ヤマレコ

記録ID: 1286719 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

磐梯山(猪苗代登山口→山頂→裏磐梯登山口→五色沼入口)

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 雲多し
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
表登山口とも称される「猪苗代登山口」駐車場(24時間使用可トイレあり)までマイカー。 下山口の「五色沼入口(毘沙門沼)」からバスで「猪苗代高校前BS」で下車(680円) そこから車を置いた「猪苗代登山口」まではバス停直近に営業所のある「磐梯観光タクシー」を配車手配して即乗り換え(1,400円程度)で登山口に戻る。 今回の配車手配のタイミングは五色沼から乗車するバスの時刻が確実に把握できる裏磐梯登山口付近から携帯電話にて行いました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間4分
休憩
1時間16分
合計
9時間20分
Sスタート地点06:3508:21赤埴山分岐09:19三合目分岐09:43弘法清水09:5310:18磐梯山10:2710:59弘法清水11:3512:28裏磐梯スキー場分岐13:07銅沼13:1513:22裏磐梯ゲレンデトップ14:01裏磐梯高原ホテル14:12裏磐梯物産館14:12柳沼14:12青沼14:12竜沼14:12深泥沼14:12赤沼15:37毘沙門沼15:5015:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
数か所で泥濘部分があり、スパッツがあればズボンの裾を汚さずに済みます。
その他周辺情報翌日は「安達太良山」登山の計画でしたので、その登山口付近の「岳温泉」にある、ペンション「シャンカー」に宿をとりました。 三連休の前日でも空き部屋があり、ツインのお部屋を1名で宿泊し、2食付きで7,800円でした。 朝食も7:30からのゴンドラの運転開始時刻にあわせて、私のためだけに6:30から用意して頂きました。

写真

登山口が猪苗代インターから近い事もあり、富山から400km余りの行程でも4時間半で到着。 先々週訪れた同じ距離の大台ケ原山と比較して2時間も行程時間が短い。
2017年10月08日 06:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口が猪苗代インターから近い事もあり、富山から400km余りの行程でも4時間半で到着。 先々週訪れた同じ距離の大台ケ原山と比較して2時間も行程時間が短い。
磐梯山を眺めながら登山を開始する。
2017年10月08日 06:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
磐梯山を眺めながら登山を開始する。
ゲレンデを少し登ったところで振り返ると、シンボルツリーのシルエット。
2017年10月08日 06:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデを少し登ったところで振り返ると、シンボルツリーのシルエット。
徐々に太陽の高度が増すと、10月とは思えない暑さに見舞われ、思わず日陰を選んでゲレンデ道を登る。
2017年10月08日 07:13撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に太陽の高度が増すと、10月とは思えない暑さに見舞われ、思わず日陰を選んでゲレンデ道を登る。
ようやくゲレンデ道が終わるポイントで猪苗代湖に目をやると、湖を囲むように不思議な雲が出ていた。
2017年10月08日 07:40撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくゲレンデ道が終わるポイントで猪苗代湖に目をやると、湖を囲むように不思議な雲が出ていた。
1
それを、同じく不思議そうに眺める登山者。
2017年10月08日 07:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それを、同じく不思議そうに眺める登山者。
ようやく登山道らしい道を歩むと木陰で日差しが和らいだ。
2017年10月08日 07:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく登山道らしい道を歩むと木陰で日差しが和らいだ。
さらに進むと、磐梯山を模したかのような大岩を見つける。 見比べれば見比べるほど形が似ている…
2017年10月08日 08:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進むと、磐梯山を模したかのような大岩を見つける。 見比べれば見比べるほど形が似ている…
ここから見た磐梯山は山頂部が紅葉の盛りに見える。
2017年10月08日 08:02撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから見た磐梯山は山頂部が紅葉の盛りに見える。
1
あまりの色彩の豊かさに足を止める。
2017年10月08日 08:11撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりの色彩の豊かさに足を止める。
紅葉の道を行く
2017年10月08日 08:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の道を行く
この辺りはブナ林の明るい森。
2017年10月08日 08:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りはブナ林の明るい森。
オオカメの木
2017年10月08日 08:28撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメの木
登山道が磐梯山の東側に回りこむと、山の表情が険しくなる。
2017年10月08日 08:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が磐梯山の東側に回りこむと、山の表情が険しくなる。
「沼の平」の湿原
2017年10月08日 08:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「沼の平」の湿原
猪苗代登山口から反時計周りで山頂部を半周ほど回り込み、いよいよ山頂部への急登にかかる。
2017年10月08日 09:18撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪苗代登山口から反時計周りで山頂部を半周ほど回り込み、いよいよ山頂部への急登にかかる。
遠くに「檜原湖」を望む。 山頂を極めた後にはあの湖付近まで歩かなくてはならない。
2017年10月08日 09:20撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに「檜原湖」を望む。 山頂を極めた後にはあの湖付近まで歩かなくてはならない。
噴火の爪痕。
2017年10月08日 09:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴火の爪痕。
青い色をした、「銅(あか)沼」。
2017年10月08日 09:23撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い色をした、「銅(あか)沼」。
櫛ヶ峰(1,636m)
2017年10月08日 09:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峰(1,636m)
あまり、縁に近づかないようにしましょう。
2017年10月08日 09:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり、縁に近づかないようにしましょう。
「弘法清水」に到着する。 ここで、多くの登山客が利用する「八方台登山口」から登って来た人々も合流し、とても賑わっていた。
2017年10月08日 09:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「弘法清水」に到着する。 ここで、多くの登山客が利用する「八方台登山口」から登って来た人々も合流し、とても賑わっていた。
登山バッジを購入しようと良く見てみると、オーパーツが含まれていた! (なぜか群馬の妙義山のバッジ)
2017年10月08日 09:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山バッジを購入しようと良く見てみると、オーパーツが含まれていた! (なぜか群馬の妙義山のバッジ)
ここにきて、かなりガスが湧いてきた。
2017年10月08日 10:11撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにきて、かなりガスが湧いてきた。
「沼の平」を俯瞰。 ほかの方位はガスだらけ。
2017年10月08日 10:16撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「沼の平」を俯瞰。 ほかの方位はガスだらけ。
それでも山頂部はスゴイ人の数。
2017年10月08日 10:18撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも山頂部はスゴイ人の数。
この登頂写真撮影も5分程の順番待ちとなっていた。
2017年10月08日 10:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この登頂写真撮影も5分程の順番待ちとなっていた。
弘法清水に戻って昼食をとっていると、登山客の数がピークを迎え、ごったがえす。
2017年10月08日 11:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法清水に戻って昼食をとっていると、登山客の数がピークを迎え、ごったがえす。
これだけ混み合うとワンコも登って来る!?
2017年10月08日 11:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これだけ混み合うとワンコも登って来る!?
昼食を摂ったので裏磐梯方面へ下山を開始する。
2017年10月08日 11:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食を摂ったので裏磐梯方面へ下山を開始する。
ブナ林帯でガスガ濃くなったが、
2017年10月08日 11:59撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林帯でガスガ濃くなったが、
さらに高度を下げるとガス帯を抜けた。
2017年10月08日 12:23撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに高度を下げるとガス帯を抜けた。
「銅沼」へ流れて行く沢は、浸かるものをすべて銅色に変えてしまうようだ。
2017年10月08日 12:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「銅沼」へ流れて行く沢は、浸かるものをすべて銅色に変えてしまうようだ。
紅一点
2017年10月08日 12:51撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅一点
1
銅沼に到着。
2017年10月08日 13:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅沼に到着。
ここは思った以上に人気のスポットなのか、多くの人々が思い思いに沼を眺めていた。
2017年10月08日 13:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは思った以上に人気のスポットなのか、多くの人々が思い思いに沼を眺めていた。
今は通常より水位が低いのか、岩の赤いストライプが印象的。
2017年10月08日 13:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今は通常より水位が低いのか、岩の赤いストライプが印象的。
銅沼から僅かの距離で、裏磐梯スキー場のゲレンデに出て来た。
2017年10月08日 13:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅沼から僅かの距離で、裏磐梯スキー場のゲレンデに出て来た。
秋の風物詩ススキだが、まだ穂の開きが少ない。
2017年10月08日 13:26撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の風物詩ススキだが、まだ穂の開きが少ない。
一旦、国道まで歩いたあと、土産物売り場を経て、五色沼の散策路に入る。
2017年10月08日 14:12撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦、国道まで歩いたあと、土産物売り場を経て、五色沼の散策路に入る。
五色沼通過のコースタイムは1時間程度だが、撮影でなかなか進まない。
2017年10月08日 14:15撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色沼通過のコースタイムは1時間程度だが、撮影でなかなか進まない。
来週は写真のモミジも見頃になるのかな?
2017年10月08日 14:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来週は写真のモミジも見頃になるのかな?
スゴイ色の沼が多く点在。
2017年10月08日 14:51撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スゴイ色の沼が多く点在。
ボートが浮かぶ「毘沙門沼」。
2017年10月08日 15:15撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボートが浮かぶ「毘沙門沼」。
ツリバナの実
2017年10月08日 15:26撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリバナの実
1
夕方になると、山頂部のガスもきれいに晴れた。 今朝、あの山の向うの麓から山を越えて歩いて来たかと思うと、とても感慨深い。
2017年10月08日 15:33撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方になると、山頂部のガスもきれいに晴れた。 今朝、あの山の向うの麓から山を越えて歩いて来たかと思うと、とても感慨深い。
名物!?イチゴ&五色沼ミックスソフトを頂く。
2017年10月08日 15:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物!?イチゴ&五色沼ミックスソフトを頂く。
五色沼売店の方に「五色沼入口」バス停の位置を聞いて来たつもりが、なぜか「裏磐梯ロイヤルホテル」バス停からバスに乗車。
2017年10月08日 16:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色沼売店の方に「五色沼入口」バス停の位置を聞いて来たつもりが、なぜか「裏磐梯ロイヤルホテル」バス停からバスに乗車。
路線バスの車窓から撮影した「磐梯山」。
2017年10月08日 16:29撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路線バスの車窓から撮影した「磐梯山」。
出発から約10時間、「猪苗代高校前」バス停で待たせていたタクシーに乗り換えて無事に「猪苗代登山口」に戻ってきた。
2017年10月08日 16:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発から約10時間、「猪苗代高校前」バス停で待たせていたタクシーに乗り換えて無事に「猪苗代登山口」に戻ってきた。
明日の「安達太良山」登山に備えて、麓の岳温泉にあるペンション「シャンカー」にチェックイン。
2017年10月08日 17:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日の「安達太良山」登山に備えて、麓の岳温泉にあるペンション「シャンカー」にチェックイン。
撮影機材:
訪問者数:83人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ