また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1291275 全員に公開 ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

子規古道を歩いてみた。(正岡子規―大曲花巻線―)

日程 2017年10月15日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー22人
天候晴れたり曇ったり
アクセス
利用交通機関
バス
秋田県県道12号線。一部通行止め。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間4分
休憩
0分
合計
3時間4分
Sスタート地点09:3712:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

仙北平野
神宮寺、大曲方面を望む。
『遥かの麓になりて嶺に達す。神宮寺大曲中にして平野眼の下にあり。』
2017年10月15日 09:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙北平野
神宮寺、大曲方面を望む。
『遥かの麓になりて嶺に達す。神宮寺大曲中にして平野眼の下にあり。』
1
黒森山展望台にある句碑
2017年10月15日 09:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒森山展望台にある句碑
1
皆で勉強中。
2017年10月15日 09:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆で勉強中。
2
この突き当りの杉林のところに昔 清水がわいていたそうだ。
『茶屋も駄菓子もなき山路にいちごと清水いと有りがたし。』
2017年10月15日 09:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この突き当りの杉林のところに昔 清水がわいていたそうだ。
『茶屋も駄菓子もなき山路にいちごと清水いと有りがたし。』
1
『蜻蛉を 相手にのぼる 峠かな』
2017年10月15日 09:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『蜻蛉を 相手にのぼる 峠かな』
この時は美郷町ではなく六郷町でした。
2017年10月15日 09:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時は美郷町ではなく六郷町でした。
1
バスでは終点
2017年10月15日 09:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスでは終点
2
広い道を行きます。
ここはまだ車止めの前なので頑張れば車で入れます。
ただし、黒森山手前で県道12号線は通行止め。
2017年10月15日 10:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い道を行きます。
ここはまだ車止めの前なので頑張れば車で入れます。
ただし、黒森山手前で県道12号線は通行止め。
この先に車止めがあります。
2017年10月15日 10:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先に車止めがあります。
こんな快適なブナ林の中を歩きます。
2017年10月15日 10:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな快適なブナ林の中を歩きます。
県境。
笹峠まで来ました。
2017年10月15日 11:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境。
笹峠まで来ました。
1
馬転がし付近の斜め道。
2017年10月15日 12:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬転がし付近の斜め道。
女神山が紅葉してますよ。
2017年10月15日 12:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女神山が紅葉してますよ。
2
そうこうしている間に岩手県下前の登山口に到着。
2017年10月15日 12:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうこうしている間に岩手県下前の登山口に到着。
1
こちらには
『子規古道』
の看板あり。
2017年10月15日 12:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらには
『子規古道』
の看板あり。
1
このような道です。
ここを正岡子規はひとりで歩いたそうだ。
2017年10月15日 12:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような道です。
ここを正岡子規はひとりで歩いたそうだ。
1
我々は大勢でワイワイ言いながら。
2017年10月15日 12:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我々は大勢でワイワイ言いながら。
1
下山口にも句碑が。
2017年10月15日 12:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山口にも句碑が。
1
『蜩や 夕日の里は 見えながら』
2017年10月15日 12:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『蜩や 夕日の里は 見えながら』
1
昼に六郷を発ち、下前では夕刻になる。
『二人三人の牛飼いを見るは夕日も傾くにいづくに帰るらんと覚束なし。』途中略
『そを力にいそげども曲がりに曲がりし山路はたやすくそこに出づべくもあらず。』
2017年10月15日 12:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼に六郷を発ち、下前では夕刻になる。
『二人三人の牛飼いを見るは夕日も傾くにいづくに帰るらんと覚束なし。』途中略
『そを力にいそげども曲がりに曲がりし山路はたやすくそこに出づべくもあらず。』
1
湯本温泉の句碑公園
2017年10月15日 13:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯本温泉の句碑公園
1
鳥居をくぐって。
2017年10月15日 13:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐって。
湯元温泉での句
『山の湯や 裸の上の 天の川』
2017年10月15日 13:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯元温泉での句
『山の湯や 裸の上の 天の川』
こちらは
『山の温泉や 裸の上の 天の河』
と微妙に文字が違う〜!
2017年10月15日 13:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは
『山の温泉や 裸の上の 天の河』
と微妙に文字が違う〜!
『はて知らずの記』
だそうです。
2017年10月15日 13:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『はて知らずの記』
だそうです。
帰りはほっとゆだ駅

温泉。
ここにも子規の句碑があります。
2017年10月15日 14:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはほっとゆだ駅

温泉。
ここにも子規の句碑があります。
1

感想/記録
by odavxs

子規 六郷をゆく
※明治26年7月19日から8月20日まで32日間の旅である。
※松尾芭蕉の「奥の細道」の跡をたどって紀行文を書くための旅だった。
※子規は全行程を一人で歩いた。
※象潟はほとんど素通り「11日塩越村を経。象潟は昔の姿にあらず。塩越の松は…」
※本荘では、警察の紹介で穢き宿に泊まる。
※八郎潟、三倉鼻。
※久保田から大曲までの一部分は人力車。
※8月16日、大曲から湯本温泉までを一日で歩いた。
※六郷町、黒森峠を通った。
※山に入る前に、六郷東根で昼食(関田?荒川?)

◎「十六日大曲を発し六郷より新道に入る。六郷東根に午餐す。待つ事半時許り。そこにて菓子など買ひ蓄へ山を上る。上りつめたる処に鳥居あり。これ或は高木嶽と土手森の間ならんか。それより山腹を行く牛群れを放つ。覆盆子多し。茶屋も駄菓子もなき山路にいちごと清水いと有りがたし。
 馬方の 山で飯食ふ 清水かな
 旅人の 山路にくらす いちこかな
 蜻蛉を 相手に上る 峠かな」       草稿より
◎「十六日六郷より岩手への新道を辿る。あやしき伏屋にやうやう午餐したためて山を上る事一里余。樵夫歌馬の嘶き遥か麓になりて嶺に達す。神宮寺大曲を中にして一望の平野眼の下にあり。
 『蜻蛉を 相手にのぼる 峠かな』
山腹に沿うて行くに四方山高く谷深くして一軒の藁屋だに見えず。処処に数百の牛の群れをちらして二人三人の牛飼いを見るは夕日も傾くにいづくに帰るらんと覚束なし。路傍覆盆子林を成す。赤き実は珠を連ねたらんやうなり。急ぎ山を下るに茂樹天を掩ふて鳥声聞かず。下り下りてはるかの山もとに二三の茅屋を認む。そを力に急げども曲がりに曲がりし山路はたやすくそこに出づべくもあらず。
 『蜩や 夕日の里は 見えながら』     本稿より
※湯元温泉に泊。一階の台所に布団を敷いて寝る。同じ日に石井露月が宿泊、二階。
◎日くれはてて麓村に下る。宵月をたよりに心細くも猶一、二里の道を辿りてとある小村に出でぬ。ここは湯田という温泉場なりけり。宿りをこへば家は普請に係り客は二階に満ちて宿し参らすべき処なしとことわる。強いて請ふに台所の片隅に炉をかかへて畳二畳許り敷きわが一夜の旅枕とは定まりぬ。建具ととのはねば鼾声三尺の外は温泉に通う人音絶えず。
『白露に 家四五軒の 小村かな』
『山の温泉や 裸の上の 天の河』
『肌寒み 寐ぬよすがらや 温泉の匂い』
秋もはやうそ寒き夜の山風は障子なき窓を吹き透して我枕を襲ひ薄蒲団の縫目深く潜みて人を窺ひたる蚤の群れは一時に飛び出でて我が夢を破る。草臥の足を踏みのばして眠り未だ成らぬに。

十七日の朝は枕上の塒の中より声高く開けはじめぬ。半ば腕車の力を借りてひたすらに和賀川に従ふて下る。ここより杉名畑に至る六、七里の間山迫りて河急に樹緑にして水青し。風光絶佳雅趣掬すべく誠に近国無比の勝地なり。三里一直線の坦途を一走りに黒沢尻に達す。家々の櫓端には皆七夕竹を立つ。此日陰暦七月六日なり。」 本稿より

※湯本から黒沢尻まで、一部を人力車で。
※ほっとゆだ駅に句碑がある。子規はここには寄っていないのではないか。
※北上市石羽根ダム湖畔広場に石碑あり。碑文は「ほっとゆだ駅」の碑と同じ。
※黒沢尻に二泊する。電信為替を待つため。17日、18日の夜。
※19日朝、水沢へ行く。昼は公園など水沢町内を見学。夜、水沢から夜行で出発。
※20日昼、上野に着く。

以上 岩谷朝徳先生の資料より。
訪問者数:146人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

紅葉 ブナ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ