また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1326805 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

鈴鹿「御池岳」

日程 2017年12月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道306号 鞍掛トンネル手前の駐車スペース利用
例年、12月上旬〜3月下旬まで冬季通行止めになるが、12月3日時点では通行可
http://www.pref.mie.lg.jp/DOROKI/HP/06654006250.htm
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間2分
休憩
25分
合計
4時間27分
S鞍掛トンネル東登山口06:4507:02鞍掛峠07:49鈴北岳07:5108:34鈴北岳分岐08:48御池岳08:5309:01奥の平09:0209:08ボタンブチ09:1209:14天狗の鼻09:27御池岳09:53鈴北岳分岐09:5910:15御池岳・鈴北岳分岐10:1610:28天ケ平(カタクリ峠)10:2910:40長命水10:4310:48コグルミ谷・タテ谷分岐10:5010:58コグルミ谷登山口11:11鞍掛トンネル東登山口11:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鈴北岳から御池岳へのルートにて、
先行者トレースを辿り誤ルートへ進んでしまう。
追い付いた先行者の方と確認したところ、
正ルートではなく県境尾根を進んでいることを確認。
樹林を横切り正ルートへ復帰することを考えたが、
先行者の方と一緒だったので無理せず来た道を戻りました。

<反省点>
積雪の為、安易に先行者の踏み跡をたどってしまった。
道標の有無に関わらず、分岐点では立ち止まり方向を定める必要あり
その他周辺情報下山後の温泉は、阿下喜温泉へ(650円)
http://ajisainosato.com/

写真

鞍掛峠登山口より入山
2017年12月03日 06:47撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛峠登山口より入山
1
峠を越えてしばらく歩くと雪を被った鈴北岳が見えた
2017年12月03日 07:23撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠を越えてしばらく歩くと雪を被った鈴北岳が見えた
鈴北岳山頂部は樹氷に覆われてます
2017年12月03日 07:35撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳山頂部は樹氷に覆われてます
2
青空に樹氷が映えます
2017年12月03日 07:42撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に樹氷が映えます
4
北側は日があたらず樹氷がまだ残ってます
2017年12月03日 07:46撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側は日があたらず樹氷がまだ残ってます
4
氷の花が満開
2017年12月03日 07:46撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の花が満開
7
山頂直下のドロドロ道も凍結の為、快適に歩けます。気温が上がると大変そう。。。
2017年12月03日 07:48撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下のドロドロ道も凍結の為、快適に歩けます。気温が上がると大変そう。。。
1
鈴北岳山頂。白山が良く見えます
2017年12月03日 07:50撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳山頂。白山が良く見えます
4
鈴ヶ岳方面
2017年12月03日 07:51撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴ヶ岳方面
1
御池岳方面。このまま進めばよかったのになぜが違う方向へ行ってしまった。。。反省
2017年12月03日 07:51撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳方面。このまま進めばよかったのになぜが違う方向へ行ってしまった。。。反省
2
正ルートへ復帰。この写真の左の尾根をまっすぐ進んでいたようです
2017年12月03日 08:28撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正ルートへ復帰。この写真の左の尾根をまっすぐ進んでいたようです
1
まだこの時間でも樹氷が残ってます
2017年12月03日 08:28撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだこの時間でも樹氷が残ってます
8
御池岳山頂。乗鞍岳&御嶽山がよく見えました
2017年12月03日 08:50撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳山頂。乗鞍岳&御嶽山がよく見えました
6
山頂を過ぎ奥ノ平経由でボダンブチへ
2017年12月03日 08:58撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を過ぎ奥ノ平経由でボダンブチへ
この辺りは「テーブルランド」と呼ばれる平らで広いカルスト台地。中央の突端が「ボダンブチ」
2017年12月03日 09:04撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは「テーブルランド」と呼ばれる平らで広いカルスト台地。中央の突端が「ボダンブチ」
3
テーブルランドの真ん中を突っ切り・・・
2017年12月03日 09:08撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テーブルランドの真ん中を突っ切り・・・
ボダンブチ到着
2017年12月03日 09:10撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボダンブチ到着
3
鈴鹿南部の山々が一望です
2017年12月03日 09:10撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿南部の山々が一望です
1
琵琶湖もよく見えてます
2017年12月03日 09:12撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖もよく見えてます
1
最後にテーブルランドを見納めて下山します
2017年12月03日 09:13撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にテーブルランドを見納めて下山します
1
遭難注意の看板
2017年12月03日 09:27撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遭難注意の看板
鹿除けネットに氷が付いてます
2017年12月03日 09:45撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿除けネットに氷が付いてます
1
ワッフルみたい。食べてみたけど決して美味くはない
2017年12月03日 09:47撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワッフルみたい。食べてみたけど決して美味くはない
3
下山はコグルミ谷方面へ
2017年12月03日 09:55撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はコグルミ谷方面へ
北側斜面の木々の根本は一様に曲がってます
2017年12月03日 10:05撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側斜面の木々の根本は一様に曲がってます
1
コグルミ谷登山口へ下山しました。ここから駐車スペースまで約1.2キロ車道を登り返します
2017年12月03日 10:59撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コグルミ谷登山口へ下山しました。ここから駐車スペースまで約1.2キロ車道を登り返します
車道を歩いてると数台の自転車に抜かれました
2017年12月03日 11:06撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を歩いてると数台の自転車に抜かれました
駐車スペース到着。自転車の皆さんもここがゴール
2017年12月03日 11:14撮影 by PENTAX K-5 II , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車スペース到着。自転車の皆さんもここがゴール
1

感想/記録
by xyzJIN

子供のクリスマス会手伝いを頼まれてた週末、
急きょ手伝い不要になり予定の空いた午前中を利用して、
近場の鈴鹿「御池岳」へ

早朝の冷え込みにより山頂部は樹氷に覆われ、
快晴の空に白い樹氷がよく映えます。
展望も良く、白山、乗鞍岳、御嶽山までくっきり見えます。
雲一つない青空、樹氷の花を楽しむことが出来ました。

しかし、今回は反省の残る山行に・・・
鈴北岳より先、
ルート確認せずに安易に先行者トレースを進むことになってしまいました。
積雪後のルートが不明瞭が箇所は、
トレースに惑わされず常に確認が必要ですね。
訪問者数:250人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

山行 道標 クリ 遭難
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ