。よって車中泊へ変更することに。
小屋下には薪が用意されている。
小屋下には薪が用意されている。
小屋には薪ストーブがあって雰囲気がいいが、流しも汚れっぱなし。
小屋には薪ストーブがあって雰囲気がいいが、流しも汚れっぱなし。
アプローチの道道中札内静内線は異常気象による降雨であちこちが崩落・決壊。
1
アプローチの道道中札内静内線は異常気象による降雨であちこちが崩落・決壊。
静かだった八ノ沢も沢幅が広がり荒れ放題。
静かだった八ノ沢も沢幅が広がり荒れ放題。
行く手が見えるが歩きづらい。
行く手が見えるが歩きづらい。
エゾノオヤマノリンドウに癒される。唯一ここで咲いていた。
エゾノオヤマノリンドウに癒される。唯一ここで咲いていた。
三股から雪が降りはじめ、どうにかこうにか八ノ沢カールへ。画像は翌朝。
2
三股から雪が降りはじめ、どうにかこうにか八ノ沢カールへ。画像は翌朝。
八ノ沢カールは風雪で厳しかった。
八ノ沢カールは風雪で厳しかった。
昨晩の雪が朝まで降り続いた。カムイエクウチカウシ山頂上方向は濃いガス、上空の風は強そうなので下山を決める。
4
昨晩の雪が朝まで降り続いた。カムイエクウチカウシ山頂上方向は濃いガス、上空の風は強そうなので下山を決める。
八ノ沢へと下る。
1
八ノ沢へと下る。
滑って転んでよく滑落しなかったものだ。
3
滑って転んでよく滑落しなかったものだ。
カムエクよ、また来る日があればよろしく・・・!
4
カムエクよ、また来る日があればよろしく・・・!
過去に登った人でも札内川、ハノ沢の変貌ぶりにはびっくりするはず。この石積みと大胆に付けられたピンクテープは超ベテランさんが歩いたもので、信頼感99%。
4
過去に登った人でも札内川、ハノ沢の変貌ぶりにはびっくりするはず。この石積みと大胆に付けられたピンクテープは超ベテランさんが歩いたもので、信頼感99%。
テント場のすぐ傍の八ノ沢の様子。暴れ方が半端ではない。
テント場のすぐ傍の八ノ沢の様子。暴れ方が半端ではない。
登山前々日に札内川を遡上したという釣師さんに聞くと、その日は増水著しかったが前日は平水に戻ったとのことだった。
登山前々日に札内川を遡上したという釣師さんに聞くと、その日は増水著しかったが前日は平水に戻ったとのことだった。
七ノ沢に近づいた安堵感からセルフタイマー撮影
5
七ノ沢に近づいた安堵感からセルフタイマー撮影
日高山脈へと続く美しい道(中札内村の裏道)
1
日高山脈へと続く美しい道(中札内村の裏道)
小屋下には薪が用意され、
2
小屋下には薪が用意され、
前泊は札内川ヒュッテを予定。無人、独占!だがトイレが臭く、うんこがこぼれていて睡眠不可能。よって車中泊へ変更することに。
前泊は札内川ヒュッテを予定。無人、独占!だがトイレが臭く、うんこがこぼれていて睡眠不可能。よって車中泊へ変更することに。

感想

5日間の休みを取って北海道の山を登ろうと漠然と考えていました。数時間で登れて山小屋がある山がいいなぁ、羊蹄山も頑張ろうと・・・。しかし、それもふがいない話なのでカムエクに。今回で7回目。初冬なので半端な雪に降られたら面倒になるとは思っていたが、お助けロープを持って行くのを忘れてしまった。一歩間違えば大きな事故、というより命が危ない。一度すっかり足を取られて滑り落ちたが、神様はまだ生きていなさいとおっしゃった。日高の山は私のような一般人にはやはり9月まででしょうね。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:2445人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら