また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1283077 全員に公開 ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

紅葉の岩木山

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候ほぼ快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岩木山神社はほぼいっぱいだったので、少し進んで百沢スキー場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間46分
休憩
54分
合計
5時間40分
Sスタート地点08:4008:48七曲09:11カラスの休場09:18鼻コクリ09:27姥石09:3410:26焼止り避難小屋10:3111:18錫杖清水11:2611:38種蒔苗代11:43鳳鳴ヒュッテ11:53長平登山道分岐12:01岩木山山頂避難小屋12:02岩木山12:2212:23岩木山山頂避難小屋12:30長平登山道分岐12:39鳳鳴ヒュッテ12:43種蒔苗代12:52錫杖清水13:0113:25焼止り避難小屋13:2913:54姥石13:5514:00鼻コクリ14:04カラスの休場14:15七曲14:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大沢の沢筋に登山道がついているが、泥濘や苔むした石などあり、スリップに注意必要か
その他周辺情報ふもとには温泉多数あり
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

スキー場より。紅葉がきれいだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場より。紅葉がきれいだ。
2
樹林帯の中を進むが、無風&快晴で暑い暑い。所々に急な登りあり、汗が吹き出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中を進むが、無風&快晴で暑い暑い。所々に急な登りあり、汗が吹き出てくる。
焼止避難小屋。中はまずまず奇麗だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼止避難小屋。中はまずまず奇麗だった。
大沢を登っていく。これがまた暑くてしんどい。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢を登っていく。これがまた暑くてしんどい。。
2
錫杖清水到着。疲れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錫杖清水到着。疲れた。
1
鳳鳴ヒュッテももうすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳鳴ヒュッテももうすぐ。
3
山頂から。日本海、白神山地方面もよく見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から。日本海、白神山地方面もよく見える。
3
下りはスリップしそうで怖い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはスリップしそうで怖い。
1
帰りは錫杖清水のとても冷たい水を汲んで帰った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは錫杖清水のとても冷たい水を汲んで帰った。
1

感想/記録

土曜日の雨の後、日曜は晴れの予報だったので、先週に引き続き山行きを計画しました。予定では登山口に6時半頃には着く予定だったのが、寝坊など色々あって、百沢スキー場に着いたのが8時半。もう太陽が高くのぼっていました。
 登り始めてすぐに汗が吹き出します。快晴と無風で、とめどなくあふれる汗が乾かず非常につらい登りとなりました。紅葉や景色はいいんですが、あまり楽しめず。。
 錫杖清水への大沢の登り、沢歩きは神経使いますね。その分清水の冷たい水が気持ちいいです。
 鳳鳴ヒュッテでスカイライン方面からのたくさんの観光客を合わせ、岩稜帯を登っていきます。このあたりはさすがに涼しいです。山頂からの景色も抜群、鯵ヶ沢方面から小泊半島までぐるっと日本海が一望できました。眼下を見れば燃えるような紅葉、感動です。

 下りは転ばないように気を付けて飛ばし、やっぱり汗かいて下山したのでした。
訪問者数:181人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

避難小屋 紅葉 山行 ヒュッテ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ