また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1324744 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大雪山

旭岳 石室アタック

日程 2017年11月25日(土) 〜 2017年11月26日(日)
メンバー
 NamuC(CL)
, その他メンバー3人
天候25日:北ヘリ。上空に真冬並みの寒気が流入し、気圧の傾きが大きく、大気の状態不安定。石室まで100始、感じるない。
26日:前線を伴った低気圧が発達しながら北海道付近を通過。石室まで100、max感じる。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間17分
休憩
0分
合計
8時間17分
S山麓駅07:3015:47宿泊地
2日目
山行
5時間46分
休憩
5分
合計
5時間51分
宿泊地05:2308:25旭岳石室08:2811:04山麓駅11:0611:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
25日:
先週に比べるとさすがに雪量は多い。多いというか、新雪が大量。ラッセル回しつつ第二天女まで。夏道尾根も新雪大量、これはひどい。一昨年のドカ雪後を思い出す。下部は腿〜腰、たまに深い所で胸ラッセル。遅々として進まず、他Partyに追いつかれてしまった。3 Party混合でラッセル回して尾根頭へ。意外と楽しかった。尾根頭にDepo旗を受け皿状に打って1608への尾根へ。尾根上はbush割とある感じなので、コンパス切り替えし点にDepo旗2本打って先へ。吹き溜まりが右側ちょいちょいあったが尾根上bushあるので特にルート取りは困らない。タラくなったところから、1608の竿探すのがだるかったので姿見までDepo旗ベタ打ち。姿見に受け皿打って石室に切り返す。白いので尺取を何回かした。石室手前の斜面は先週と同じように右手側bush見えている所を上がる。上がったところから白いのでベタ打ちで石室まで。石室東側の吹き溜まりを頑張って突破して中に入る。天気は相変わらず良くもないが悪くもない漫然とした感じで変わらず、時間もちょうどいいくらいなので引き返し。KLちょい下のカンバコロニーに溝深く掘ってテント張った。
26日:
昨日と同じように姿見駅まで。昨日より天気悪く、石室手前斜面までの尺取の回数が増えた。あと途中に受け皿もう一つ打った。斜面は昨日と同じように右から巻いて石室へ。ここでまた気象台にお電話、毎度すみません。気象台によると8時現在ちょうどCF通過中とのこと。波の高さは今日一日変わらず留萌の海域で3mほどらしい。石室から先は真っ白、風も上げていけば強くなりそう。色々考えたが、Lの試験、研究室、レポート…諸々追い込まれ始めているもののために下山することにする。帰りは行きと同様に。向かい風に地吹雪あってだるい感じ。Depo旗回収し、第二天女からはトレース使って快適スキー下山。旭川で蜂屋というラーメン屋寄って全員で「炙りチャーシュー麺」を食して帰札。お疲れさまでした。
その他周辺情報グランドホテル大雪 日帰り入浴¥600

装備

個人装備 アウターシェル インナー スパッツ 手袋(薄手・厚手・オーバー手袋) 靴下 帽子 ネックウォーマー ナイフ コンパス ビーコン 地図 目出帽(バラクラバ) サングラス ゴーグル アイゼン ライター 缶メタ ナイロンシート シュラフ シュラフカバー ロールマット 銀マット 細引き(φ6mm×10m) ポリタンク コッヘル スプーン 防寒具 ラテルネ 天気図セット 充電器 携帯 ピッケル スキー シール ストック スコップ プローブ カラビナ(外付け確保用) シーアイゼン
共同装備 テント のこぎり スノーソー 火器(DF)

写真

ロープウェイ駅から出発
2017年11月25日 07:43撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ駅から出発
第一天女への登り。スキーコース開通はもうすぐ?
2017年11月25日 08:05撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一天女への登り。スキーコース開通はもうすぐ?
夏道尾根を確認
2017年11月25日 08:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道尾根を確認
凄まじいラッセル。topはすぐにこけるし埋まる。
2017年11月25日 09:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄まじいラッセル。topはすぐにこけるし埋まる。
CLはのうのうと後ろから写真を撮るだけ。
2017年11月25日 09:36撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CLはのうのうと後ろから写真を撮るだけ。
1608への尾根末端、多分。白すぎてどこで撮ったかわからない。
2017年11月25日 10:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1608への尾根末端、多分。白すぎてどこで撮ったかわからない。
振り返ると後続Partyが。
2017年11月25日 10:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると後続Partyが。
石室までも白い。他PartyのDepo旗が打ってあった。
2017年11月25日 13:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石室までも白い。他PartyのDepo旗が打ってあった。
尺取とかしつつ進む。
2017年11月25日 13:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尺取とかしつつ進む。
石室行って引き返し。KLに深く溝堀りテンパる。
2017年11月25日 15:29撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石室行って引き返し。KLに深く溝堀りテンパる。
次の日。Co1500位の尾根頭。
2017年11月26日 06:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の日。Co1500位の尾根頭。
石室までは相変わらず白い。
2017年11月26日 08:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石室までは相変わらず白い。
石室で小休止。
2017年11月26日 08:23撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石室で小休止。
帰る。白い...。
2017年11月26日 08:28撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰る。白い...。
石室ももう来ることはないだろう。
2017年11月26日 08:29撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石室ももう来ることはないだろう。
帰りは旭川のラーメン屋「蜂屋」に寄り、皆で炙りチャーシューメンをいただく。
2017年11月26日 14:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは旭川のラーメン屋「蜂屋」に寄り、皆で炙りチャーシューメンをいただく。
訪問者数:28人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ