また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1328893 全員に公開 ハイキング 近畿

加東神山 加東市の最高峰548m 加東・篠山・西脇の三市境を経て「鴨川の郷」へ縦走 (兵庫県加東市)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2017年12月03日(日) [日帰り]
メンバー
 yamaya(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●乗用車
‘山地
・国道372号で今田町本荘に入り、「七星ソース蠱闇塙場」の目立つ建物の前を抜けて、すぐ先にある源戸池畔の本荘墓地を目差し、墓地横の駐車場を地元の了解を得て利用。
下山地:デポ車
・国道372号の案内標識に従って「やしろ鴨川の郷」に入り、本館前の広い駐車場(無料)を利用。

経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:18
距離
8.2 km
登り
595 m
下り
608 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

◆所要時間 5時間10分 ●歩行距離 8.2Km ▲総上昇量 697m

09:50 源戸池畔Ⓟ
11:30 西光寺山(さいこうじさん)
   「掘西光寺△712.71m 」〜(昼食)12:20
12:40 洞ヶ山(どうがさん)「△672m」
12:55 加東神山(かとうこやま)「△648m」
13:10 大峯(おおみね)「検β臺△617.99m」
14:10 上鴨川(かみかもがわ)「検上鴨川△437.25m」
14:30 遊歩道出合〜(休憩)14:00
15:00 やしろ鴨川の郷Ⓟ
コース状況/
危険箇所等
▲山行概要
〆E帖覆海鵑澄砲領いら西光寺山の山頂へ常緑樹の中の適度に整備されて歩きやすい近畿自然歩道(旧参道)を上がります。
∪掌寺山から派生する尾根を南下しますが、高木の切り開きが続き、アップダウンを繰り返しながら展望の無いピークを何度も越えます。
B臺を過ぎて植林帯を抜けると、定まった登路のない広い尾根になり、僅かな切り開きの目印を見極めながら迷いやすいプチ薮を進みます。
だ擇蠶未靴瞭修慍爾襪抜秡阿望山が現れ、急坂を登り返します。山頂の下鴨川三角点をさらに直進しますが、道が錯綜して迷い安いので下山は要注意です。さらにプチ藪で不明瞭な尾根を適当に辿ると公園の遊歩道に出会って安堵。
過去天気図(気象庁) 2017年12月の天気図

写真

ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
西光寺山・加東神山 3D (by himaya)
西光寺山・加東神山 3D (by himaya)
山麓の駐車地を出発
2017年12月03日 09:51撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
山麓の駐車地を出発
1
西光寺池の佇まい
2017年12月03日 10:02撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
西光寺池の佇まい
登山道から西光寺山の連山を望む
2017年12月03日 10:10撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
登山道から西光寺山の連山を望む
1
サギソウ自生保護地
2017年12月03日 10:15撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
サギソウ自生保護地
西光寺の参道入り口に建つ石造笠塔婆
2017年12月03日 10:19撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
西光寺の参道入り口に建つ石造笠塔婆
山中に造られた窯と東屋
2017年12月03日 10:36撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
山中に造られた窯と東屋
石道標「右やま〇・左〇〇」
2017年12月03日 10:40撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
石道標「右やま〇・左〇〇」
1
西光寺山の山頂で定番の記念写真〜♪
2017年12月03日 12:09撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
西光寺山の山頂で定番の記念写真〜♪
3
西光寺山の三等三角点標石「掘西光寺△712.71m」
2017年12月03日 12:21撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
西光寺山の三等三角点標石「掘西光寺△712.71m」
西光寺神社の祠
2017年12月03日 12:20撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
西光寺神社の祠
西光寺神社の祠の内部
2017年12月03日 12:13撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
西光寺神社の祠の内部
左に白髪岳・松尾山を望む
2017年12月03日 12:18撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
左に白髪岳・松尾山を望む
白髪岳・松尾山を遠望
2017年12月03日 12:16撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
白髪岳・松尾山を遠望
1
三草山の平坦な山容
2017年12月03日 12:17撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
三草山の平坦な山容
遠く三田の山々が霞む
2017年12月03日 12:18撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
遠く三田の山々が霞む
下山路の岩場
2017年12月03日 12:26撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
下山路の岩場
アップダウンに耐えます
2017年12月03日 12:41撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
アップダウンに耐えます
洞ヶ山に到着
2017年12月03日 12:44撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
洞ヶ山に到着
洞ヶ山の石柱
2017年12月03日 12:44撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
洞ヶ山の石柱
通り過ぎてしまいそうな加東神山の山頂
2017年12月03日 12:56撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
通り過ぎてしまいそうな加東神山の山頂
1
加東神山の山名標識
2017年12月03日 13:01撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
加東神山の山名標識
1
縦走目印の大岩
2017年12月03日 13:04撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
縦走目印の大岩
大峯の山頂部
2017年12月03日 13:28撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
大峯の山頂部
大峯の四等三角点標石「検β臺△617.99m」は、山頂の少し下にあります
2017年12月03日 13:13撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
大峯の四等三角点標石「検β臺△617.99m」は、山頂の少し下にあります
展望岩場
2017年12月03日 13:37撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
展望岩場
展望岩場から望むの三草山も霧に霞む
2017年12月03日 13:36撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
展望岩場から望むの三草山も霧に霞む
1
シダのプチ藪もあります
2017年12月03日 13:55撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
シダのプチ藪もあります
上鴨川三角点峰の登り返しが待っています
2017年12月03日 13:57撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
上鴨川三角点峰の登り返しが待っています
別荘地へ通ずる切り通しを左に見送る
2017年12月03日 14:01撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
別荘地へ通ずる切り通しを左に見送る
三角点峰への急な登り
2017年12月03日 14:08撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
三角点峰への急な登り
上鴨川の四等三角点標石「検上鴨川△437.25m」に到着
2017年12月03日 14:15撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
上鴨川の四等三角点標石「検上鴨川△437.25m」に到着
この藪からようやく公園内に出ました
2017年12月03日 14:40撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
この藪からようやく公園内に出ました
藪の注意書き
2017年12月03日 14:39撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
藪の注意書き
展望台で一息入れます
2017年12月03日 14:44撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
展望台で一息入れます
鴨川ひびきの森を散策
2017年12月03日 14:50撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
鴨川ひびきの森を散策
鴨川ひびきの森 案内図
2017年12月03日 15:04撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
鴨川ひびきの森 案内図
才神池の静かな佇まい
2017年12月03日 15:05撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
才神池の静かな佇まい
1
やしろ鴨川の郷へ無事に下山
2017年12月03日 15:09撮影 by COOLPIX S9700 NIKON
やしろ鴨川の郷へ無事に下山
撮影機材:

感想/記録
by yamaya

【感想・メモ】
・加東神山の山名が2015年3月に一般公募で命名されて以来の再訪でしたが、西光寺山から先の縦走路は今も未整備でした。
・山域に定まった登路はほとんど無く、切り開きの目印を見極めながらプチ薮を進むので迷いやすく、急なアップダウンに耐えながらの変化に富んだ縦走に、心地よい緊張を強いられました。
・縦走尾根には、ウバメガシ等の常緑樹が茂って展望は期待できませんが、時折、開ける展望に癒やされます。

【▲山名由来: 加東神山(かとうこやま)】
・加東市の最高峰として篠山・西脇・加東市の三境界に接したピークを、2015年3月末に一般公募して命名されましたが、山域に神山の呼び名が残り、山麓にも神山池が健在で、これが由来のようです。

【歴史遺産】
・洞ヶ山の東の山腹には、屋敷跡の名が残り「金鶏山 西光寺(西方寺)跡」が発掘調査されています。

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:3943人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ