また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1319836 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

独鈷山 バリコース(帰望峰、竜王)

日程 2017年11月24日(金) [日帰り]
メンバー
 Sue-chan(CL)
天候晴れ 時々 雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間15分
休憩
1時間45分
合計
6時間0分
S虚空蔵堂08:0009:00上尾ノ岩09:2009:45帰望峰10:0010:50竜王山11:0012:00独鈷山13:0013:10稜線十字路13:50不動の滝14:00虚空蔵堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

車道から
迫ってくる岩稜が独鈷山
2017年11月24日 08:34撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道から
迫ってくる岩稜が独鈷山
1
虚空蔵堂にお尻を向けて、お地蔵さんに見守られて停めさせていただきました
駐車スペースはここに1台、ゲート手前に2台くらいです
2017年11月24日 08:53撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虚空蔵堂にお尻を向けて、お地蔵さんに見守られて停めさせていただきました
駐車スペースはここに1台、ゲート手前に2台くらいです
2
未舗装の車道を少し行くとゲートがあります
カンヌキとT字金具二本で閉まっています
ここを超えて扉を閉めてカンヌキを元通りにする(扉の向こう側になるので)のが非常に大変でした
下山後にも同じ大変な思いをした後に実はもう一つ別の門が有りそこから容易に出入りできるのに気づく。(>_<)

Sue: おバカな2人! 
2017年11月24日 08:54撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未舗装の車道を少し行くとゲートがあります
カンヌキとT字金具二本で閉まっています
ここを超えて扉を閉めてカンヌキを元通りにする(扉の向こう側になるので)のが非常に大変でした
下山後にも同じ大変な思いをした後に実はもう一つ別の門が有りそこから容易に出入りできるのに気づく。(>_<)

Sue: おバカな2人! 
1
一般道はここを右折
我々は左方向へ
2017年11月24日 08:57撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般道はここを右折
我々は左方向へ
沢を渡渉して
2017年11月24日 08:58撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡渉して
枯葉の急登です
滑りやすいのと木の根のトラップだらけ

Sue: いきなり、ふくらはぎがパンパン!
2017年11月24日 09:00撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯葉の急登です
滑りやすいのと木の根のトラップだらけ

Sue: いきなり、ふくらはぎがパンパン!
1
バリコースの割には案内板が結構あります

Sue: それも竜王山までで、竜王山から稜線までの間には赤テープさえなくて不安になったよ。
2017年11月24日 09:05撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バリコースの割には案内板が結構あります

Sue: それも竜王山までで、竜王山から稜線までの間には赤テープさえなくて不安になったよ。
2
山頂方面
左から回り込むルートのようです
2017年11月24日 09:09撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面
左から回り込むルートのようです
1
振り返ると上田市街が一望
2017年11月24日 09:21撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると上田市街が一望
1
左のピークが竜王山の手前の帰望峰
右のピークは独鈷山前衛の雨首

Sue: 雨首の岩壁が圧巻!
2017年11月24日 09:21撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のピークが竜王山の手前の帰望峰
右のピークは独鈷山前衛の雨首

Sue: 雨首の岩壁が圧巻!
2
巻道もありますが直進
2017年11月24日 09:21撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道もありますが直進
基本的に岩々またはこういった落ち葉の急な藪です
2017年11月24日 09:39撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本的に岩々またはこういった落ち葉の急な藪です
上尾ノ岩から懸垂下降で下ります
2017年11月24日 09:55撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上尾ノ岩から懸垂下降で下ります
ここを下りてきました。

Sue: ここはラペルでなければ降りる気がしない。
 ヒィィ((ll゜゜Д゜゜ll))ィィ!!!
2017年11月24日 10:02撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下りてきました。

Sue: ここはラペルでなければ降りる気がしない。
 ヒィィ((ll゜゜Д゜゜ll))ィィ!!!
1
Sue: スタンス無いし! フィックスロープ様様です。
2017年11月24日 10:21撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sue: スタンス無いし! フィックスロープ様様です。
左側は切れ落ちています
2017年11月24日 10:29撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側は切れ落ちています
Sue: こんなにフィックスロープが張り巡らされた藪岩ルートも少ないよね〜。
2017年11月24日 10:31撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sue: こんなにフィックスロープが張り巡らされた藪岩ルートも少ないよね〜。
1
帰望峰到着

Sue : 私的には “帰望” ではなく、“希望” のネーミングの方が好きだけどな〜 
2017年11月24日 10:34撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰望峰到着

Sue : 私的には “帰望” ではなく、“希望” のネーミングの方が好きだけどな〜 
1
右側の雨首の岩稜が迫力  

Sue: 次はここを登ろう!
2017年11月24日 10:33撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の雨首の岩稜が迫力  

Sue: 次はここを登ろう!
1
一旦下って次に登る竜王山
2017年11月24日 10:34撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下って次に登る竜王山
1
直下はトラロープがあるので懸垂するほどではありませんでした
2017年11月24日 10:59撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下はトラロープがあるので懸垂するほどではありませんでした
しかしさらにその下は懸垂します
枝がリュックに引っ掛かります。ロープは離せないし、枝を払いながら下るのは怖い

Sue: こんなのは藪岩ルートでは当たり前です。
2017年11月24日 11:03撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしさらにその下は懸垂します
枝がリュックに引っ掛かります。ロープは離せないし、枝を払いながら下るのは怖い

Sue: こんなのは藪岩ルートでは当たり前です。
1
竜王山への登り
かなり急です
2017年11月24日 11:12撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜王山への登り
かなり急です
石祠があります
誰がどうやってここまで担いできたのか
2017年11月24日 11:20撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石祠があります
誰がどうやってここまで担いできたのか
竜王山から先はやや安心して歩けます
2017年11月24日 11:23撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜王山から先はやや安心して歩けます
しかし、しかし
この先最難関の急登が待っていました
2017年11月24日 12:14撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、しかし
この先最難関の急登が待っていました
しかも雪も強く降ってきている

Sue: マジ 焦った!
2017年11月24日 12:29撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかも雪も強く降ってきている

Sue: マジ 焦った!
登りきると一般道に合流します
ほっとします
2017年11月24日 12:34撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきると一般道に合流します
ほっとします
一般道ですからこのくらいは怖く感じなくなってしまいました

Sue: 同感!
2017年11月24日 12:37撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般道ですからこのくらいは怖く感じなくなってしまいました

Sue: 同感!
雪のため視界無
2017年11月24日 12:40撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のため視界無
昼食準備していたら、晴れてきました  

Sue : 太陽に感謝!  ヾ(o≧∀≦o)ノ゛♪♪♪
2017年11月24日 12:51撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食準備していたら、晴れてきました  

Sue : 太陽に感謝!  ヾ(o≧∀≦o)ノ゛♪♪♪
美ヶ原方面
2017年11月24日 12:52撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美ヶ原方面
一般道で下山します
2017年11月24日 13:38撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般道で下山します
西前山コースへ
2017年11月24日 13:47撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西前山コースへ
登りで歩いた最後の急登
ここが一番厳しかった
50度くらいはあるかな

Sue: 50度はないな〜  48度くらいかな〜 笑
ブッシュが無ければ完全にロッククライミングの世界だよね〜
2017年11月24日 13:53撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りで歩いた最後の急登
ここが一番厳しかった
50度くらいはあるかな

Sue: 50度はないな〜  48度くらいかな〜 笑
ブッシュが無ければ完全にロッククライミングの世界だよね〜
1
松の木の右に帰望峰と竜王山
2017年11月24日 13:53撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松の木の右に帰望峰と竜王山
ダルマ?  

Sue: 烏帽子?
2017年11月24日 13:55撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダルマ?  

Sue: 烏帽子?
トラップだらけの落ち葉道
2017年11月24日 14:03撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラップだらけの落ち葉道
杉林にでてほっとする
2017年11月24日 14:20撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林にでてほっとする
唐松林の黄金の絨毯
2017年11月24日 14:23撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松林の黄金の絨毯
緑のオブジェ
2017年11月24日 14:27撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑のオブジェ
不動滝
石灯籠が良い感じ
下はすっかり晴れています
2017年11月24日 14:41撮影 by VH210 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝
石灯籠が良い感じ
下はすっかり晴れています

感想/記録
by giulia

平日にもかかわらずバリルートでクライマーの同行者と一緒にとても中身の濃い登山ができました。懸垂下降の実践はもちろんのことザイルワーク、ガチャ類の使い方など教えてもらいながらの有意義な藪岩歩きができました。貴重な体験です。これからは西上州で実践していきたいと思います。ありがとうございました。

感想/記録

2014年に長野県青木村にある子檀嶺岳(こまゆみだけ)を登った際に見えていた独鈷山にいつか登ってみたいと思っていた。
そして今回、藪岩に興味をもつ同行者に誘われ、その機会を得た。

信州の妙義山とも言われるその山容は、多くの岩峰が点在し、尾根の側壁には衝立のような岩壁で覆われている。
その険悪な山容とは裏腹に一般ルートは比較的容易にその頂へ達することができる。
しかし、今回私達が歩いた帰望尾根には、藍ノ岩、上尾ノ岩、帰望峰、竜王山といった岩塔、岩峰があり、その通過にはロープを要するバリエーションルートである。

加えて、この日は一時的に雪(多量の風花?)が降る不安定な天気で、プチ冬山気分を味わった。
帰望尾根から対岸に見えていた雨首尾根?の要塞のような岩壁が瞼から離れない。
次回はぜひ雨首を登ってみたいな〜


Sueのレポートはこちらから → http://hikingbird.exblog.jp/28824477/
訪問者数:184人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ