ヤマレコ

記録ID: 1288434 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東北

悲恋伝説の峠道から「俎倉山」へ

日程 2017年10月10日(火) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東北道「西那須野IC」→ 塩原温泉 → 会津田島 → 昭和村(野尻)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

(概略タイム)駐車地点(P699左下)9:00 → 9:36 林道脇登山口 → 10:28 山頂11:00 → 11:21 登山口 → 11:50 駐車地点
コース状況/
危険箇所等
(アプローチ)入山ルートの「袴沢林道」はオフロードながら、地形図 P699付近まで車行可能。
(登 山 路)林道からの踏み跡はしっかりしている。

写真

(入山口)今日の山は福島県昭和村の「俎倉山」(まないたぐらやま、1,056.4m)。入山口は国道400号から袴沢林道(県道)に入る。林道入口には遊歩道の標柱が立っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(入山口)今日の山は福島県昭和村の「俎倉山」(まないたぐらやま、1,056.4m)。入山口は国道400号から袴沢林道(県道)に入る。林道入口には遊歩道の標柱が立っている。
1
(紅葉 1)
林道の紅葉はこれからだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(紅葉 1)
林道の紅葉はこれからだ。
(駐車地点)
オフロードの林道を地形図 P699付近まで進入、野尻口からの林道との合流点に駐車。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(駐車地点)
オフロードの林道を地形図 P699付近まで進入、野尻口からの林道との合流点に駐車。
(熊)
ここでもクマの警告表示。でも、鈴を付けているから逢いたくても?逢えないのだ・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(熊)
ここでもクマの警告表示。でも、鈴を付けているから逢いたくても?逢えないのだ・・
(カラマツ)
手入れされたカラマツ林。こんな所には“ラクヨウキノコ”が採れるのだが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(カラマツ)
手入れされたカラマツ林。こんな所には“ラクヨウキノコ”が採れるのだが・・
(キノコ)
と、思っていたらズボシ。子供の頃郷里で良く採ったラクヨウキノコだ。みそ汁が堪らない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(キノコ)
と、思っていたらズボシ。子供の頃郷里で良く採ったラクヨウキノコだ。みそ汁が堪らない。
2
(山容)
樹間に山容が現れた。見た目は結構急峻だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(山容)
樹間に山容が現れた。見た目は結構急峻だ。
(登山口)
GPS稜線の手前で登山口らしき入口が現れた。標識もテープもないが此処だろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(登山口)
GPS稜線の手前で登山口らしき入口が現れた。標識もテープもないが此処だろうか?
(踏み跡)
すぐに稜線上に乗ってしっかりとした踏み跡が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(踏み跡)
すぐに稜線上に乗ってしっかりとした踏み跡が続く。
(秋花)
ご存知輪生葉の「クルマバハグマ」だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(秋花)
ご存知輪生葉の「クルマバハグマ」だ。
(巨木)
楢の巨木が現れ、ここから急登に変わる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(巨木)
楢の巨木が現れ、ここから急登に変わる。
(不明)
ギンリョウソウモドキだが名は解らない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(不明)
ギンリョウソウモドキだが名は解らない。
(巨岩)
巨岩も現れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(巨岩)
巨岩も現れてきた。
(?)
おもしろい。なぜこうなるのだろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(?)
おもしろい。なぜこうなるのだろう?
2
(落とし物)
と、言っても意図したものだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(落とし物)
と、言っても意図したものだろう。
(山頂部)
傾斜が緩みそろそろ山頂か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(山頂部)
傾斜が緩みそろそろ山頂か。
1
(建造物)
アンテナ塔と建物が出て来た。共同TVアンテナの蓄電施設の様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(建造物)
アンテナ塔と建物が出て来た。共同TVアンテナの蓄電施設の様だ。
(霧雨)
山頂部が神秘的な霧雨に煙り始めた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(霧雨)
山頂部が神秘的な霧雨に煙り始めた。
(最奥)
山頂部の奥にも大きなアンテナが建つ。踏み跡は手前で遮られていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(最奥)
山頂部の奥にも大きなアンテナが建つ。踏み跡は手前で遮られていた。
(三角点)
アンテナ塔右側の高みの薮で三角点を探すが見付からない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(三角点)
アンテナ塔右側の高みの薮で三角点を探すが見付からない。
(最高点)
最高地点の紅葉を撮って登頂とした。リベンジ成功。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(最高点)
最高地点の紅葉を撮って登頂とした。リベンジ成功。
2
(下山)
霧雨が強くなって来たので、カッパを羽織り下山開始。巨岩が目に付く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(下山)
霧雨が強くなって来たので、カッパを羽織り下山開始。巨岩が目に付く。
1
(擬態)
オヤマボクチにしがみつく毛虫。擬態のつもりか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(擬態)
オヤマボクチにしがみつく毛虫。擬態のつもりか?
(キノコ)
倒木によく見るキノコ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(キノコ)
倒木によく見るキノコ。
(オヤマボクチ)
個性的な色彩の花冠。アザミの仲間か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(オヤマボクチ)
個性的な色彩の花冠。アザミの仲間か?
(オオカメ)
赤い実が美味しそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(オオカメ)
赤い実が美味しそう。
(ツルリンドウ)
リンドウ(林道)の刈り払いに耐えたリンドウ!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(ツルリンドウ)
リンドウ(林道)の刈り払いに耐えたリンドウ!?
1
(紅葉 2)
思わず撮ってしまう鮮やかさ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(紅葉 2)
思わず撮ってしまう鮮やかさ。
2
(野菊)
シロヨメナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(野菊)
シロヨメナ
(唇弁花)
ミヤマヒキオコシ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(唇弁花)
ミヤマヒキオコシ
(溝花)
水路溝等に咲くミゾソバ。秋本番。
(写真終了)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(溝花)
水路溝等に咲くミゾソバ。秋本番。
(写真終了)
1

感想/記録

1.この山は2年前の秋に林道で車両タイヤのバースト事故に見舞われ、中途敗退した苦い想い出の山である。今回は前回のバースト地点より可成り手前に駐車し、林道歩きも楽しみながらリベンジした。
2.林道は「旧道美女峠遊歩道」とも称せられ、平家落人の悲恋伝説が残る美女峠に繋がっている。峠には「高姫清水」も湧いて親しまれている。

3.駐車地点からは約1.5キロ、30分で林道脇の登山口が現れる。しかし標識等は一切なく、不安を抱きながら入ると明確な踏み跡が山頂迄続いていた。
4.850m付近からミズナラの巨木が現れ、ロープの下がる急登に変わる。巨岩も散在し良い雰囲気の登山路に変わる。
5.山頂部は霧雨に包まれ、霧の中に共同TVアンテナと管理施設が建っていた。施設前を通過し奥に進むと更にもう1本のアンテナ塔が現れ、そこで道が終わっていた。
6.周囲の薮の高みで三角点を探したが発見出来なかった。(帰宅後ネットで調べたら、更に奥地にある3本目のアンテナ塔左脇と判明した。見当違いの場所を探していたことになる。)

7.帰路はビニールカッパを羽織り早々に下山した。林道の紅葉や路傍の草花を楽しみながら、駐車地点まで約1時間だった。リベンジ成功。今回も入山者には逢わなかった。
訪問者数:84人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/18
投稿数: 872
2017/10/14 7:29
 会津の山
tonkaraさんらしい、会津の急峻な山々を藪漕ぎで登るレコ、久しぶりに拝見してうれしくなりました。
秋も深まってきて、低山歩きにはいい季節ですね。
登録日: 2011/1/23
投稿数: 374
2017/10/14 12:02
 Re: 会津の山
kamadamさん、こんにちは

ご無沙汰です。お変わりございませんか?

こちらは漸く歩けるようになり、何とか紅葉期登山に間に合うことが出来ました。天候は不順気味なのですが、軽易な山から少しづつ復帰に向けて足を延ばしています。

昭和村界隈には千メートル前後の山々が散在し、山間を歴史ロマン伝説が残る峠が横切っています。美女峠もその一つで、会津若松から只見町を結ぶ古道「銀山街道」(全長72キロの遊歩道、県道となっているが車が通れないことで名高い?珍しい県道)上にあり、史跡や湧水(高姫清水)の他、近くには名前(御前ケ岳 1,233m)の付いた山も有ります。

会津の紅葉はこれから来月半ば頃迄楽しめそうです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ